« ビワの収穫 | トップページ | 写真の力 »

2017年6月26日 (月)

コガタスズメバチ

 ビワの収穫時期はハチの巣作りの時期でもあります。予防のため先月、ベランダの天井にハチジェット・スプレーを噴霧して帰りました。そうしたらベランダには巣はありませんでしたが、噴霧しておかなかった肥料などの置場の軒下に作られていました。
 スズメバチ用ハチジェットは勢いが強くてずいぶん遠くまで飛びます。その分ちょっと長目に使っているとすぐなくなってしまいます。一本千数百円もするので、つい余計なところは控えたくなりますが、あまり倹約しない方がいいのかも。

Dscf6485t_2

Dscf0602 5月頃、女王蜂が一人で作る巣は、はじめのうち左のようなトックリ形をしています。左は一昨年(2015)ベランダに作られた巣の写真です。
 それが働き蜂の羽化が始まると、中央の細長い首がなくなって、丸く、大きくなっていくそうです。
 今年はちょうど首がなくなって大きくなりはじめたところでしょうか。

 コガタスズメバチの姿が見えます。コガタと言っても、普通のハチより大きく強そうです。
 白い幼虫だかサナギだかの姿も見えます。

Dscf6485tt_2
 夕方、ハチの姿が見えなくなったところで、ハチジェットの噴霧攻撃をかけました。黒い大きなハチが飛び出して逃げていきました。女王蜂でしょうか。そのあとひとまわり小さな白っぽいハチが飛び出していきました。あれは羽化したばかりの働き蜂だったのか、よくわかりません。
 噴霧中、左腕がチクッとしたので一瞬スズメバチの逆襲かとヒヤリとしましたが、見たら蚊でした。ああよかった。
 噴霧後、長い棒でつついて落としました。下に落ちてバラバラです。外の皮は非常に薄い。
Dscf6494t

 幼虫と、白っぽいのはサナギでしょうか。迷わず成仏していただきます。
Dscf6496t_2

 デイゴは真っ盛り。これは枝を切っても切っても伸びてきます。

Dscf6474t
 これは正しくはアメリカデイゴといって、同じ仲間だけれど沖縄のデイゴとはちょっと違うらしい。
 Dscf6507t_2
 サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)。この花の名前はちっとも覚えられません。いつもクマバチがやってくるのでムラサキクマバチヨセというのを考えましたが、全国的に認められるとは思えません。誰かわかりやすい和名をつけてくれませんか。
Dscf6509t_2
 あとはアジサイ。

Dscf6516t_2

Dscf6505t


Dscf6511t_2
 これは??

Dscf6506t

|

« ビワの収穫 | トップページ | 写真の力 »

南無谷おりおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217746/65438820

この記事へのトラックバック一覧です: コガタスズメバチ:

« ビワの収穫 | トップページ | 写真の力 »