« 「家族はつらいよ2」 | トップページ | JB58  「ジョーク世界一」2 »

2017年7月17日 (月)

中綴じの冊子づくり

 中綴じの文庫版サイズで小冊子を作りたいと思っていた。その原稿がちっともできないので、とりあえず試しに「江南漢詩集」というのを作ってみた。
 本文は、中国江南に関する漢詩の原文と読み下し文に簡単な注釈がついただけのもので、ハガキサイズで全20頁。A5用紙裏表5枚分。
 中綴じ用の印刷は、前に「自家製本1 印刷」で書いたように、ワードでつくったものをPDFに変換して印刷した。
 ワードでそのまま印刷した方がきれいなのだが、横書きで左から開くのが標準仕様なので、縦書き右から開きをどう印刷するのかよくわからない。やっているうちに裏表で上下がひっくり返って印刷されて出てきたときは驚いた。手動で紙を入れ替えての両面印刷ならできるようだが、いちいち面倒なので結局今回もPDFで印刷した。
 印刷するときは、「小冊子」「両面で印刷」で、綴じ方「右」に注意。

Photo_22

 印刷された本文に厚めの紙で表紙をつける。写真用光沢紙が余っていたので使ってみた。

Photo
 二つ折りにした中身を表紙でくるんで、頁の真ん中で綴じるのが中綴じ。ホチキスで綴じればすぐできる。しかし普通のホチキスでは見開いた本の真ん中まで届かないが、最近、中綴じのできる便利なホチキスが発売されている。

Photo_3
 針の向きが九十度変わるのだ。

Photo_5
 こうやって本文をはさめば、真ん中の折れ目に沿って針を打ち込むことができる。
Photo_7
 「マックス MAX ホチキス ホッチキス タテヨコ ホッチくる 15枚とじ ブルー HD-10V/B」。これで468円。なかなかのすぐれものだ。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000O9YE9A/ref=oh_aui_search_detailpage?ie=UTF8&psc=1                                                                                                 Photo_9

Photo_17Photo_18

実際に綴じる時は、背中の方から打つ。こうすれば針の先が本の中に隠れて、表に出てこない。

 これでできあがりだから、印刷さえできれば簡単なもの。表紙を別の紙にしなければもっと簡単にできる。

 

Photo_21
 今回も両面印刷中に、プリンターから二枚くっついて排出されることがあって苦労した。もう少し上級のプリンターに買い換えないとだめだろうか。

 「江南漢詩集」の中身が気になった方のために。(たいしたものではありません)

 「Konan_Kanshi.pdf」をダウンロード


   

 

|

« 「家族はつらいよ2」 | トップページ | JB58  「ジョーク世界一」2 »

日曜大工、DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217746/65538229

この記事へのトラックバック一覧です: 中綴じの冊子づくり:

« 「家族はつらいよ2」 | トップページ | JB58  「ジョーク世界一」2 »