« 金沢文庫で一遍聖絵 | トップページ | 港南台の秋 »

2015年12月10日 (木)

称名寺

 県立金沢文庫一遍聖絵を見た後、隣の称名寺(しょうみょうじ)へも行ってきました。
  これが惣門赤門と呼ばれています。

Dscf2296_2
Dscf2297

 中へ入ると参道の途中に光明院(こうみょういん)表門があります。称名寺の塔頭のひとつの門だけが残っているようです。

Dscf2292
 横から見ると、ちょっとかわいそうです。

Dscf2294
 仁王門です。

Dscf2259_2
Dscf2260 Dscf2261

 
 仁王門を入ると広い浄土式庭園があります。けっこう大きな池に赤い反橋(そりばし)、平橋(ひらばし)が特徴的です。

Dscf2263
Dscf2264_2

 反橋を渡って平橋の向こうが金堂です。

Dscf2267_2

 これが金堂

Dscf2270

Dscf2271_2

 金堂の隣に釈迦堂があります。

Dscf2274

 鐘楼です。

Dscf2283

 派手な紅葉はありませんが、境内はすっかり秋の色です。

Dscf2254

Dscf2289
Dscf2278_2
Dscf2265
 裏山には金沢文庫をつくった北条実時御廟などがあって、称名寺市民の森になっています。この日は展覧会を見た後で夕刻がせまってきたので、登らないで帰りました。

 

 

|

« 金沢文庫で一遍聖絵 | トップページ | 港南台の秋 »

横浜散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 称名寺:

« 金沢文庫で一遍聖絵 | トップページ | 港南台の秋 »