« 東北5 宮古・釜石 | トップページ | 東北7 気仙沼 »

2016年7月21日 (木)

東北6 南リアス線・陸前高田

南リアス線

 三陸鉄道南リアス線北リアス線と同じく窓の外は海できれいだ。これは唐丹(とうに)か吉浜のあたり。

Dscf4583_2
 漁港ごとに工事現場が見えるのも変わらない。甫嶺(ほれい)駅のあたり。

Dscf4591

 途中、こんな駅があった。なんと「恋し浜」という。駅名看板の隣には「幸せの鐘」がぶら下がっていた(写真には写っていない)。少し停車するので、ホームに降りて鐘を鳴らすことができる。

Dscf4595_2
 そしてさらにホタテの貝殻に願いごとを書いて吊すのだという。ホタテの絵馬と呼ばれている。

Dscf4594t
 最近あちこちの岬や浜辺あるいは高原の丘の上などに「愛の鐘」や「恋の鐘」をぶら下げるのがはやっているようだ。二人で鐘をならせば幸せになれるとか、怪しげな伝説がついていたりするらしいが、そんなもの二人で旅行に来られるくらいなら幸せに決まっている。独り者の旅行者の気持ちも考えろ、と思っているうちにひらめいた。ここはひょっとしたら「小石浜」だったのではないか。
 帰ってから調べてみると、そのとおり2009年に「小石浜駅」を「恋し浜駅」に改名したそうだ。伝説どころかただのダジャレであるが、三陸鉄道も集客にがんばっているということで、よしとしておこう。

BRT

 南リアス線の終点(さかり)駅に着いて、ここでBRT(Bus Rapid Transit バス高速輸送システム )の大船渡線に乗り換える。
Brtdscf4596t
 駅のホームにバスが停まっている。

Dscf4597brt_3
 BRTというのは、バスを最優先に通行させる都市交通システムという意味らしいが、日本では、廃線になった鉄道の線路敷を走行する路線バスというイメージが強い。ここでも、大船渡線を復旧させる代わりに、その線路敷をバスが走っている。場所によっては一般道路も通行するが、基本は線路敷きを舗装した専用通路である。

Dscf4598brt_3
 これはなかなか面白い。一般道路が交差するところには踏切があるが、通常の踏切とは逆に路線側を遮断している。バスが近づくと踏切が上がって、通過するとまた降りる。路線内に一般車を入らせないための踏切だった。
 もともと単線だったから、バスも基本は一車線道路で、途中すれ違いの停車もある。

Dscf4602t_2

陸前高田

 陸前高田駅。このあたりは一般道路を走っている。三年前来たときには何もなかったがこんな駅ができていた。(→東北2 陸前高田

Dscf4607_2
 奇跡の一本松が見えてきた。

Dscf4610_2
 「奇跡の一本松」バス停で降りる。
Dscf4646_2
 三年前はバスの中から見ただけだったが、今はまわりが整備されて、すぐ下まで行ける。背景に壊れたユースホステルの建物が残っているのが痛々しい。これが防波堤になったから一本松が生き残ったという。
Dscf4617_4
 しかしその後枯死してしまった松を、幹の防腐処理や枝葉の合成樹脂による複製などで再現させたのがこれ。やはり生きているようには見えない。それがなんだかもの哀しい。
Dscf4616
 一本松の近くには金網の向こうに大小様々の石材がたくさん並べられていた。貼られた札には「字○○○遺失物」とある。遺失物には違いないだろうけれど…引き取る人もいないのだろう。

Dscf4628_3
 一本松からちょっと離れたところの「道の駅高田松原」。前回も訪れた。これも震災遺構として保存されている。

Dscf4634_2
ここまで津波が来たという表示がある。

Dscf4635t_2
 道の駅の前のガソリンスタンドの看板も残されていた。これは看板のてっぺん左に水位を示す矢印がある。

Dscf4641
 そしてこれは、あの有名な土砂運搬用のベルトコンベヤーの一部。取り壊しが進んでいて、七月中には終了するらしい。

Dscf4613_2
 山を削って宅地を造成するとともに、その削った土を低地のもと市街地まで運んで地面をかさ上げするという大工事。コンベアーの高さは約20メートル、総延長は3キロもあったという。もうこれしか残っていないが、これだけでも十分巨大である。
Dscf4626
 巨大な自然災害に人間は巨大な工事で対抗しようとしている。しかしどこまでいったら人間の力が自然の巨大さに太刀打ちできるようになるのか。今はともかく工事を完成させることが一番大事なのだろうけれど、ついついそんなことを考えてしまう。


 

|

« 東北5 宮古・釜石 | トップページ | 東北7 気仙沼 »

窮居堂旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北6 南リアス線・陸前高田:

« 東北5 宮古・釜石 | トップページ | 東北7 気仙沼 »