« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

J50 『滑稽和歌と笑話集』

 今回はちょっと変わったところで、戦前の雑紙「少年倶楽部」への投稿を集めた『滑稽和歌(こっけいわか)と笑話集』(講談社、少年倶楽部文庫、1976)からひろってみました。

Photo

 まず笑話です。本といえばまず教科書です。(タイトルはわたしが仮につけたものです。)

(上海はどこに)

『上海はどこにあるか』という地理の試験問題に、茶目助は平然として、次のように答案を書いた。
『上海は、地理の教科書の二十八ページにあります』(P16)

(開幕以来)

歴史の先生、長らく病気でやすんでいた太郎が、出てきたのを見て、
「太郎君は、いつ頃から休んでいましたか」
太郎「はい、源頼朝が鎌倉へ幕府を開いた時からずっと休みました」(P16)

(昔の辞書は)

先生「フランスの英雄ナポレオンは『わしの辞書に不可能という文字はない』と言いました。これで皆さんは、どんなことを教えられますか」
生徒「ハイ、皇帝でさえ立派な辞書を持ってなかったのですから、昔はよい辞書がなかったことがわかりました」(P34)

(乃木大将の父)

 国語の時間に、
先生「乃木大将のお父さんが大将が勉強中いねむりをすると、大将に井戸水をかけたのはなぜですか」
 勢いよく手をあげて、
凹坊「はい、それはまだ、水道がなかったからです」(P144)

Photo

 滑稽和歌というのはこんなものです。

立志伝読むにつけても思うかなどれを手本に
すればよきかと  (茨城 大森誠一)(P47)

姉さんは悲哀小説読みながら菓子を食ったり
涙ふいたり    (函館 寿々木英郎) (P60)

買いたての英語の字引まっ先に知ってるのから
引いて見るかな (栃木 戸叶隆視) (P114)

弟の本箱見ればおかしけれホンバコイレと
書いてあるかな  (滋賀 平柿健次郎)(P115)

われときて遊べや友のないポチよのらくろ曹長
読んでやるから  (埼玉 市川作治)(P118)

弟の声高々と本読むはたしかにお客
来たしるしなり  (東京 藤野武久)(P121)

Photo_3

 全体として本が出てくるのものはあまりない中で、「少倶=少年倶楽部」そのものを題材にしたものが目立ちます。宣伝のためでもあるでしょうが、少年倶楽部はそれだけ人気もあったのでしょう。

来月もまた「少倶」だよと母さんは「少倶」でぼくを
使うなりけり (P20)

新聞に「少倶」の広告出てあるを父の所へ
むけておくかな (P29)

さがしても見えぬそのはず「少倶」をば父が読んだり
母が読んだり (P30)

「幼倶」をば「少倶」に代えしその時は少し大きく
なりし心地す (P76)

少倶でる頃と思えば父母の肩をもむやら
足さするやら (長崎 枝元 忠) (P79)

のらくろが連隊長になるまでは断じて「少倶」
やめぬ覚悟ぞ (P80)

凸坊は「少倶」出る日のいそがしさ庭をはいたり
水をくんだり (P82)

弟は少倶を読んでもらう時やたらに兄ちゃん
兄ちゃんとという (朝鮮 永井哲郎)(P133)

Photo_2

 わたしより一世代前の子供たちの生活がなんとなく浮かんできます。
 投稿者の住所には、「朝鮮」や「台北」もありました。
 わたしの時代、『少年クラブ』(カタカナ表記になっていた)もありましたが、わたしは、鉄腕アトムが連載されていた光文社の『少年』の愛読者でした。笑話やなぞなぞのページも大好きだったせいか、いまだにジョークの本を追っかけています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

スーパー源氏神保町店

 2月22日(土)は、神田にあるスーパー源氏神保町店へ行ってきました。スーパー源氏というのは、なむや文庫も加入しているインターネットでの古書検索サイトです。そこを運営している(株)紫式部が昨年の5月に、神保町にリアルの古書モールを開店しました。(→http://sgenji.jp/
 場所は、三省堂書店の隣りのビルで、実は三省堂古書館が2009年から2011年の2月まで営業していたフロアです。(→三省堂古書館へ出品)

