« J42 スターリン・ジョーク | トップページ | 第七番光明寺 »

2013年6月 6日 (木)

第五番勝福寺

 板東三十三カ所の巡礼を始めたのは2010(平成22)年のことでした。その年に近場のお寺を八カ所まわりましたが、2011年、2012年はとうとうどこへも行きませんでした。これではいけないと思っていたところ、目にとまったのがこの新聞広告でした。

Photo_2
Dscf7228 こういうバスツアーがあるのは知っていましたが、今回の広告によれば、これまでなかったわが町港南台発のツアーが始まります。これは便利です。
 三十三カ所を全十回でまわります。第一回はお試し価格で、なだ万の弁当付き3,990円と格安です。しかも四カ所まわるうち、三カ所はわたしがまだ行ってないところです。
 さっそく第一回を申し込んで、2月2日(土)、出かけました。朝はあいにく雨が降っていましたが、次第にあがっていきました。

 第一回コースで最初に行くのは当然一番札所の鎌倉杉本寺です。ここは始めたときに行っているので、省略します。(→第一番 杉本寺
 その次に行ったのがなんとここ、小田原のかまぼこ屋、鈴廣(すずひろ)です。鈴廣かまぼこ博物館に大きな店。さすがに観光会社のツアーはちがいます。ここのあげかまは好きなので土産に買いました。

Dscf7189 Dscf7187

第五番勝福寺

 小田原飯泉山勝福寺(いいずみざんしょうふくじ)です。

Dscf7205_2 Dscf7197_4

Dscf7595 バスにはちゃんと先達さんが添乗していて、お経をあげる練習もしました。
 お寺へ着くごとにお堂に座ってみんなでお経をあげます。般若心経です。それぞれの観音様にみあった真言も称えます。ここは十一面観音なので「おんまかきゃろにきゃそわか」です。(意味はわかりませんが)
 第一回なので、ローソク・線香に「納め札」が三十三カ所分ついてきました。それぞれ、お寺へあげていきます。
 今までは、一人で勝手に拝んでいただけでしたが、本格的になってきました。

Dscf7190

 ここの境内で、昔、名力士の雷電為右衛門が土地の無法者岩五郎を投げ飛ばしたという話で、手形つきの碑がありました
 また、このあたりの出身である二宮金次郎は、十八歳のとき、この寺で観音経を聞いて「利他」に生きる心を授けられたそうで、その像もありました。

Dscf7194 Dscf7199

 ご詠歌は、

かなはねば たすけたまえと 祈る身の 船に宝を つむはいいづみ

33_05

|

« J42 スターリン・ジョーク | トップページ | 第七番光明寺 »

板東三十三カ所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第五番勝福寺:

« J42 スターリン・ジョーク | トップページ | 第七番光明寺 »