« 悪い冗談の果てに 2 | トップページ | お礼参り 善光寺1 »

2015年3月19日 (木)

悪い冗談の果てに 3

 わたしは、朝日新聞が女子挺身隊と慰安婦を混同していたという話も、悪い冗談に起因するのではないかと疑っている。
 「慰安婦」のことを「女子挺身隊」とは、下卑た冗談が得意なオヤジが、居酒屋あたりでいかにも言いそうな冗談ではないか。

 本当に「挺身隊」と「慰安婦」の混同があったのかどうか、ちょっと疑わしいと思ってもいる。
 戦時中の人たちにとって、別のものであることはわかりきったことだった。だから悪い冗談にはなったかもしれないが、当時の挺身隊員が聞いたら、髪の毛を逆立てて怒ったことだろう。「挺身隊」の名のもとに「慰安婦」を集めたとすればとんでもないことで、大騒ぎになったにちがいない。混同することなど考えられない。
 それが朝鮮では混同されていて、そのあたりの研究が乏しかったから間違えた、というのが朝日新聞の言い訳だが、それこそ「悪い冗談」でないのか、という気がする。

Photo_4               (朝日新聞、2014/08/05)

 写真の記事にはこう書いてある。

 原因は研究の乏しさにあった。当時、慰安婦を研究する専門家はほとんどなく、歴史の掘り起こしが十分でなかった。朝日新聞は、国内の工場で働いた日本人の元挺身隊員を記事で取り上げたことはあったが、朝鮮半島の挺身隊の研究は進んでいなかった。

 記者が参考文献の一つとした「朝鮮を知る事典」(平凡社、86年初版)は、慰安婦について「43年からは〈女子挺身隊〉の名の下に、約20万の朝鮮人女性が労務動員され、そのうち若くて未婚の5万~7万人が慰安婦にされた」と説明した。執筆者で朝鮮近代史研究者の宮田節子さんは「慰安婦の研究者は見あたらず、既刊の文献を引用するほかなかった」と振り返る。

 宮田さんが引用した千田夏光氏の著書「従軍慰安婦」は「“挺身隊”という名のもとに彼女らは集められたのである(中略)総計二十万人(韓国側の推計)が集められたうち“慰安婦”にされたのは“五万人ないし七万人”とされている」と記述していた。

 朝鮮で「挺身隊」という語を「慰安婦」の意味で使う事例は、46年の新聞記事にもみられる。44年7月に閣議決定された朝鮮総督府官制改正の説明資料には、未婚の女性が徴用で慰安婦にされるという「荒唐無稽なる流言」が拡散しているとの記述がある。(朝日新聞、2014/08/05)

 ここでいう「当時」は、1980~90年代はじめのことのことを言っている。まだ戦争経験者がたくさん生きていた時代である。挺身隊と慰安婦が別のものだというのは、研究なんかしなくてもわかりきったことだった。混同していた人など、どこにいたというのか。ごく一部のライター、研究者が間違えていたことを、世間一般に混同されていたように言うのはおかしい。
 「挺身隊の名をかたって集めて慰安婦にした」というのは混同ではなく、詐欺・欺瞞である。事実であれば、戦時中でも大騒ぎされるような事件だった。だから、まずそれが事実かどうかを確認しなければならなかった。
 昔のことは、その頃あたりまえに思われていたことほど記録に残らない。新聞などに報道されるのは、ニュースになるような特別のことばかりだ。だから時代が下がるにつれて、その頃あたりまえだったこと、その頃の人が普通にやっていたことを検証するのがむずかしくなる。そのころの「空気」みたいなものは記録に残らず、後の世代の者はなかなか理解できない。
 だからわたしより若い記者が、当時のことがよくわからず、知らなかったのはやむをえないとしても、デスクとか校正係までおかしいと思わず、記事にしてしまったのは大きな間違いだった。
 記事にした後でも、事実でなかったことがわかれば、間違いを早く認めて訂正すべきだった。それを今頃になって、当時は研究が乏しく混同していたなどと言い訳しているから、余計信用できなくなる。

 上記の記事には、1944年の朝鮮の資料に「未婚の女性が徴用で慰安婦にされるという「荒唐無稽なる流言」が拡散しているとの記述がある。」と書いている。あくまで「荒唐無稽なる流言」とされていたわけで、混同されていたわけではない。
 この「荒唐無稽の流言」のもとは、やっぱり下卑たオヤジの悪い冗談だったのではないかと思ってしまう。冗談にもTPOがあることを忘れてはいけない。

 この3月16日には、なんと国会で「八紘一宇」がこれからの日本がとるべき道である、という発言が出た。悪い冗談ではなく、「世界が一つの家族のように助け合う」という意味だからと、本人は本気で言っているようだ。そこだけお勉強して、ああ良い言葉だ、カッコイイと感心してしまったものか。この言葉が持っているあの時代の雰囲気は、もう若い人にはわからなくなってしまったということだ。
https://www.youtube.com/watch?v=TCtwwOw-ByI#t=23
 純粋な言葉の意味だけでいいと言うのなら、自民党は「天下一家の会」とでも名乗ったらどうか。もっと時代がたつと、「ジハード」の意味を知っていますか、とってもいい言葉なんですよ、という若い者が出てくるかもしれない、と悪い冗談を言っておこう。(悪い冗談の話おわり)

 

|

« 悪い冗談の果てに 2 | トップページ | お礼参り 善光寺1 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪い冗談の果てに 3:

« 悪い冗談の果てに 2 | トップページ | お礼参り 善光寺1 »