Photo_2
 なむや文庫は現在も、三省堂書店の4階に引っ越した三省堂古書館に出品中ですが、こちらにも一棚分だけ出店させてもらいました。急な話だったので、とりあえず手元にあったもので間に合わせたせいか、なかなか売れません。
 去年の夏頃から、中身を一新しなければと思いつつ、秋には腰痛が出るし、冬は寒いし、なかなか思うようにいきませんでした。
 ようやく、少しずつでも中身を入れ替えようと出かけたというわけです。

Dscf8860

 これまでとは傾向の違うものを少し置いてみました。様子を見て、品揃えを考えようと思っています。

Photo_4 Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

JB01 『世界のジョーク事典』

 新しく「ジョークの本」というカテゴリーをつくりました。「本のジョーク」では、本が出てくるジョークを紹介していましたが、今度は単純にジョークを集めた本やジョークについての本をリストアップしていくだけものです。
 これまでずいぶんジョークの本を読んできましたが、すぐに忘れてしまったり、手放してしまったり、いろいろあるので、ともかく一度はわたしの手元にやってきたものを記録しておこうという趣旨です。
 内容の紹介をはじめるとなかなか先へ進まなくなるので、紹介するのは基本的な事柄だけにします。

 一番はじめは『世界のジョーク事典』です。

Photo_2

(書名)  世界のジョーク事典 (001=通し番号)
(著者)  松田道弘 編
(出版者) 自由国民社
(形状)  四六判ハードカバー
(頁数)   406頁
(出版年) 2006年4月10日

 この本は世界のジョークを、江戸小咄、グッド・ニュースとバッド・ニュース、天国と地獄、フランス小咄などの項目に分類して収録している。
 巻末に参考文献が載っているのがありがたい。日本国内の分で、まだ見ていない本もずいぶんある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

おさがしの本は

 門井慶喜(かどいよしのぶ)の『おさがしの本は』(光文社文庫、2011)は、図書館を舞台にした小説で、窓口で相談を受けた、題名不明の本を探す話を中心にした連作短篇集である。犯罪は起こらないけれど、広い意味でのミステリに入れていいだろう。

 カバーにはこう紹介してある。

和久山隆彦の職場は図書館のレファレンス・カウンター。利用者の依頼で本を探し出すのが仕事だ。だが、行政や利用者への不満から、無力感に苛まれる日々を送っていた。ある日、財政難による図書館廃止が噂され、和久山の心に仕事への情熱が再びわき上がってくる…。様々な本を探索するうちに、その豊かな世界に改めて気づいた青年が再生していく連作短編集。

_

 題材はわたし好みなのに、まず最初の「図書館ではお静かに」の冒頭がいけなかった。(以下ネタバレがあるので、ご承知を。)

「シンリン太郎について調べたいんですけど」

 これがその書き出しである。短大生がレポートの課題図書を探しに来たのはいいけれど、鴎外・森林太郎をなんとシンリンタロウと読んでいる!というのだが、ちょっと安直なネタで、いかにもわざとらしい。
 しかも後を読むと、出題した国文科教授は鴎外に心酔するあまり、鴎外本人が「石見人(いわみじん)森林太郎トシテ死セント欲ス」と言ったからと、雅号の「鴎外」とは呼ばず、常に「林太郎」と呼んでいたことになっている。それならその生徒がモリ・リンタロウと読めないわけがないだろう。
 心酔しているから鴎外と呼ばず林太郎と呼ぶというのもおかしい。尊敬しているならなおさら雅号で呼ぶのが日本人の常識ではないか。
 学生時代、友人がしきりに「キンノスケが、キンノスケが」と言うので、こっちは中村錦之助の話だと思って相づちを打っていたら、どうも話が合わない。友人はなんと「夏目金之助」のことを言っていたのであった。本名を知っているからといって、漱石を本名で呼ぶ奴があるか、というのはわたしの昔話。
 実は短大生のメモには「林森太郎 日本文学史」と書いてあった。これを「森林太郎 日本芸術史資料」の書き間違いだろうと話は進んでいき、最後に「林森太郎 日本文学史」という本が実際に存在していた、という落ちになる。
 しかしこれは、図書館のレファレンスだったら普通何を置いてもまず「林 森太郎」を調べるところだろう。司書がこの名前を知らなかったからといって、書き間違いと決めつける根拠はない。ネットで国会図書館の蔵書まで検索でき、借りることだってできる時代だ。司書の怠慢である。
 第四話の「ハヤカワの本」でも、「早川図書」と聞いて、ハヤカワ文庫しか探さないのでは図書館司書はつとまらないと思う。ネタが弱い。

