« 「風立ちぬ」と「永遠の0」 | トップページ | 8月の南無谷 »

2013年8月31日 (土)

映画「奇跡のリンゴ」

 8月9日、映画「奇跡のリンゴ」を見た。
 無農薬・無肥料でのリンゴ栽培に挑戦し、失敗の繰り返しで極貧に落ち込みながら、十年かけて成功させた木村秋則さんの物語である。以前本を読んで感想を書いた。(→『奇跡のリンゴ』
 これはその本。

Photo
 映画は、「風立ちぬ」とは違ってわかりやすく、そのうえ成功譚であることもわかっているので安心して楽しめた。
 津軽が舞台なので、先日の東北旅行では見られなかった岩木山の映像をたくさん見られたのもよかった。花盛りのリンゴ畑もきれいだった。
 ひとつだけ、土壌を自然の山と同じように改良することでとうとう成功し、花盛りになったリンゴ畑で、主人公の木村さん(阿部サダヲ)と妻(菅野美穂)が手に手を取り合って喜ぶシーンでは、「チオビタ!」と声をかけたくなって困った。菅野美穂がCMと同じように、男とはしゃいでいるわけだからしょうがないと言えばしょうがないが。CMの力は大きい。

 木村さんは、現在、リンゴに限らず、自然栽培を世にひろめるため、日本中を指導や講演などでまわっているようだ。
 (→木村秋則オフィシャルホームページhttp://www.akinorikimura.net/
 本やDVDもたくさん出ている。そのうち一冊を読んだ。→木村秋則『リンゴが教えてくれたこと』(日本経済新聞出版社、2009)

Photo

 木村さんのいう自然栽培の定義は次のとおり。

外部から化学肥料、合成農薬、除草剤などの資材を投入せず、自然が持っている力を最大限引き出して栽培を行う農業。
 ひょっとすると、こういう農業の方が、TPPにも対抗できるのかもしれない。工業力で大規模にやる農業では、アメリカやオーストラリアにとても勝てるとは思えない。木村さんに期待しよう。
 わが家の枇杷作りは、かなり自然のままになっているけれど、それは手入れを怠っているだけだ。農協で買った肥料を与えているし、カミキリムシが木の幹に穴をあけたときには殺虫剤を注入している。消毒したり除草剤を使ったりはしていないが、自然栽培をしているとは言えない。
 誰か「自然放置栽培法」を開発してくれないものだろうか。

|

« 「風立ちぬ」と「永遠の0」 | トップページ | 8月の南無谷 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「奇跡のリンゴ」:

« 「風立ちぬ」と「永遠の0」 | トップページ | 8月の南無谷 »