« 京都で会津 | トップページ | フリン解散 »

2017年9月28日 (木)

JB68 英語のジョーク6

 「JB43 英語のジョーク5」で紹介した「172 アメリカン・ジョークに習え!」の第二集があった。未紹介の英語学習用のジョーク本は、この他にもたくさんあるが、とりあえずこれだけ紹介する。 

Photo

(書名) アメリカン・ジョークに習え!2
(著者)  森宗貴 訳編
(出版者) アルファポリス
(形状)    文庫
(頁数)   216
(出版年) 2007/07/20

・第一集と同じく、なかなかおもしろい。文末に「オチの解説&コメント」という、それぞれのジョークの簡単な解説もあり。

 

Silent Treatment
A man and hiz wife were having some problems at home and were giving the silent treatment.

The next week the man realized that he would need his wife to wake him at 5:00am for an early flight to Sydney. Not wanting to be the first to break the silence, he finally wrote on a piece of paper. "Please wake me at 5:00am".

The next morning the man woke up, only to discover it was 9:00am, and had missed his flight.

Furious, he was about to go and see why his wife hadn't awakened him when he noticed a piece of paper by the bed. It say "It is 5:00am,wake uo! "

だんまり合戦
夫と妻が家庭内のことでもめてしまい、お互いにだんまりを決めこんでいた。

次の週、夫は、シドニーへの早朝便に搭乗するために、どうしても妻に頼んで朝5時に起こしてもらわなければならなかった。先に沈黙を破りたくなかった夫は、紙切れに「朝5時に起こしてくれ」と書いておいた。

翌朝、夫が目を覚ますと、時計の針は9時になっていた。飛行機に乗りそこねてしまっていたのだ。

激怒した夫は、何故起こしてくれなかったのかと文句を言いに行こうとした。枕元の紙切れに気がついたのはそのときだった。そこにはこう書かれていた。「朝の5時よ、起きて!」(p14)   

 

Children
You spend the first 2 years of their life teaching them to walk and talk.

Then You spend the next 16 telling them to sit down and silent.

こども
生まれてからの2年間、親は子供に歩き方と話し方を教える。

その後の16年間は、座っておとなしくしていなさいと説教する。(p18)

 

Necessity
A man will pay $2 for a $1 item that he needs.
A woman will pay $1 for a $2 item that she doesn't need.

買い物上手
男は1ドル相当の必需品を2ドルで購入してしまう。
女は2ドル相当の不要品を1ドルで購入してしまう。(p36)

 

A Morlal Lesson
A mother was preparing pancakes for his sons, Kevin 5 and Ryan 3.
The boys began to argue over who would get the first pancake. Their mother saw the opportunitiy for a moral lesson. "If Jesus were sitting here, He would say, Let my brother have the first pancake. I can wait.

Kevin turned to his younger brother and said, "Ryan, you be Jesus."

道徳教育
母親が二人の息子たちにパンケーキを用意してあげた。ところが、5歳のケビンと3歳のライアンはどっちが先にそのパンケーキを食べるかで言い争い始めてしまった。そこで母親はここぞとばかりに道徳教育を実践した。「もし、ここにイエス様がいたら、きっと「汝の兄弟に最初にパンケーキを与えよ。われは待てり」っておっしゃるわよ」。

そこでケビンはライアンに向かって言った。「ライアン、おまえがイエス様やれ」(p154)

 

|

« 京都で会津 | トップページ | フリン解散 »

ジョークの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JB68 英語のジョーク6:

« 京都で会津 | トップページ | フリン解散 »