« J55 江戸の小ばなし | トップページ | ようやくビワの袋かけ 2/2 »

2014年5月 9日 (金)

ようやくビワの袋かけ 1/2

 5月2日から4日で、ようやくビワの袋かけを終えました。遅くても4月の中頃までには終えていたのに、わたしの体調が悪くて南無谷へ来られず、これまでになく遅くなってしまいました。
 1月の終わりに来て以来でした。3か月も放っておくと、庭もこのとおりです。

Dscf8884

 奧の方もこんな状態。

Dscf8885

 ハルジオンがそこらじゅうに咲いています。きれいと言えばきれいですが、要は雑草です。

Dscf8895

 Dscf8958わたしには、ハルジオンヒメジョオンとの区別がつきませんでした。漢字で書くと春紫苑姫女苑で、どちらも紫苑(シオン、秋に咲くキク科の花))に似ていることから名付けられたようです。ハルジョオン、ヒメジオンとそれぞれ呼ばれることもあるようですが、漢字を見ると、ハルジオン、ヒメジョオンと呼ぶのが正しそうです。
 帰ってから図鑑とネットで調べてみると、はっきりわかるのは、茎を折ってみて、中空なのがハルジオンで、つまっているのがヒメジョオンだそうです。さんざん刈ったけれど、切り口がどうだったかは覚えていません。
 でも。花びらが細くて密集していることや葉の形からすると、これはハルジオンのようです。季節的にも、ヒメジョオンはこれからのようなので、間違いないと思います。

 この他にカラスノエンドウものさばっていて、草払い機で刈っても、軸に巻き付いてすぐ歯が止まってしまうくらいでした。それでも帰るときにはなんとか、左の状態が右くらいにはなりました。

Dscf8886 Dscf8982

Dscf8894  ビワの実はは大きくなっていて、やっぱりもっと早く来なければいけなかった、と思わせます。しかし、今年の冬が寒かったので、地域全体に成育は遅れているようで、例年連休明けにははじまる「びわ狩り」が、10日ぐらい遅くなっているようです。
 わが家は、ろくに手入れをしていないし、袋かけは遅れたし、今年も収穫がどうなるか心配です。あと1か月半くらい、頑張って大きく育ってもらわねばなりません。

 

Dscf8891

 今回は、わたしがどの程度作業ができるのか不安だったので、ヒマな息子たちに応援を頼みました。連日25度を越えるくらいのいい天気で、無事袋かけを終えることができました。どうもありがとう。
 わたしも久しぶりの肉体労働でずいぶん疲れはしましたが、幸い腰痛、背面痛が出ることもなく、ひととおりの作業ができました。なんとか元に戻ったと言えそうです。

Dscf8952

|

« J55 江戸の小ばなし | トップページ | ようやくビワの袋かけ 2/2 »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやくビワの袋かけ 1/2:

« J55 江戸の小ばなし | トップページ | ようやくビワの袋かけ 2/2 »