« J68 中国の古いジョーク4 | トップページ | 「駆込み女と駆出し男」 »

2015年7月 2日 (木)

天空の体験

 「天空の体験」というのはちょっと大げさだけれど、行ったところがここだったので、このタイトルになりました。

Dscf0704
 京浜急行空港線天空橋(てんくうばし)駅。昔はこのあたりが「羽田駅」だったこともありますが、線路が延伸してこの先にターミナル駅ができ、改名したそうです。
 地下駅から登ってすぐの小さな三階建てのビルが、一般財団法人航空振興財団です。

Dscf0724
 ここにある高性能フライト・シミュレーターで飛行機の操縦体験をしようというのです。もと民間航空のパイロットである学生時代の友人から一度やってみないかという話があり、友人たちとともに体験させてもらうことになりました。
 ここのシミュレーターはパイロットの育成や技能審査に使われているとともに、航空少年団の操縦体験も行われています。われわれがやらせてもらうのはだいたいその少年団の方のレベルですが、ゲームセンターの機械とは格が違います。

 どれくらい違うかというと、まずその大きさが違います。これがそのシミュレーターです。タラップを登って部屋へ入ります。

Dscf0706_2
 ドアがしまり、タラップが離れると、こうなっています。これ全体がシミュレーターなのです。

Dscf0717_2
 部屋全体が、下にある電動ジャッキのようなもので動きます。「6軸の電動式モーションを装備」しているそうで、右に旋回すれば右に傾き、機種を上げれば前があがります。着陸するときにはドドーンっと衝撃がきます。リアルです。

Dscf0716_2
 中はこうなっています。操縦席が2席あって、その後ろのコンピューターで空港や時間、天候などの設定をします。ちょっとせまいけれど。

Dscf0715_2
 これが操縦席。右の副操縦士の席には、この7月1日には民間航空会社にパイロットとして就職するという青年が、教官としてついてくれました。おだやかで物腰の柔らかな好青年でした。
 ともかく計器がいっぱいあって、本来は出力だの高度だのチェックしながらやらないといけないところですが、それはみんな青年がやってくれて、われわれがやったのは機首の上げ下げと右旋回左旋回、機体を水平に保つことくらいでした。それでもなかなか難しい。
Dscf0709t
 これは仙台空港に降りるところで、前に見えるのは蔵王山です。
 飛行機の操縦桿を握るというのはすべての少年の夢と言ってもいいくらいで、準本物ではありますが、うれしい体験でした。操縦桿の抵抗を実感し、あたりまえだけれど飛行機は自動車みたいに簡単にくるくるまわったりはしないことを体感しました。

Dscf0712_2
 ひとり三度ずつ着陸をやりました。わたしは一回「ゴーアラウンド!」と、やり直しをさせられました。機体がどういう状態で飛んでいるのかいまいちよくわからず、かなり傾いたまま突っ込んでいったようです。あのままだと墜落事故になったことでしょう。
 着陸のときは本当にリアルな衝撃があります。下手するとドン、ドンッとはねてしまいます。ここでは「あ、やっちゃった」ですみますが。今度飛行機にのったときには、着陸の瞬間をじっくり味わってみたいと思います。
 財団のホームページには「パソコン・ソフトやFTDでは得られない慣性モーメント及び加速度感が再現されて、より実際に近い操舵感覚が体験できます」とありましたが、なるほど高性能フライト・シミュレーターでした。例えば強い風が吹いて機体が揺れる中で着陸するような設定もでき――これはわれわれではなく教官が降りてみせてくれました。
 ひとりあたりの操縦時間は短いものでしたが、ともかくあこがれの操縦桿を握ったような気分になれ、うれしい体験でした。K機長、S青年、どうもありがとうございました。

 ここが天空橋駅

Dscf0728_3
 これが駅名の元になった天空橋です。すごい名前なのでどんな橋か実物を確認してきました。駅のすぐ近くで、この川は海老取(えびとり)川といい、多摩川の河口のあたりです。

Dscf0731_2
 名前から、見上げるような高い橋を想像していたら、ごく普通の人道橋でした。平成5年にできたとき、地元の小学校でのアンケートに基づき命名されたそうです。なるほど気持ちはわかる。そういえば「時天空(ときてんくう」という相撲とりもいます。これも名前はすごい。

Dscf0729_2
 時間や天空を駆けるようなことは何もしてこなかったなあ、と思いつつの帰路でした。

|

« J68 中国の古いジョーク4 | トップページ | 「駆込み女と駆出し男」 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天空の体験:

« J68 中国の古いジョーク4 | トップページ | 「駆込み女と駆出し男」 »