« 南無谷で草刈り | トップページ | 円応寺は閻魔寺 »

2015年9月28日 (月)

南無谷で枝切り

 今回の主要作業、ビワの枝切りの報告です。
 外観のビフォー・アフター。上の方がなくなり、枝の間にはすきまができました。

Dscf1491

Dscf1548_2
 内側から見たビフォー・アフター。明るくなって空まで見通せるようになりました。

Dscf1517_2
Dscf1552_2
 はじめから撮影場所を決めて撮っておけばいいのに適当に撮っているので、後でどこから撮ったかよくわからなくなり、うまく対照できません。それでもけっこう枝を切ったことはなんとかわかってもらえるでしょう。
 切り落とした枝の山。

Dscf1546_2
 これだけ切って、高さは低く、内部は明るく風通しがよくなりましたが、来年のシーズンまでには、まっすぐ上を目指してたくさんの新しい枝が伸びていることでしょう。そのときにはまたひとがんばりしなければなりません。
 収穫にどう影響するか。来年はがまんしないといけないかもしれません。

 そのほかの南無谷の状況です。

 今年初めて実をつけたプルーンは、収穫時期が過ぎて落ちてしまったらしく、着いたときにはもう影も形もなくなっていました。また来年を期待しましょう。

 柿は、摘果していなかったので鈴なり状態。かなり落としました。10月の終わりか11月はじめが収穫の時期でしょうか。

Dscf1526t
 温州ミカンも、時期が遅れたけれど摘果しました。

Dscf1493t
 これは今年の新人、獅子ユズです。一番大きいのは直径13センチくらいありました。

Dscf1575_2
 キウイは数が少ない。来年は剪定をちゃんと勉強してやらないといけません。

Dscf1501t_2
 雑草に負けて消えていく花が多い中で、これは勢力範囲を広げていました。サルビア・ガラニチカあるはメドーセージという紫のサルビアです。

Dscf1541t

 オシロイバナはあちこちに広がって、ほとんど雑草あつかいです。

Dscf1506t_3

 ムクゲ。

Dscf1532_2
 ムラサキシキブ。
Dscf1559t

 この時期はやっぱりこれがいちばん目立ちます。富浦の町の中でもあちこちで見かけました。赤が鮮やかです。

Dscf1557t
  

|

« 南無谷で草刈り | トップページ | 円応寺は閻魔寺 »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南無谷で枝切り:

« 南無谷で草刈り | トップページ | 円応寺は閻魔寺 »