« テルマエ・ロマエⅡ | トップページ | 第二十二番 佐竹寺 »

2014年8月23日 (土)

JB27  丸善ライブラリーのジョーク本

 英米人とのつきあいにジョークは必須であるからと、英語とジョークを一緒に勉強させてくれる本もたくさんある。
 その中から、新書の丸善ライブラリー・シリーズに収められているジョーク関連本を紹介する。英語の学習が中心なので、真面目に全部読もうとするとけっこう疲れる。わたしはこういう本は、和訳してあるジョークだけ拾い読みすることにしている。

110 アメリカン・ユーモア

Photo
    (書名)  アメリカン・ユーモア
           
英語にみるジョークと文化
      (著者)  鈴木進、岩田道子、L.G.パーキンズ
      (出版者)  丸善 
      (形状)     新書
      (頁数)     170
      (出版年)   1993/02/28・

・アメリカのユーモアとアメリカ文化がテーマで、ジョークの前提となっているアメリカ人の文化的土壌や価値観などを解説しながら、ジョークを紹介している。

・最初に子どものなぞなぞが少し載っているが、けっこうブラックなものもあった。

What is worse than finding a worm in an apple?
(りんごの中に虫を見つけるよりいやなことは)
Answer: Finding half a worm.
(P20)

 

111 英語ユーモア学

Photo_3
    (書名)  英語ユーモア学
      (著者)  鈴木進、岩田道子、L.G.パーキンズ
      (出版者)  丸善 
      (形状)     新書236
      (出版年)   1995/03/25

110『アメリカン・ユーモア』の続編で、今度はアメリカに限らず、ひろく英語国民を対象にして、ユーモアの技法を、同義語、反意語、慣用表現などに分類し、実例を挙げて説明している。引用されているジョークはあまり多くない。

・対立する条件節を使った例。ソクラテスがこう言ったとされている。

"By all means marry. If you get a good wife, you'll be very happy.  If you get a bad wife, you'll become a philosopher."
 「とにかく結婚しなさい.よい妻なら万々歳.悪い妻でも哲学者になれます」
(p131)

 

112 英語ユーモアのセンス

Photo_4
    (書名)  英語ユーモアのセンス
      (著者)  鈴木進、宮下邦子、L.G.パーキンズ
      (出版者)  丸善 
      (形状)     新書
      (頁数)     196
      (出版年)   1996/03/20

110111に続く第三弾。

・double meaning(言葉の二義性)をつかったジョークはむずかしい。

Boy: I'll be good for a dollar
Mother : Why can't you be good for nothing like your father?
坊や:1ドルくれたらお利口にしてる.
ママ:パパみたいにただで大人しくしていられないかしら.
(P57)

 これだけでもおもしろいけれど、実は”be good for nothing ”には「役立たず」とか「取るに足りぬ」という意味もあって、それも加味されているそうだ。

 

113 ユーモア英語のすすめ

Photo_5
    (書名)  ユーモア英語のすすめ   
                     
こんな時・こんな表現
      (著者)  山岸勝榮
      (出版者)  丸善 
      (形状)     新書
      (頁数)     185
      (出版年)  1998/05/20

・これはジョークの本ではない。ユーモラスな英語表現の実例集である。似たようなタイトルなので、とりあえず入れた。

・「用足し」に行きたいときには、” answer the  call of nature "を使う、という例があった。その昔、東京オリンピックの頃のベストセラー『英語に強くなる本』に”Nature calls me."があったのを思いだした。

・"A shotgun marriage" というのは、「やむなき結婚」で、男親がショットガンを持ち出して、娘の相手に結婚を迫るのでやむなくということらしい。いかにもアメリカ的で、これに比べたら日本の「できちゃった婚」ということばはずっとやさしい。

 

114 パーティ・ジョークを楽しもう

Photo_6
    (書名)  パーティ・ジョークを楽しもう
          
英語ユーモア社交術
      (著者)  トミー植松
      (出版者)  丸善 
      (形状)     新書
      (頁数)     188
      (出版年)   2001/07/20・

・パーティにおける基本的なマナーや話し方など、日本人と英米人の感覚や作法の違いなども教えてくれる。

・これはジョークというより、日本人のイエス・ノーの使い方をからかった笑い話。わたしとしてはこの日本人に同情する。

ストレートに言って!

Waiter  : Would you like milk and sugar with your coffee?
Japanese: No.
Waiter  : No milk, no sugar, sir?
Japanese: Yes.
Waiter  : Milk and sugar, then?
Japanese: No, no. No milk and no sugar.
Waiter  : No milk, no sugar, then, sir?
Japanese: Yes.
Waiter  : Gee!/Somebody helps me!
(P148)

 

|

« テルマエ・ロマエⅡ | トップページ | 第二十二番 佐竹寺 »

ジョークの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217746/60062784

この記事へのトラックバック一覧です: JB27  丸善ライブラリーのジョーク本:

« テルマエ・ロマエⅡ | トップページ | 第二十二番 佐竹寺 »