« 自家製本4 表紙2 | トップページ | 自家製本5 年賀状 »

2017年1月30日 (月)

J78 英語のジョークあれこれ2

 英語の「しゃれ」は、なかなかピンとこないという話は前に書いた。(→JB45 英語のジョーク6
 今回はその広永周三郎『英語のしゃれ』(太陽出版、1980)からの本の出てくるジョークなので、おもしろいとはいいにくいが…

Photo

ベストセラー

 A bestseller is a book on the jacket and no jacket on the heroine.

ベストセラーはジャケツを着ていない女主人公の絵がジャケットに載っている本。

 jacketは「本の外装カバー」でもあり、衣料品の「ジャケツ」でもある。英語では同じことばでも、意味が違うと、日本語では違った読み方になる例。(p46)

 蛇足ながら解説すると、本のカバーのことを英語ではジャケットという。そのジャケットに、ジャケットだのなんだの余計なものを着ていないヒロインの姿が載っている本がベストセラーになる、ということ。
 いまどき「ジャケツ」と言われてもわからない人の方が多いだろう。
 昔は「ジャケット jacket 」を「ジャケツ」と言ったのである。美空ひばりに「縞のジャケツのマドロスさんは、パイプふかして、タラップのぼる 」という歌があるくらいだ。「ジャケツ」の方が原音に近いか。
 

男の好み

  The reason women perchase more girdles than they do books may be because men seen to like a well-formed woman better than weii-informed one.

 女性が本よりガードルを多く買う理由は男性が博識な女性より姿のよい女性を好むらしいからだろう。

 well-formed(姿がよい)と well-informed(よくものを知っている)…… in のあるなしで全然違うタイプの女性になる。(p115)

 次は丸山孝男『英語脳はユーモア・センスから』(KKベストセラーズ、2005)より。

Photo_2

ローマ建国(仮題)

How do you know that Rome was built at night?
Because all the books say it wasn't built in a day.

「ローマが夜に建設されたなんてこと、どうしてわかるんだい?」
「どの本にも、ローマは1日で(昼に)できたのではないって書いてあるよ」
→ことわざ、Rome was not built in a day. 「ローマは1日にして成らず」から。(p76)

泣けるブック(仮題)

Last night I read a book that brought tears to my eyes -- it was my bankbook.
昨日の夜、ブックを読んでいたら、目頭が熱くなったよ。自分のバンクブック(銀行預金通帳)だがね。(p83)

|

« 自家製本4 表紙2 | トップページ | 自家製本5 年賀状 »

本のジョーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J78 英語のジョークあれこれ2:

« 自家製本4 表紙2 | トップページ | 自家製本5 年賀状 »