« トランプ予言2 | トップページ | 京都で会津 »

2017年9月21日 (木)

JB67 放送作家のジョーク集2 

 「JB15 放送作家のジョーク集」で、次の三冊を紹介した。

59 ジョーカーズ・バイブル(城悠輔)
60 世界が嗤う日本のジョーク(はかま満緒)
61
 ジャパニーズジョーク辞典(吉川スミス)

 はかま満緒の本がもう一冊あったので、今回はそれを紹介する。

   

216 はかま満緒のコント笑話史

Photo_3

    (書名)  はかま満緒のコント笑話史
      (著者)  はかま満緒
      (出版者) 徳間書店
      (形状)   文庫
      (頁数)    151
      (出版年)  1983/02/15

・残念ながらこの本はあまり面白くない。「笑話史」と銘打っているが、「史」の部分は見当たらない。ジョークも翻訳ネタが多そうだ。

駅にて
「往復の乗車券ください」
「どこまでです?」
「なにをとぼけてるんだ、往復だよここからここまでに決まってるはないか!」(p51)

 

デパート
「おめでとうございます。貴女が当デパートにいらした百万人目のお客さまです。ハワイ旅行へ御招待申し上げます」
「ホ、ホントですか」
「ハイ、ところで、今日は、当デパートになんのご用でおいでになったんですか」
「ハイ、もういいんです」
「そうおっしゃらずに、婦人服売り場ですか? それとも宝石売り場?」
「いえ、その……苦情係へ」(p54)

転職時代
「ちょっとあなたは転職の回数が多いようですな。うちへ来られても、またすぐやめるんじゃないでしょうね」
「はあ、その点はご心配なく、これまで私のほうからやめようと思ったことは一度もありませんので……」(p64) 

 

原因
「おじさん、村長の選挙に破れてから離婚をしたんですって?」
「お前さん、私の票数を見なかったのかい、一票しかなかったんだ!」(p110)

 

新聞
「有名人がどんどん少なくなってくねえ」
「どうして?」
「だって、いつも有名人の死亡記事が出てるが、有名人が誕生した記事は見たことないもん」(p134)

 

 

 

|

« トランプ予言2 | トップページ | 京都で会津 »

ジョークの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JB67 放送作家のジョーク集2 :

« トランプ予言2 | トップページ | 京都で会津 »