« 6月の南無谷2 ビワ | トップページ | J43 ヒトラー・ジョーク »

2013年6月23日 (日)

6月の南無谷3 その他

 ビワの他に収穫できたのはプラム。どんどん熟れて、どんどん落ちていきます。

Dscf7610t

Dscf7611
 プラムは熟れすぎると果肉がぐずぐずになっておいしくありません。そういうのはうちの奥さんがジャムにしました。砂糖をひかえた酸っぱめのジャムです。
 採ってからも追熟するので、黄色いくらいのを採って、ビワと一緒に友人たちに送りました。それでも箱詰めにするまでの短い時間にもどんどん赤くなっていきます。
 これくらいの枝は急いでとらなくても大丈夫です。帰るときには全部採りましたが。

Dscf7640
 梅も収穫しました。こう見るとプラムによく似ています。生物学的には同じスモモの仲間らしいです。

Dscf7603_2

 今年はきれいにできたので、梅を漬けるそうです。小さな樽一つ分採りました。
Dscf7604t_2
 あとは今後が期待されるもの。
 ブルーベリーにレモン。ブルーベリーは木がまだ小さくて実も少ない。レモンは大量に実がついています。

Dscf7616t  Dscf7644

 柿にブドウ。

Dscf7647_2  Dscf7635

 一番期待していたキウイには、どういうわけか、たった二つしか実ができていませんでした。残念です。前年も二つだけでした。まさか樹一本に二つしかならないということはないでしょうが。また来年ですね。

Dscf7629_2

 あとは花の紹介ですが、今回も来てみると庭はやっぱりこういう状態でした。花の写真はおおむね草を刈る前に撮ったので、今回も草の中に咲いている状態です。

Dscf7606

 ニンニクの花はこんな色になりました。

Dscf7614  Dscf7615

 その他の花。アジサイはわかりますね。

Dscf7651  Dscf7619

Dscf7632  Dscf7620

 上右の写真の真ん中に見えるのがデイゴの花。実はこれ、胴切りにして転がしてある幹から出てきたものです。幹は草に隠れて見えません。
 後ろの赤いのはノウゼンカズラ。

Dscf7652  Dscf7621

 下左は朴の木の実。右は前月も紹介したコバンソウ。これをコバンソウと名付けた人はプラス思考の人だと書きました。名前を知る前、わたしは「ムシタマグサ」と呼んでいました。虫の卵でもくっついているようじゃないか、ということです。茶色になってきてますます虫の卵かサナギに似てきたと思うのですが、これはマイナス思考でしょうか。

Dscf7665  Dscf7631_2

 そしてこれは勝手にはびこりつつあるドクダミ。今、わが家の庭は、ドクダミとツユクサに占領されつつあります。まめに手入れをしないといけません。

Dscf7605_2
 とりあえずこれで、一年の最大行事であるビワ狩りは終わりました。これから夏の最盛期を迎えます。また草が伸びます。

 

|

« 6月の南無谷2 ビワ | トップページ | J43 ヒトラー・ジョーク »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月の南無谷3 その他:

« 6月の南無谷2 ビワ | トップページ | J43 ヒトラー・ジョーク »