« 海援隊とおりょう3 | トップページ | 第三十番 高蔵寺 »

2015年2月 9日 (月)

第三十一番 笠森寺

 2015年(平成27)1月19日に、千葉県長生郡長南町(ちょうせいぐんちょうなんまち)にある笠森寺(かさもりじ)と、千葉県木更津市(きさらづし)にある高蔵寺(こうぞうじ)へ行ってきました。
 今回はバスツアーではなく、自前の、先日買い替えたばかりのタントで行きました。アクアラインで木更津へ行って、ちょっと遠回りですが、南無谷行きを兼ねることにしました。
 この二カ寺へ行けば、2月のバスツアーで、いよいよ結願(けちがん)を迎えることができます。

33150127p_3
 長南町の第三十一番札所、大悲山笠森寺(だいひざんかさもりじ)から行きました。
 ここは電車で行こうと思って調べたら、電車・バスの乗り継ぎが大変なので、車にしました。ちょっとした山の中で、一帯は県立の自然公園になっていて、笠森寺自然林に囲まれています。
 駐車場から、こんな階段を登っていかなければなりません。今回は、うちの奥さんに無理につきあってもらったのですが、足と腰の問題で、いきなりここで待機してもらうことになりました。

Dscf9646

 この階段がけっこうありました。うちの奥さんにはやっぱり無理でした。

Dscf9647_2

 自然林ということで、大木、名木もあります。

Dscf9669_2
 登った先にあるのが二天門。奧に本堂が見えます。

Dscf9648_2
 その本堂は、さらに高い小山の上に建っています。岩肌に何本もの長い柱を立て、その上にお堂がのっています。「四方懸造(しほうかけづくり)」というそうです。

Dscf9649
 さらに急な階段を登らなければなりません。

Dscf9663_2
 いただいたパンフレットには、二代目広重の「諸国名所百景 上総笠森寺岩作り観音」 という浮世絵がありました。階段部分が実物よりちょっと長いかな、という気がしますが、気分はこのとおりです。

Photo_2

 横から見上げると、こうなっています。この作り方を「四方懸崖作り」と書いてある本もありました。なるほど、きっと菊の「懸崖作り」はここからきたのでしょう。

Dscf9661
 Dscf9662_2  Dscf9660

 登った本堂前の回廊です。

Dscf9655_2

 かなり遠くまで見晴らすことができましたが、土地勘がないので、どちらがどこ方面なのか、いまいちわかりませんでした。

Dscf9658_2
 ご詠歌は、

日はくるる 雨はふる野の 道すがら
かかる旅路を たのむかさもり

Photo_4

 
 

|

« 海援隊とおりょう3 | トップページ | 第三十番 高蔵寺 »

板東三十三カ所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第三十一番 笠森寺:

« 海援隊とおりょう3 | トップページ | 第三十番 高蔵寺 »