« 一月一日横浜 | トップページ | J77 英語のジョークあれこれ »

2017年1月16日 (月)

初詣2017

 今年は1月10日にようやく初詣でした。鎌倉の鶴岡八幡宮です。

Dscn0067

 古いお札や正月飾りを納めてから参詣です。

Dscn0081_2


Dscn0074t_3 新しいお札をもらって、おみくじを引いたら、今年はなんと「」が出ました。やれやれ、と思ったらうちの奥さんは「大吉」でした。

  すなほなる幼な心をいつとなく
  忘れはつるが惜しくもあるかな

だそうです。いつまでも幼な心で生きていけるほど人生は甘いもんじゃありませんよ、と八幡様に言ってみたいような気もしますが、正月ですし八幡様にも言い分があることだろうと、ここは押さえておきましょう。
 うちの奥さんの方は

  白雲に羽うちつけてとぶ鶴の
  遙かにひろき世の見ゆる哉

鶴が気持ちよさそうに飛んでいます。なんでこんなに違うんだ。
 しかし凶のくじの個別の項目を見ると、とりたてて騒ぐほどのことは書いてありません。
 「願望」 意外なことに遇うが心配ない
 「病気」 軽いと思うのが失敗のもと
 「事業」 先輩とよく打合せてやりなさい
 まあ普通に暮らしていけば大丈夫のようです。

 八幡様に了解の意をあらわすため、おみくじを近くの枝に結ぼうとしたら、凶・大凶のくじは赤い「凶運みくじ納め箱」に納めてくださいと書いてありました。
 「赤い箱」なんてどこにあるんだ、と思わず声を上げたら、通りがかりの女性が、あちらにありましたよ、とわざわざ教えてくれました。凶運の人だと同情してくれたのかもしれない。
 拝殿の脇の方にありました。こんなものがあったとは今まで気がつきませんでした。

Dscn0077_2
 上の方に納め方の作法が書いてあります。おみくじを結んで入れたら、箱の上の破魔矢の矢鏑(やかぶら)の部分をつかむと、「凶運」が「吉運」「強運」になるそうです。いつからこんな作法ができたんだ。

Dscn0079
 なにはともあれちゃんと握ってきました。これで八幡様も納得してくれたことでしょう。

 本殿のさらに脇の方にある丸山稲荷にも詣でてきました。

Dscn0084
 ここの参道に並んだ鳥居の一番前に、こんな名前がありました。

Dscn0083t
 珍しい名前だから、あの漫画家の「えびす」さんでしょう。ちょうどこの日は10日。「十日戎(えびす)」でおめでたい、ということで写真を載せておきます。

 この後は浄妙寺へも行きました。前に浄妙寺の梅で紹介しましたが、広くてのんびりしていていいところです。

Dscf5854
 もう梅が咲いていました。

Dscf5852
 そして臘梅(ろうばい)。

Dscf5856
Dscf5859
 このお寺の参道にはこんな家があります。大きな桜の木のために塀を切りとったようです。

Dscn0087_2
 桜の季節にまた来てみたくなりました。

 

 

|

« 一月一日横浜 | トップページ | J77 英語のジョークあれこれ »

鎌倉散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初詣2017:

« 一月一日横浜 | トップページ | J77 英語のジョークあれこれ »