« J45 ユダヤ笑話集2 | トップページ | 忘年会は笹乃雪 1 »

2013年11月27日 (水)

淋しい狩人

Photo 「古本の出てくる推理小説」について、最後に書いたのはもう四年も前のことになる。.
 その間に、『ビブリア古書堂の事件手帖』という本がけっこう売れてテレビドラマ化された。また、古書店を舞台にした小説『東京バンドワゴン』がテレビドラマ化されて、現在放映中である。こちらはまだ読んでいないし、推理小説ではないらしいけれど、ともかく古本屋が話題になるだけでもよろこばしい。
  9月には、宮部みゆきの『淋しい狩人』もテレビドラマ化され、放映された。途中からだけど見ていたら、あれ、こんな話だったっけ、と腑に落ちなかった。読んだのはずいぶん前だから、細かい筋を覚えていないのはしょうがないとしても、話の全体のトーンが記憶とちがう。
 だいたい宮部みゆきの本は基本的に明るい。殺人事件をあつかった推理小説でも、怪談話でもなんとなくそうなっている。
 ところがこのテレビドラマは重く、暗かった。 

 納得がいかないので、後日、本を読み直してみた。
 原作は、古本屋の店主を主人公にした連作推理短篇集である。アルバイトに店を手伝っている高校生の孫は、宮部作品によく登場する、野球帽をうしろ前にかぶったやたら明るく素直な少年である。そして、この店主のほほえましい家族関係をバックに、いろんな事件が起こる。
 テレビドラマ化されたのは、本の題名にもなった最後の一篇「淋しい狩人」である。

  失踪宣告を受けた耽美・幻想派の推理作家には、未完のまま刊行された最後の作品があった。ある日遺族である妻と娘の元に、ファンだという人物から、その未完の結末を、実際の事件であきらかにするというはがきが届いた。そして小説をなぞった連続殺人事件が起こる、という筋書きである。
 テレビの方も、おおまかにはこのとおりだが、重く、暗く味付けがしてあった。まず、「店主の息子」=「孫の父親」は事故だか自殺だかわからない状況で死んだことになっていて、作家の娘はなぜか盲目という設定になっていた。
 犯罪の方も、刺殺したうえ、原作にはない不可解な数字を刻みつけるというおどろおどろしい話になっていて、犯行の理由にも、原作にはない「傍観者を処罰する」という理屈が付加されていた。
 どうもテレビは、松本清張のような社会派の重厚な話にしたかったようだ。残念ながらわたしには、原作との違和感を差し引いても、あまり納得できるものではなかった。

Photo
 先にも書いたように、宮部の推理小説はどれも生臭くない。殺人事件をあつかっていても、『模倣犯』のような例外もがあるけれど、だいたい事件が解決してほのかに明るい未来が見えたり、人情話がからんでしみじみさせたりして終わる。このあたりはとてもうまい。
 「淋しい狩人」も理不尽な殺人事件をあつかいながら、孫に年上の恋人ができて家族みんなで心配する話もからんで、深刻になりすぎることはない。
 こういう宮部作品を、松本清張風に暗く陰惨に飾りつけようとしたところに、テレビの無理があったのではないか。

 この古本屋は、稀覯本の類いは置いていない、娯楽作品や実用書中心の店である。事件に登場する古本も、架空の本で、しかもそんなに珍しくない本が多い。だから古本マニアが喜ぶような「幻の本」の争奪戦みたいな話は残念ながら出てこない。そのあたりの味付けもちょっと欲しかったような気がする。

|

« J45 ユダヤ笑話集2 | トップページ | 忘年会は笹乃雪 1 »

古本の出てくる推理小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淋しい狩人:

« J45 ユダヤ笑話集2 | トップページ | 忘年会は笹乃雪 1 »