« お礼参り 善光寺2 | トップページ | 光明寺の桜 »

2015年3月30日 (月)

お礼参り 北向観音

 次は上田市北向観音(きたむきかんのん)です。ここは近所にある天台宗常楽寺というお寺の観音堂です。
 わたしは、お礼参りに行くところだと聞くまで、ここのことを知りませんでした。あまり有名なところではありません。このツアーを電話で申し込んだとき、出た女性が「はい『善光寺とホッコーカンノン』ですね」と答えました。旅行会社の社員がちゃんと読めないくらいです。まさか業界用語では「ホッコー」と言っているわけでもないでしょう。
 そのあまり有名でないところへ、なぜお礼参りに行くのかというと、善光寺と対(つい)になっているからだそうです。善光寺の本尊は南向きで、ここの観音様は北斗七星信仰の関係で北向きなので向かい合っている。善光寺は来世の利益、観音様は現世の利益をもたらす。善光寺だけでは「片参り」になる、「両参り」しなければいけない、というのです。
 なんとみごとなマーケティングではありませんか。感心しました。巡礼を終えたら、そのお礼に行くべきである。そしてお礼に行くならこちらも行かないと――きちんと顧客に説明してより一層の充足感を与えながら市場を拡げています。しかし、観音様も商売がうまいなあ、などとお礼参りのときに考えていてはいけません。

Photo

 別所温泉という温泉町にあります。土産物屋がいくつか並んでいる通りを曲がると、短い門前町のような通りがありました。突当りの階段を登ったところが北向観音です。

Dscf9847

 温泉だけあって、この手水場には温泉がひかれていました。あたたかい手水ははじめてです。

Dscf9857_2

 仁王門などはなく、すぐに観音堂です。

Dscf9854_2

Dscf9850_2
Dscf9849_2
 これでようやく巡礼が終わりました。安堵感にバスの疲れも加わって、この後はなんとくぼんやりしていました。小さなお堂などもあったのですが、写真も撮りませんでした。
 境内から見えたこの山は美ヶ原方面ではないかと思います。

Dscf9792
 帰り道の川端には「慈覚大師之湯」という飲用温泉があったので、一口飲んできました。

Dscf9858_2
 ご詠歌は、

いくばくの 人の心を 澄ますらん

北向山の峰の松風Photo_3

 横浜の自宅へ着いたのは夜の9時半くらいでした。最近、首都圏中央連絡自動車道圏央道)で埼玉方面と神奈川県の厚木方面がつながって便利になりました。都心を通らないので距離的にも近いし、今のところ混んでいないので、思っていたよりずっと早く帰れました。

 これでわたしの坂東三十三カ所観音巡礼記もおわりです。
 最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございました。
 巡礼をおえてもいまだ悟りの境地は遠く、後悔と煩悶の日々ですが、煩悩即菩提であります。色即是空空即是色、この歳になったら焦ってもしょうがありません。

 南無大慈大悲観世音菩薩      合掌

 

 

|

« お礼参り 善光寺2 | トップページ | 光明寺の桜 »

板東三十三カ所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お礼参り 北向観音:

« お礼参り 善光寺2 | トップページ | 光明寺の桜 »