« JB69 指導者たちのユーモア2 | トップページ | JB70 ロシア・ソ連のジョーク集3 »

2017年10月 9日 (月)

小池出馬は?

 床屋政談は忙しい。10月1日に「フリン解散」を書いたあと、10月2日には立憲民主党ができた。この間の民進党の候補者を選別排除する動きから、希望の党の人気にも翳りが出てきて、当初の安倍対小池の政権選択選挙にはならなくて、民進党が解党しただけで、結局自公は過半数を維持しそうな勢いになってきた。
 わたしが必ず出ると予想した小池知事の衆院選出馬も見送り、という雰囲気になってきた。  
 選挙の方は、希望の党独自の候補者は中身がなくて風頼みばかり。民進党からの候補者は、もともと危ないから逃げてきた人が中心だから、どれほどの成果が上がるか疑問が残る。どれだけの風が起こるか不安だ。
 都政を放り出したという批判を避けるためには、それなりの後継者を立てなければならない。それも地味な元官僚などではなく、取り沙汰された野田聖子代議士クラスの有名人でなければならない。それが見つからない。
 ここでさらに風を起こすためには知事自身の出馬が必要だが、このまま出馬して、選挙に大勝ちできなければ最悪の結果になると読んだのか。一歩引いて、知事の座を確保したまま、選挙結果を見ての合従連衡に賭けようということだろう。

 しかしこれは甘い。今出馬しなければ小池旋風は次第に衰え、選挙結果もぱっとしないだろう。
 その後の合従連衡といっても、少ない議員では大きな力は持てない。その議員も元民進党の面々が中心になるだろうから、都民ファーストのような素人集団と違って、そうそう小池知事を畏れ敬ったりはしない。威令は行き届かず、早晩また選別排除が起こり分裂する。
 小池知事、自分の力を過信しているのではないか。外面をつくろうことはできても、組織の地道な運営のような面倒な仕事は苦手なようだ。
 東京都政についても、豊洲・築地がどうなるか。都庁の役人をうまく使っているようには思えないところへ、今回の件でメッキが剥げてきて「面従腹背」が増えそうだ。さらに「ファースト造反者」が出た都議会は今後どうなるか。造反者がさらに増え、自民党の抵抗が強くなることが予想される。
 現在は、誰かにあとの面倒を託して逃げ出す絶好の機会だ。
 だから、わたしはまだ、明日10日、衆院選に突然比例区一位で出馬するのではないかと思っている。そうしなければ、この後は小池知事の没落の始まりとなるだろう。
 床屋政談、衆院選の怪の巻。はたしていかがなりますことやら。

|

« JB69 指導者たちのユーモア2 | トップページ | JB70 ロシア・ソ連のジョーク集3 »

なむや文庫雑録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小池出馬は?:

« JB69 指導者たちのユーモア2 | トップページ | JB70 ロシア・ソ連のジョーク集3 »