« J66 加島祥造の本から | トップページ | 妙法寺のシャガ »

2015年5月11日 (月)

安養院のツツジ

 咲き誇っていた街路樹の植え込みのツツジにおとろえが見えはじめたところで、坂東三十三ヵ所の巡礼で訪れた鎌倉安養院を思いだしました。(→第三番 安養院田代寺
 あそこはツツジの名所ということでした。今ならまだ間に合うだろう、見に行ってこよう、と5月8日(金)に出かけました。

 鎌倉駅から少し行って大町の四つ角を曲がると、見えてきました。まだ遠いのに前方にはっきりと赤いかたまりが見えました。

Dscf0042
 近づくと、こうなっています。これはちょっとしたものです。

Dscf0044
 これがお寺の入口。

Dscf0045_2
 巡礼に来たのは秋のことで、こんなでした。わたしはこの入口のあたりだけがツツジなんだろうと思っていました。ところが垣根全部がツツジでした。

Dscf3319

 総門から入ります。

Dscf0046_2

 門の中から垣根の方を見るとこうなっています。

Dscf0156

 本堂前。ツツジは少し勢力がおとろえはじめているようです。

Dscf0047_2

 境内には大きな槙の木があります。

Dscf0050_2

 このお寺の開基は北条政子で、安養院は政子の法名だそうです。本堂の裏に、宝篋印塔(ほうきょういんとう)と並んで政子の墓がありました。

Dscf0159
 これが政子の墓。

Dscf0161_2
 これは道路側の垣根のツツジの裏です。

Dscf0049
 ツツジの木が大きくてたくさんあることに加えて、全部同じ赤紫のツツジばかりなのがさらに迫力を増しているように感じました。

Dscf0053_2
 来るのがちょっと遅かったので、この次はもう少し早く、最盛期に来てみようと思います。
  

Photo

 

|

« J66 加島祥造の本から | トップページ | 妙法寺のシャガ »

鎌倉散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安養院のツツジ:

« J66 加島祥造の本から | トップページ | 妙法寺のシャガ »