« 永福寺の史跡 | トップページ | 横浜最高地点 »

2016年1月18日 (月)

獅子舞の紅葉

 永福寺跡(ようふくじあと)からしばらく行くと、山道に入ります。

Dscf2498

 谷あいの道を、獅子舞(ししまい)から天園(てんえん)へ登ります。

Dscf2501_2

 足元には落葉落葉。

Dscf2500

 よく見ると大半は紅葉じゃないか。しかももう茶色になっている。

Dscf2499
 赤いところへちっとも着かないはずです。
Dscf2503_2
 もちろん一部残っているところはありますが、期待していた、いちめんの赤はありません。
Dscf2502
 道が赤いところは、一週間くらい前ならよかったかもしれません。
Dscf2505_2
 残念ですが、この谷の紅葉はもう終わってしまったようです。
Dscf2507_2

Dscf2508_2
 そのうちに天園へ着いてしまいました。
Dscf2509_2
 天園から見下ろしたところ。また次の紅葉の時期に再度来てみることにしましょう。
 Dscf2511_2
 天園には茶店が二つあります。こちらは「天園休憩所」
Dscf2514_2
 ちょっと高いところにあるのが、「天園峠の茶屋」。
Dscf2518_2
 ここには面白い看板があります。この茶店のあたりが、海抜159.4メートルで横浜市の地理上の最高地点だというのです。ちょっと汚れていましたが。
Dscf2516t

 そしてここから天園ハイキングコース建長寺・円覚寺方面へちょっとだけ行くと、鎌倉市の最高地点、大平山(おおひらやま)があります。 

Dscf2523
山頂にはこんな看板があります。海抜159.2メートル。鎌倉アルプス最高峰とされていて、「鎌倉市最高地点」と書いてあります。

Dscf2525t
 さっきの天園が159.4メートルで、大平山が159.2メートルなら天園の方が高い。それなら鎌倉アルプスの最高峰は天園じゃないか、ということになります。
 天園はずっと尾根道で、どこが「てっぺん」なのかよくわかりませんが、天園から少し下がってまた上がり、いちおう山頂らしい格好をした大平山まで来ると、頂上だという感じがするので、わたしは大平山の方が高いものとずっと思っていました。これら看板の20センチの差がどこまで正確なのか、わかりませんが。
 天園の159.4メートルは横浜市だから、鎌倉市の最高地点はここだ、というのはいいとしても、鎌倉アルプスの最高点はどちらなのか、ちょっと気になります。

2

 山頂らしいと言っても、すぐそこにゴルフ場の建物があるので、それほどの達成感はありません。
Dscf2526_2

 ここから覚園寺(かくおんじ)の方へ降りてみました。ひょっとしてまだ紅葉の風景が見られるかもしれないと思ったからです。

Dscf2540_2
 ところが奥の本堂(薬師堂)などの拝観は、もう年末年始の休みになっていました。

Dscf2549t
 ここは入ってすぐ正面にある愛染堂です。
Dscf2152_2

 ここの紅葉も、もう終わりかけているようでした。

Dscf2547_2
Dscf2545

 また来ることにしましょう。

|

« 永福寺の史跡 | トップページ | 横浜最高地点 »

鎌倉散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 獅子舞の紅葉:

« 永福寺の史跡 | トップページ | 横浜最高地点 »