« 寸松堂と白日堂 | トップページ | 星の井と虚空蔵堂 »

2016年5月16日 (月)

横浜港遊覧

 5月12日、機会があって横浜港遊覧船マリーンシャトルに乗りました。
 前の日は朝のうち雨、その後も強い風が吹きましたが、この日は快晴。山下公園の新緑が鮮やかでした。

Dscf4220_2
Dscf4227
 花壇には薔薇がたくさん咲いていました。

Dscf4264t

Dscf4266t_2

Dscf4218_2

 氷川丸の前に修学旅行の中学生たちがやって来ました。なんとしゃべっているのは、なつかしの尾張弁です。わたしが初めて横浜へやって来たのも中学校の修学旅行で、この山下公園へ来たことを思い出しました。

Dscf4221_2
 当時はこんなビル群はありませんでした。もうよくは覚えていませんが。

Dscf4224
 氷川丸の隣が観光船乗り場で、ここからマリーンシャトルに乗ります。
Dscf4219
 左がマリーンシャトル、右は同じ観光船のマリーンルージュです。
Dscf4228

 マリーンシャトルは総トン数764トン、長さ46.17メートル、幅10.20メートルで乗客定員541名です。

Dscf4229

 二階で、手前はレストランになっています。

Dscf4248
 三階のオープンデッキ。オープンと言っても、透明の囲いがありました。わたしがいたのはここです。

Dscf4261

 濃い青の、マリーンシャトル60分コースを乗りました。

Route_map

 大桟橋とランドマークなどみなとみらい方面です。

Dscf4233

 たまたまこの4月30日に大桟橋へ行ったら、イギリスの豪華クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスが停泊していました。

P1010143

 これは総トン数全115,875トン、全長290メートル、幅41.5メートル、旅客定員2,674名、乗組員1,238名だそうです。

P1010145
 この横幅が41.5メートルだから、マリーンシャトルの全長とたいして変わりません。とにかく馬鹿でかい船でした。

P1010142_2

 ダイヤモンド・プリンセスと比べてはかわいそうです。マリーンシャトルだってそれなりに快適です。天気はいいし、波も高くなく、ほとんど揺れませんでした。
 ベイブリッジです。

Dscf4242
Dscf4244
 本牧ふ頭のガントリークレーン。
Dscf4245
 自動車運搬船の GENIUS HIGHWAY (ジーニアス・ハイウェイ)。全長 x 幅 が 199.95m X 32.26m、総トン数 58,767tで自動車(小型車)が約6500台積めるそうです。

Dscf4246
 東京電力横浜火力発電所。

Dscf4251
 これも自動車運搬船で、「 AIDA 」(アイーダ?)」です。横腹に見える「WalleniusWALLLENIUS WILHELMSEN (ワレニウス・ウィルヘルムセン)」はスウェーデンの海運会社の名前だそうです。これは 全長 x 巾が199m X 32.26m、総トン数 60,942tで
自動車(小型車)が約6700台積めるとのこと。
Dscf4253

 これは太平洋製糖の工場です。何年か前まで併設の「横浜さとうのふるさと館」という工程などの見学施設を公開していたのですが、今はその施設は閉鎖されているそうです。
Dscf4255_2
Dscf4258_2
 だいたいこんなところで横浜港周航は終わりました。快晴で波静か、快適でした。







|

« 寸松堂と白日堂 | トップページ | 星の井と虚空蔵堂 »

横浜散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217746/63621698

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜港遊覧:

« 寸松堂と白日堂 | トップページ | 星の井と虚空蔵堂 »