« 南無谷は草の中 | トップページ | 『あらゆる領収書は経費で落とせる』 »

2016年6月20日 (月)

鎌倉七口:化粧坂切通

 化粧坂切通(けわいざかきりどおし)は、鎌倉から藤沢方面へ抜けて、武蔵国の国府のあった府中へつながる路であったそうです。

Photo
 まず化粧坂という名前が気になります。ウィキペディアには
 ・平家の大将の首を化粧し首実験したから
 ・この辺に遊女がいたからという説
 ・険しい坂が変じたという説
など諸説が書いてあって、定かではないようです。
 また「けわい」というのは、「けはひ=気配」で、「身だしなみを整える」ということ。だから都市に入るとき境界で身だしなみを整えるところという説もあります。化粧坂という地名は各地にあって、そういう位置にあるところが多いとのことです。

 現在の化粧坂には「化粧」の気配はありませんが、舗装道路から坂道に出るあたりには、アジサイが咲いていました。

P1010168

P1010171_3

 この碑は「鎌倉町」ではなく「鎌倉市青年会」になっています。建立が昭和15年で、前の年、昭和14年に鎌倉は市になっています。

Dscf1312
 舗装が切れると、坂道というより山道になります。

P1010174t_2

 ここは新緑の頃がきれいだと誰かが書いていました。新緑よりちょっと濃くなったというところです。

P1010176

 道の真ん中にこんな岩があるのは、防衛のためわざと置いてあるものでしょうか。

P1010177
 道は険しいけれど、それほどの時間はかかりません。まもなく源氏山公園に出て、切通は終わりです。
P1010179
 化粧坂はこれで終わりですが、おまけです。

 化粧坂を降りて海蔵寺の方に向かうとこんな看板のある家があって、さすが鎌倉、という気がします。武田流というのは、鶴岡八幡宮に流鏑馬を奉納している二つの流派のうちのひとつです。先祖の武田信光はこのあたりに屋敷があったといいます。

P1010156ts_4
 これは英勝寺の近くにある阿仏尼の墓。阿仏尼(あぶつに)は十六夜日記の作者です。
P1010152_4








|

« 南無谷は草の中 | トップページ | 『あらゆる領収書は経費で落とせる』 »

鎌倉散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉七口:化粧坂切通:

« 南無谷は草の中 | トップページ | 『あらゆる領収書は経費で落とせる』 »