 この後、経費削減のため図書館を廃止しようと、市役所から送り込まれてきた上司と対立し、書名当てクイズのようなものに正解し、上司から認められる。そして市議会の委員会で図書館存続の意義について熱弁をふるい、とうとう廃止を阻止し、市役所中枢へ栄転する、というビジネス小説のような展開になっていく。

 なんか違うなあ、というのが正直な感想。「森林太郎→林森太郎」というようなネタに、図書館を結びつけたのはいいが、その図書館や市役所に現実感が感じられない。
 クイズとレファレンスは違うし、やる気のなかった司書が、市役所本庁に引き抜かれてやる気を出していくという結末は、司書の仕事に対する共感が感じられない。
 わたしの趣味としては、本のネタだけで書いてほしかった、というところだ。

 続編も読んでみた。『小説あります』(光文社、2011)で、アマゾンの内容紹介にはこう書いてある。

N市立文学館は、昨今の自治体の財政難が影響し、廃館が決定してしまった。文学館に嘱託として勤めていた老松郁太は、館の存続をかけて、文学館の展示の中心的作家・徳丸敬生の晩年の謎を解こうと考える。30年前、作家は置き手紙を残して失踪、そのまま行方不明となったままなのだ……。好評を博した『おさがしの本は』姉妹編、待望の刊行!

Photo

  今度は文学館が廃止の対象で、そこの嘱託職員が主人公。前作の司書は市役所中枢の企画部門にいる。嘱託職員はその元司書とも連絡をとりながら、文学館の対象である作家の死にまつわる謎を解くことで、館の存続をはかろうとするが…という話。

 今度は文学館を存続させることはできなかったが、弟との「小説とはなにか」をめぐる対話と、作家の残した本の謎を解きあかそうとする中で、また元気になってビジネス界に復帰していくという結末になる。この作者は、本をいじくっている仕事から離れると、人は元気になるものだと思っているのだろうか。
 これらの本もライトノベルに分類されるのかどうか知らないが、文章が軽い。ちょっと軽すぎて、小説の楽しみのひとつである、文章のおもしろさや味わいといったものに欠ける。
 架空の小説に対する実在の評論家の批評を、文体模写で書いてみせるという芸もあった。しかし東京新聞の「大波小波」も吉田健一の文芸批評も、若い頃同時代で読んだことがあるけれど、いまいちピンとこなかった。ちょっと残念な作品だった。

 欠点をあげつらうようなことばかり書いた。興味ある題材なので、どうしても細かいことまで突つきたくなってしまう。けっこう期待しながら読んでいるのである。また本を題材にした作品を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

J49 読書対決

 これは「本のジョーク」というカテゴリですが、今回は先日ネットで見つけたラーメンズというお笑いコンビの本のコントの動画を紹介します。
 「読書対決」というタイトルで、それぞれ有名な本を対決させています。馬鹿馬鹿しくておかしい。説明はしません。ともかくヒマな方は見てください。

読書対決1
http://www.youtube.com/watch?v=Xx0uOBiz96w
(シンデレラ対白雪姫、走れメロス対銀河鉄道の夜、シャーロック・ホームズ対金田一耕助)

読書対決2
http://www.youtube.com/watch?v=O_CPv61oER8
(坊ちゃん対蜘蛛の糸、鶴の恩返し対笠地蔵、ファーブルの昆虫記対シートンの動物記)

読書対決
http://www.youtube.com/watch?v=JKXYBJrTcV4&list=RDJKXYBJrTcV4#t=119
(ロミオとジュリエット対鼻、山椒魚対伊豆の踊子、レ・ミゼラブル対罪と罰)

読書対決完結編
http://www.youtube.com/watch?v=ZbEU4m6Zj_o&feature=related
(一寸法師対親指姫、フランダースの犬対忠犬ハチ公、地球の歩き方アメリカ対地球の歩き方日本)

読書対決腸捻転
http://www.youtube.com/watch?v=ECv7DA5KFVY
(セロ弾きのゴーシュ対スーホの白い馬、一寸法師対親指姫

 これだけではさみしいので、加島祥造ユーモア名句&ジョーク』(講談社、1986)の「本と読書」という節から少しひろっておきます。タイトルはわたしが仮につけました。

Photo_2

(コストパフォーマンス)
一つの小説を書くのに六ヵ月もかかるなんて、ちょっと馬鹿げてんじゃない? 三ドル九十八セント出せば一冊買えるのに。

(聞いたことがある)
シェークスピアの戯曲なんて、世間の人がいつもいう名文句をつなぎ合わせただけじゃないのか?

