« 南無谷の柑橘類 | トップページ | 料理八百善 »

2016年3月28日 (月)

南無谷の春

 今回の作業のメインはビワの袋かけです。本来は11月から12月頃に花もぎ(摘蕾、摘花)をして、3月から4月に摘果・袋かけをするのですが、昨年は花もぎに来られなかったので、そのまま直接袋かけをすることになりました。

 花もぎをしていないとどうなるかというと、こんなふうにたくさん実がついたまま全体に大きくなっていきます。これではどれを残しても、大きく立派な実にはなりません。全部落とすしかありません。

Dscf3307

Dscf3306
 それでもそれなりの差がついているところもあります。これは一番大きいのに袋をかけ、他は全部落とします。
Dscf3276t
 袋をかけないで落とすだけという箇所がたくさんありました。昨年高い枝をかなり切ってしまったこともあり、今年かけた袋の数は例年の半分以下でした。近所では、冬のうちに非常に寒いときがあって、中のタネがずいぶんやられているという話もききました。
 ろくに手をかけていなくて、天候にも問題があったとなると、今年のできがよくないのは間違いないようです。とりあえずかけられるだけの袋はかけましたが、期待せずに、来年がんばることにしましょう。

 ビワの隣のプラムはほぼ満開でした。 今年も収穫が期待できそうですが、実るとどんどん落ちいくので、時期を見計らって来なければなりません。

Dscf3310
Dscf3313_2
Dscf3312_2
 梅はほとんど終わって、桜はまだまだでした。

Dscf3244
Dscf3247

 今回たまたまホームセンターで、花がたくさん咲いたゆすら梅の苗を見つけて買ってしまいました。実がちゃんとつくかどうか、ちょっと楽しみです。

Dscf3324_4
 水仙も終わりかけですが、まだ庭のあちこちに咲いていました。

Dscf3283

Dscf3339_2

Dscf3284
Dscf3250_2
 以前植えたまま手入れをしていない花が、あちこちにぽつりぽつりと咲いています。主なしとて春を忘れないけなげな花たちですが、仲間が減っているのがちょっとかわいそうです。

Dscf3286

Dscf3288t_2

Dscf3259

Dscf3291t

Dscf3249t_2
 富浦町の道の駅、枇杷倶楽部へ行ってみると、もうポピーが咲いていました。

Dscf3305
Dscf3295_2
 花壇の奥には川があって、堤には早咲きの桜と菜の花が咲いていました。

Dscf3298

Photo
 川の向こうは菜の花畑で、毎年この景色を見るのが楽しみです。

Dscf3296_2

  

|

« 南無谷の柑橘類 | トップページ | 料理八百善 »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217746/63385065

この記事へのトラックバック一覧です: 南無谷の春:

« 南無谷の柑橘類 | トップページ | 料理八百善 »