« 11月の南無谷 1 | トップページ | J46 対訳アメリカのジョーク »

2013年12月 8日 (日)

11月の南無谷 2

Dscf8359 富有柿は残念ながらきれいに全部落ちていました。
 赤い柿の実は門の外からもよく見えるので、来てくれた大工さんが、あの柿はちゃんと取ったか、と心配していました。

 柑橘類はみんながんばっています。
 この早生ミカンは今回収穫しました。甘さはいまいちでしたが、なんとか食べられます。

Dscf8301
 温州ミカンは木が大きくなって、それなりの数の実をつけるようになってきました。収穫にはまだ早いけれど。

Dscf8329_3

 夏ミカンは、また勢いを盛り返してきました。

Dscf8322
 ユズは、こんなにいらないのに、たくさん実っています。

Dscf8330_2

 レモンも元気で、またいっぱい実をつけてくれました。ちょっと青い。

Dscf8328
 元気と言えば、こいつが今一番元気のようです。黄色い雑草が一面に広がっている。コセンダングサ(小栴檀草)と言うらしい。花のあと、種のように見えるトゲトゲの実をつけて、これがやたら衣服にくっついてしまいます。

Dscf8353_3
 これがそのひっつき虫のトゲトゲ。こいうのを痩花(そうか)というそうです。かきわけて歩くと、細かいトゲが着ているもののどこにでもくっついて、なかなかとれません。先が曲がっていて、ひっかかるようになっているようです。
 来るたびに一生懸命根こそぎ引っこ抜いているのですが、とても勝てません。
Dscf8354_2

 あとは、もうたいした花は咲いていません。ツワブキと、右は雑草の野菊でしょう、と書いたら、これは一本だけ狂い咲きしたシャスターデイジーだと、うちの奥さんから注意されました。

Dscf8345 Dscf8346

 水仙はこれからです。今年もこんなになってきました。

Dscf8358

 今回やってきたのはビワの花もぎ(摘花)のためでした。多少腰が痛くても、時期にはきちんとやっておかねばなりません。毎年同じような写真ですが、花もぎ前、花もぎ後です。(注:同じ花芽ではありません)

 Dscf8333  Dscf8334

 庭を全部かたづけるところまではいきませんでしたが、なんとかビワの花もぎは終わらせることができました。
 27日、庭にいたところ、うちの奥さんから二階のベランダにすぐ来いと声がかかり、行ったらこんな夕焼けの富士が見えました。わたしが着く前は青い色がまじって、もっときれいだったそうです。

Dscf8317_3

 帰りの日(29日)、久里浜へのフェリーに乗った金谷港からも、こんな富士が見えました。ごらんのとおり波が高く、久しぶりに揺れるフェリーに乗って帰りりました。

Dscf8374(おわり)

|

« 11月の南無谷 1 | トップページ | J46 対訳アメリカのジョーク »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月の南無谷 2:

« 11月の南無谷 1 | トップページ | J46 対訳アメリカのジョーク »