(君の本は)
君の本はなかなか立派だ――唯一の欠点はおもて表紙とうら表紙の間が離れすぎてることだよ。

君の本はパンチがきいてるね――読みはじめるとすぐ眠らされたものな。

君の本はハッピー・エンドだね――読み終わったときほっとしたものね。

もし、本が役に立つものだったら、
世界は、とうのむかしに改良されていたはずだ。     ジョージ・ムーア

(軽重問わず)
客「本を一冊ほしいんだが」
本屋「何か軽いものでも?」
客「軽くっても重くってもかまわないさ。車できたんだからね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

雪の鎌倉2014

 2月8日(土)は横浜でも一日雪。わが家のあたりでも激しく降って、本当に二十年ぶり三十年ぶりの雪だった。
 これは2月8日の午後2時半ごろの様子。この調子で夜までずっと降った。

Dscf8749

 翌9日は朝から晴れ、よし鎌倉へ雪見に行こうと思いつつ、ぐずぐずしているうちに出かけたのは午後になってしまった。
 北鎌倉の駅の線路はちょっと雪国風だったけれど、気温がだいぶ上がってきて、雪はどんどん溶けているし、道路は雪かきされている。

Tdscf8752_2
 円覚寺の入口。やはり来るのがちょっと遅かったか、雪に埋もれた、とは言いがたい景色だ。

Dscf8753_2

 拝観者入口へ行くと、本日は入場料無料の看板が出ている。雪のため入場禁止のところが多いかららしい。

Dscf8754_2

 そうするくらい雪は降ったのだが、山門の屋根にはもう雪はほとんどない。

Dscf8756_4

 人が入らないところは、まだ雪景色になっている。ここは居士林(こじりん)という座禅の道場で、元は柳生家の剣道場だったものを昭和の初めに移築したそうだ。

Dscf8761_2

 本尊のある仏殿の前に、こんな雪だるまがあった。近所の子供が作ったとも思われないので、「和尚さまったら、お茶目なんだから」とでも言うべきなのか、ちょっと微妙なところである。

Dscf8757 Dscf8757_2

 今回の景色はこんなところで納得するしかなさそうだ。

Dscf8762 Dscf8774

 これは舎利殿

Dscf8764
 円覚寺を出るときには、入場無料の看板がなくなって、入ってくる客はお金を払っていた。受け入れ態勢がある程度整ったということだろう。

 次に東慶寺へ行って、門を過ぎ、階段を登ると、

Dscf8788 Dscf8789

 本日は大雪で閉門の看板。中をのぞいてみると、雪かき作業中だった。

Dscf8790 Dscf8791

 建長寺は大丈夫で、有料だった。下右の総門をくぐって拝観料300円を払う。

Dscf8797 Dscf8798

 これが山門

Dscf8800_2
 根元にはおびんずるさまがおわす。Dscf8801痛いところをなでると――というやつである。とりあえず頭から足まで全身をなでてきた。
 しかし帰ってから、先日の板東三十三箇所巡礼で先達さんから言われたことを思い出した。そこには撫で石とかいうものがあったが、まず自分の痛いところをなでてから石に触るように、そうじゃないと前の人が転嫁した痛みが自分に移ってしまいます、と言われたのだった。
 おびんずるさまもそうしなければいけなかったのだろうか。幸い、今のところどこも痛くなっていないが。

 これは仏殿

Dscf8802

 法堂(はっとう)。

Dscf8804
 唐門(からもん)の表側と裏側。去年、何年ぶりかで来たときに、このキンキラキンができていて驚いた。関東大震災で壊れたものを、2011年にようやく再現したということだ。
 鎌倉の禅寺にこのキンキラキンは似つかわしくない。

