« 目黒不動尊 | トップページ | 里山ガーデン »

2017年4月17日 (月)

武相荘

 4月6日、東京都町田市鶴川にある旧白洲次郎邸「武相荘(ぶあいそう)」へ行ってきた。
 武蔵と相模の国境にあって、主が無愛想だからこう名付けたという。

         Photo_8   Photo_10

   最初、わたしは白洲次郎(しらすじろう)をあまり良く思っていなかった。
 「占領軍に抵抗した男」というけれど、晩年は軽井沢のゴルフ場でえらいさんとして君臨し、マナーの悪い客を怒鳴りつけていたという話を断片的に読んで、ただの癇癪持ちの傲慢な爺じゃないかくらいに思っていた。
 しかしちょっと本を読んでみると、どうも筋の通った立派な男だったと思わざるを得なくなってきた。それであらためて敬意を表するためにやってきたというわけだ。

 これが屋敷への入口の長屋門。

Dscf6107

 入って右手がレストランになっており、奧の母屋が資料館になっている。
Dscf6115_2

 これが母屋。

Dscf6106_2
 レストランのベランダにはちょうどオウバイが咲いていた。

Dscf6119

 昔よくあった農家の建物で、ここは養蚕農家だったらしい。
Dscf6103

 母屋の中はミュージアムとして、妻の正子の書斎や所蔵品なども展示してある。撮影禁止なので、パンフレットの写真を掲げておく。

Photo_3

 どうして白洲はこの家を買ったのか。
 若い頃にケンブリッジ大学に留学し、実業界に身を置きながら近衛内閣のブレーンのようなこともしていた白洲は、日独伊防共協定が結ばれるような国際情勢から、このままいけばアメリカとの戦争は必至だと考えた。そうなれば東京は爆撃に遭い、日本は敗れると予測し、来たるべき食糧難に供えて、昭和15年、39歳の時にこの建物と農地を買い、政治や実業の一線から離れてここで農業に励んだのだという。
 また戦争を避けさせることはできなかったが、英国流の「カントリー・ジェントルマン」として、「いざ鎌倉という時は、中央へ出ていって、彼らの姿勢を正す」というつもりでもあったという。見事な「読み」であり、身の処し方である。

 そして敗戦後の昭和20年には、知己であった当時の外相吉田茂から請われて終戦連絡事務局に籍を置き、ほぼ占領の全期間中、GHQ当局との交渉に当たることになる。
 この間、マッカーサーを叱りつけたとか、イエスマンが多い日本人の中で「従順ならざる唯一の日本人」と言われたとかの伝説が残っている。
 芦屋の金持ちの家に生まれて驕慢に育ち、英国貴族流の教育を受けて英語に堪能だったうえ、「プリンシプル」にこだわる白洲にとっては、GHQの若くて無経験で、幼稚な理想論をふりかざすアメリカ人などどれほどのものか、というところだったのだろう。
 戦争に負けたのだから力関係は歴然としているので、最終的には言うことを聞かざるをえないとしても、その前に言うべきことはきちんと言っておかなければならないというのが、白洲の「プリンシプル」であったようだ。
 GHQからの口頭の指示をそのまま実施したものが多々あった。中には後日物笑いになるような馬鹿なものがあっても、口頭では証拠がないから日本政府が勝手にやったことにされてしまう。白洲は、口頭での指示には徹頭徹尾紙に書いてくれと食い下がって嫌われたと書いている。(『プリンシプルのない日本』(新潮文庫、2006))

 白洲について書くと長くなってしまう.。今回は武相荘の紹介に留めることにする。
 庭の古仏と塔。

Dscf6117 Dscf6116

 裏の小さな山。散策路がある。農地はもうないようで、それほど広くはない。

Dscf6104
 長屋門の前には納屋があって、1916年型ペイジSix-38というクラシックのアメリカ車が置いてある。白洲次郎がまだ17歳のときに父親から買ってもらったものの同型車で、エンジンは3.7リッター、5座席とかなり大きい。当時これで神戸を走り回っていたというから庶民とはスケールが違う。

Dscf6113_2
 軽井沢ゴルフ倶楽部で威張っていたという話も、倶楽部のメンバーだったT首相が新任のアメリカ大使と日曜日にプレーしたいという申し出を「ウチは日曜日にはビジターを入れない」と断ったとか、護衛が必要ならゴルフなんかするなとN首相の護衛をコースから追い出したという話になると、威張り方のスケールが大きすぎて、ただ威張りん坊だったのではなく、ここでも「プリンシプル」に非常に厳しかったのだという話かと思わざるをえない。キャディや従業員にはやさしくて、とても慕われていたという。
 とにかくなかなかの人物だったと言わざるを得ない。

(参考)

Photo_4       文藝別冊『総特集 白洲次郎』(河出書房新社、2002)
  Photo    青柳恵介『風の男 白洲次郎』(新潮文庫、2000)
Photo_2      白洲次郎『プリンシプルのない日本』(新潮文庫、20006)

Photo_6      鶴見紘『白洲次郎の日本国憲法』(光文社知恵の森文庫、2007)

|

« 目黒不動尊 | トップページ | 里山ガーデン »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217746/65140202

この記事へのトラックバック一覧です: 武相荘:

« 目黒不動尊 | トップページ | 里山ガーデン »