« 一人の方の本 | トップページ | JB48 ジョーク集あれこれ2 »

2017年2月27日 (月)

JB47 ジョーク集あれこれ1

 これまでジョーク本を少しずつグループに分けて紹介してきたが、グループ分けがうまくできないものがある。「あれこれ」ということで、そういうものも少しずつ紹介していきたい。

178 ショート・ジョークじゃものたりない

Photo

    (書名)  ショート・ジョークじゃものたりない
          キションのストーリー・ジョーク1
      (著者)   E・キション
           原 ゆう 訳
      (出版者) 角川書店
      (形状)     文庫
      (頁数)    212
      (出版年)  1985/05/10

・題名どおり、ジョークというには長い、短い小説のような、おもしろエッセイのようなものを集めてある。

・筒井康隆が帯と巻末に推薦文を書いている。なるほど筒井好みの、シュールで馬鹿馬鹿しい話がある。
 「ナポレオンが降伏したわけ」は、ナポレオンが作戦会議や戦争で忙しいさなかに、そんなことは眼中になく妻はひたすら「片付かないからさっさと食事をすませて!」と言い続けるという話。筒井の作品にありそうだ。
 「ご贈答用原子爆弾はいかが?」は、いとこから原子爆弾が贈られることになって、核軍縮会議に出るのは面倒だとか、こわれたらどこで修理しようかと悩んだりする話。これもシュールで筒井風だが、落ちが「届いたら玩具だった」というのはいただけない。

・作者はハンガリー出身のイスラエル人だという。生活や文化の違いか、わたしにはピンとこなかった。だからこの作者の他の本は手放してしまい、これしか残っていない。

 

179 ジョークの方程式

Photo_2

    (書名)  ジョークの方程式
          完全無欠なお笑いのサイエンス
      (著者)   ジョーク東郷
      (出版者) 同文書院
      (形状)     B6変形
      (頁数)    207
      (出版年)  1997/03/08

・ジョークの紹介をしながら構造を分析して、さらにジョークの作り方まで教えようということ。 しかし残念ながら肝心の用例がおもしろくない。だから構造だのなんだの言われてもさっぱりアタマに入らないし、納得もいかない。
 だから引用なし。

180 もし世界が80問のジョークだったら

80_2

    (書名)  もし世界が80問のジョークだったら
          アタマのこりをほぐす笑いの泉
      (著者)  竹村健一、田澤拓也
      (出版者) 太陽企画出版
      (形状)    四六判ソフトカバー
      (頁数)    189
      (出版年)  2002/04/25

・題名から、『世界がもし100人の村だったら』(マガジンハウス、2001)がベストセラーになったので、人気のおこぼれを狙った本だと思われる。

・ジョークの落ちがどうなるかを質問の形にしてある。使われているジョークはいずれもどこかで聞いたことがあるようなものばかり。もとのジョークは4、5行じゃないかと思われるものが、ジョーク1問で見開き2頁にするためにか、やたら長くなっている。そのためか、登場人物を「アメリカの著名ジャーナリスト、ハルバルキターゼ」とか「大泉純二郞首相」と名付けたり、余計な描写がくっつけたりして、かえって興ざめになっている。
 長いので引用なし。
 

 「あれこれ」の一回目は、わたしがあまり感心しなかった本ばかり並べることになってしまった。

|

« 一人の方の本 | トップページ | JB48 ジョーク集あれこれ2 »

ジョークの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217746/64942548

この記事へのトラックバック一覧です: JB47 ジョーク集あれこれ1:

« 一人の方の本 | トップページ | JB48 ジョーク集あれこれ2 »