Dscf8812 Dscf8808

 
 もとは芝の増上寺にあった德川秀忠夫人崇源院(すうげんいん)の霊屋(たまや)から移築したものだそうだ。秀忠夫人崇源院と言えば、最近大河ドラマでやっていたお江の方である。上野樹里である。やっぱり似つかわしくない。

 唐門の奥が方丈で、その奧をさらに登っていくと半僧坊で、鎌倉天園など、いわゆる鎌倉アルプスにつながっているのだが、さすがに今日は閉鎖されていた。

Dscf8811

 この後は鶴岡八幡宮へ行く。建長寺から行くと、正面の大階段ではなく、横から本殿の裏へ出られるのだが、雪かき作業中で入れてもらえす、脇から大階段の下へ出た。
 大階段はすっかり雪かきされていて、本殿の屋根もほとんど雪はない。

Dscf8821_2

 階段の上から見たところ。

Dscf8825_4 Dscf8829

 八幡宮前の交差点は雪でグショグショのビショビショ。
 今回の雪見は、やっぱり出遅れたようだ。この次は早く出かけるようにしよう。
 しかし、この次の大雪はまた何十年か後になるのだろうか。それとも、温暖化と言いながら毎年冬は寒くなっているような気がするので、意外に早くやってくるだろうか。

Dscf8833
 帰りに通った小町通り。人力車は大変そうだ。
Dscf8835_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

有楽町で待ってるぜ

 最近インターネットで、こんな歌を聴いて思い切り笑った。歌詞を見れば、わたしと同世代の人ならだいたいわかると思うので、ちょっと口ずさんでみてほしい。

あなたを待てば雨が降る 宵の十字路
真っ赤に錆びた 夢は夜ひらく
ああ、それでもなお命かけて
ああ哀愁の 俺は待ってるぜ

 「有楽町で逢いましょう」「哀愁の街に霧が降る」「錆びたナイフ」「夢は夜ひらく」「誰よりも君を愛す」「俺は待ってるぜ」という六つの歌のつぎはぎで、歌っていたのはザ・フォーク・クルセダーズ
 違う曲をつないでいくネタは演芸などに昔からあるけれど、これはよく出来ている。
 聴いたのは、インターネットのYoutubeにアップされた、大瀧詠一の「日本ポップス伝 2 Part-2の中でである。
http://www.youtube.com/watch?v=UHCLqF9TR5E(55分頃にあり。)

 大滝詠一(おおたきえいいいち)を知ったのは最近のこと。音楽には疎いので、昔やっていたという「はっぴいえんど」というバンドも知らなかった。
 昨年の暮に突然亡くなってニュースなどに取り上げられた.。その中に、日本の流行歌の変遷について該博な知識を持ち、その系譜についていろいろラジオ番組で語っていたという話があり、聞いてみたのが「日本ポップス伝」と「日本ポップス伝2」である。
 これが素敵におもしろい。それぞれ一回90分を5回連続なので、ちょっと長いが、懐かしい曲を聴いたり、思わぬ知識を得たりしながら、ずっと退屈せずに楽しめた。
 ファンがラジオ番組を録音したものを、インターネットのYoutubeなどにアップしたものなので、著作権の関係から音楽が一部カットされているのが残念だ。

 明治維新政府は音楽も西洋化しようとして、お雇い外国人を雇い、行進曲やオペラ、唱歌を導入した。これを学んだ日本人は、伝統をないまぜながら次第に日本独自の流行歌を作り上げていった、というのが大まかな話で、取り上げられる具体例がいちいちおもしろく、納得させられてしまう。
 水原弘の「黒い花びら」は、ポール・アンカの「君はわが運命(さだめ) You Are My Destiny」の影響のもとに、日本のオリジナルとして作られたと言う。続けて聴かされると、なるほどそうだとうなずかざるをえない。
 上記のザ・フォーク・クルセダーズの歌は、1960年代には流行歌というジャンルが確立していた、その証拠には、こうやってつぎはぎしても違和感がない、という文脈で出てくる。
 だからといってどれもおんなじだと言っているわけではないし、これはこれのパクリだとか、元の歌の方がえらいと言っているわけでもない。先行するものがあって新しいものが生まれてくることを、いろんな例を聴かせながら、系譜として説明している。

