« 有楽町で待ってるぜ | トップページ | J49 読書対決 »

2014年2月10日 (月)

雪の鎌倉2014

 2月8日(土)は横浜でも一日雪。わが家のあたりでも激しく降って、本当に二十年ぶり三十年ぶりの雪だった。
 これは2月8日の午後2時半ごろの様子。この調子で夜までずっと降った。

Dscf8749

 翌9日は朝から晴れ、よし鎌倉へ雪見に行こうと思いつつ、ぐずぐずしているうちに出かけたのは午後になってしまった。
 北鎌倉の駅の線路はちょっと雪国風だったけれど、気温がだいぶ上がってきて、雪はどんどん溶けているし、道路は雪かきされている。

Tdscf8752_2
 円覚寺の入口。やはり来るのがちょっと遅かったか、雪に埋もれた、とは言いがたい景色だ。

Dscf8753_2

 拝観者入口へ行くと、本日は入場料無料の看板が出ている。雪のため入場禁止のところが多いかららしい。

Dscf8754_2

 そうするくらい雪は降ったのだが、山門の屋根にはもう雪はほとんどない。

Dscf8756_4

 人が入らないところは、まだ雪景色になっている。ここは居士林(こじりん)という座禅の道場で、元は柳生家の剣道場だったものを昭和の初めに移築したそうだ。

Dscf8761_2

 本尊のある仏殿の前に、こんな雪だるまがあった。近所の子供が作ったとも思われないので、「和尚さまったら、お茶目なんだから」とでも言うべきなのか、ちょっと微妙なところである。

Dscf8757 Dscf8757_2

 今回の景色はこんなところで納得するしかなさそうだ。

Dscf8762 Dscf8774

 これは舎利殿

Dscf8764
 円覚寺を出るときには、入場無料の看板がなくなって、入ってくる客はお金を払っていた。受け入れ態勢がある程度整ったということだろう。

 次に東慶寺へ行って、門を過ぎ、階段を登ると、

Dscf8788 Dscf8789

 本日は大雪で閉門の看板。中をのぞいてみると、雪かき作業中だった。

Dscf8790 Dscf8791

 建長寺は大丈夫で、有料だった。下右の総門をくぐって拝観料300円を払う。

Dscf8797 Dscf8798

 これが山門

Dscf8800_2
 根元にはおびんずるさまがおわす。Dscf8801痛いところをなでると――というやつである。とりあえず頭から足まで全身をなでてきた。
 しかし帰ってから、先日の板東三十三箇所巡礼で先達さんから言われたことを思い出した。そこには撫で石とかいうものがあったが、まず自分の痛いところをなでてから石に触るように、そうじゃないと前の人が転嫁した痛みが自分に移ってしまいます、と言われたのだった。
 おびんずるさまもそうしなければいけなかったのだろうか。幸い、今のところどこも痛くなっていないが。

 これは仏殿

Dscf8802

 法堂(はっとう)。

Dscf8804
 唐門(からもん)の表側と裏側。去年、何年ぶりかで来たときに、このキンキラキンができていて驚いた。関東大震災で壊れたものを、2011年にようやく再現したということだ。
 鎌倉の禅寺にこのキンキラキンは似つかわしくない。

Dscf8812 Dscf8808

 
 もとは芝の増上寺にあった德川秀忠夫人崇源院(すうげんいん)の霊屋(たまや)から移築したものだそうだ。秀忠夫人崇源院と言えば、最近大河ドラマでやっていたお江の方である。上野樹里である。やっぱり似つかわしくない。

 唐門の奥が方丈で、その奧をさらに登っていくと半僧坊で、鎌倉天園など、いわゆる鎌倉アルプスにつながっているのだが、さすがに今日は閉鎖されていた。

Dscf8811

 この後は鶴岡八幡宮へ行く。建長寺から行くと、正面の大階段ではなく、横から本殿の裏へ出られるのだが、雪かき作業中で入れてもらえす、脇から大階段の下へ出た。
 大階段はすっかり雪かきされていて、本殿の屋根もほとんど雪はない。

Dscf8821_2

 階段の上から見たところ。

Dscf8825_4 Dscf8829

 八幡宮前の交差点は雪でグショグショのビショビショ。
 今回の雪見は、やっぱり出遅れたようだ。この次は早く出かけるようにしよう。
 しかし、この次の大雪はまた何十年か後になるのだろうか。それとも、温暖化と言いながら毎年冬は寒くなっているような気がするので、意外に早くやってくるだろうか。

Dscf8833
 帰りに通った小町通り。人力車は大変そうだ。
Dscf8835_2

|

« 有楽町で待ってるぜ | トップページ | J49 読書対決 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の鎌倉2014:

« 有楽町で待ってるぜ | トップページ | J49 読書対決 »