« 南無谷の春 | トップページ | 八百善の本1 »

2016年3月31日 (木)

料理八百善

 3月24日(木)、前にちょっと書いた 鎌倉の明王院の隣にある八百善へ行ってきました(→明王院の初不動)。江戸料理の名店です。
 学生時代の友人たちにうちの奥さんも加わって一行六人でした。

Dscf3365b
 こんな庭を通って行きます。

Dscf3360_2
Dscf3362_2

 この家、もとはどなたかの別荘だったそうです。

Dscf3361_2
 中はいくつかの個室に分かれていました。畳ではなくテーブル席でした。お膳には「詩は五山 役者は杜若(とじゃく) 傾はかの 芸者は小萬 料理八百善」という太田蜀山人の狂歌が書かれていました。

Dscf3351_2
 最初に出たのはブリのぬた。これがうまかった。厚切りのブリでワケギの酢味噌あえ、のっているのはショウガ。

Dscf3352_2

 お酒は鉄瓶に入った冷や酒で、赤い塗りの杯で飲めとのこと。ここは食器も、何のなにがしというものが揃っているらしいのですが、料理がうまく酒もうまい。酒が進むので、杯ではまどろっこしく、隣の湯呑茶碗に切り替えて飲んでしまいました。ついつい育ちが出ます。

Dscf3356t_2
 昼間からどんどん飲んだので出てきた料理もちゃんと覚えていない。写真も、いちいち撮っていられるか、となってしまったので、きちんと報告できませんが、ブリの後は「沢煮(さわに)」というウドやニンジンなどを煮たものが出たと記憶しています。おそらくその次がこの天ぷらです。

Dscf3353
 戦前、満州国皇帝溥儀が来日したとき、迎賓館での料理を八百善が担当しました。この皿はそのとき使ったもので、五爪の黄色い龍は皇帝をあらわしています。
 このお店、いつもは八百善十代目のご主人が料理や器の解説を丁寧にしてくださるようなのですが、この日はお留守で、配膳をしてくださった奥さんと息子さんの十一代目からは詳しい話は聞けませんでした。料理にまつわる話などがあれば、もう少しちゃんと記憶に残ったかもしれません。
 これは織部の器に入った茶碗蒸し。太刀魚が入っていました。

Dscf3357  Dscf3359_2

 この後は鶏のだんご、最後に寿司飯に赤だしだったと思います。きちんと記憶がたどれないのは情けないけれど、それくらい気持ちよく食べて飲んだということで、お店の方には納得してもらいましょう。

 店でいただいた「鎌倉逍遥」というフリーペーパーには、江戸料理は素材本来の味を大切にする、京料理の昆布だし中心に対し鰹節だしが中心と紹介されています。

Ss_2

 たしかに出汁の味は違います。わが家は高血圧対策で減塩メニューなので、うちの奥さんは、おいしかったけれどしょっぱかったと言っておりました。わたしは酒で口を洗いながらでしたので、特に気にならず、おいしくいただきました。
 季節ごとにメニューも器もずいぶん変わるようです。今度は料理や器の蘊蓄も聞きながら、食べてみたいと思います。

160324

|

« 南無谷の春 | トップページ | 八百善の本1 »

鎌倉散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理八百善:

« 南無谷の春 | トップページ | 八百善の本1 »