 軽妙な語り口で冗談も入る。スーダラ節などのコミックソングも大好きで、自分でもちょっとふざけた歌を作ったりしていたらしい。民謡歌手金沢明子の「イエロー・サブマリン音頭」は大滝詠一のプロデュースによるものだった。今聴いてもおかしくて楽しい。
http://www.youtube.com/watch?v=or9eOMtM5U0

 ネットを調べてみると、他にもこういうラジオ番組がずいぶんたくさんアップされている。最近の音楽の話にはついていけないが、トニー谷のレコードをずっと聴かせてくれるものもある。しばらく楽しめそうだ。
大滝詠一マイセレクション トニー谷大特集Part1
http://www.youtube.com/watch?v=XFYxijge0gU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

寒い1月

 1月25日から27日まで南無谷へ行ってきました。25日はけっこう暖かかったけれど26日の午後からまた寒くなり、これまでで一番寒いんじゃないかというくらいでした。
 枇杷に寒肥をやるために行ったのだけれど、枇杷は寒さに弱いので、今年もできが心配になりました。

Dscf8674

 庭は寒々しい景色ですが、梅が咲き始めていました。

Dscf8707
 枇杷はまだ花を残しているものから、そろそろ実になりだしたものまでさまざまです。順調に育ってくれれば三月下旬に摘果と袋かけになります。

Dscf8713 Dscf8725

 バラが季節はずれに咲いていました。このバラは、いつも不在の時に咲いているような気がするけれど、不在の時の方が多いのだから、しょうがないのでしょう。

Dscf8674_2 Dscf8704

 水仙が咲き始めていました。

Dscf8702 Dscf8694

Dscf8710 Dscf8730

 水仙のいろいろは以前紹介したことがあります。(→水仙いろいろ

 相変わらず元気なのは柑橘系です。
 温州ミカンが二十個ほど収穫できました。これで毎年安定してくれればうれしい。皮が厚くて固いし、袋も固いけれど、中身はそれなりに甘い。

Dscf8681_2

 これはレモン。無農薬のレモンはけっこう人気があるらしい。これも三十個くらい収穫しました。

Dscf8683

 柚子と夏ミカン。

Dscf8699 Dscf8695

 今回はさすがに草刈りはやりませんでしたが、春に備えて、刈った草や落ち葉を入れる木枠を作りました。今まで使ってきたものが腐ってきて、木枠ごと堆肥になりそうになってきたので、これで更新です。

Dscf8717
 三日目の27日は寒くて、庭の草取りをしているだけで足先がじびれてきたので、作業は早々に終わりにして帰りました。
 垣根とか、あちこち手を入れないといけないところばかりなので、天候を見ながら、また近々行かなければ、というところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

第二十六番 清瀧寺

 第二十六番札所南明山清滝寺(なんめいざんきよたきじ)は、筑波山の南の裾にあります。先達さんが、付近にはお店も自動販売機もありませんと言ったとおりで駐車場もありません。

26dscf8649   26dscf8650

 古い仁王門があります。

26dscf8651

 だいぶ痛んでいるようです。

26dscf8663  26dscf8664

 本堂は火事にあって昭和52年に再建されたもので、コンクリート造りです。
 このお寺は現在、住職がおらず、地元の人たちの手で支えられているのだそうです。
 

26dscf8655

26dscf8654

 鐘撞き堂があって、無住のせいか、勝手に撞いていいのだそうです。わたしも喜んで撞いてきました。

26dscf8653  26dscf8661

26 ひっそりとした、静かなお寺でした。
 納経所で納経帳に朱印を押し、寺名などを書いてくださっているのは、地元の老人会のボランティアの方たちだそうです。三十三観音で、ここだけ無くすわけにはいかないということもあるのでしょう。
 それともここが無くなったら、他のお寺が勇んで手をあげて、入替があるのでしょうか。三十三観音に加わるとどのくらい営業上のメリットがあるのか。――こんなことを考えていると観音様に叱られるでしょうか。もうやめましょう。

 バスへ戻ると、まわりは柿畑です。富有柿の本場、岐阜県の本巣よりは規模が小さいようだけれど、似たような景色が見られました。

26dscf8667

26dscf8668_2

 ご詠歌は、

わが心 今より後は にごらじな
清滝寺へ 詣る身なれば

26_2

 一日四カ寺まわるとさずがに疲れます。
 でもこれで十九カ寺になりました。ようやく半分をこえて、あと十四カ寺です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »