« 江南6 杭州霊隠寺 | トップページ | 江南8 西湖を歩く1 »

2017年11月27日 (月)

江南7 霊光菜館

霊光菜館
 昼食は西湖の近くの霊光菜館( 簡体字「灵光菜馆」 )だった。

Dscf6759t
 昼間から中華のフルコースという感じで、ずいぶん品数があった。

Dscf6763
 地元の料理がいくつか出た。東坡肉(トンポーロウ)は杭州名物のひとつで、詩人の蘇東坡(蘇軾)が考案したとされる。この後の他の店でもよく出た。
 しかし本場の東坡肉は意外に素っ気ない味で、これなら日本の方がうまいと思われた。わたしはこれが好きなので、ちょっと残念だった。

Dscf6760tt
 これは叫化鶏(きょうかどり、チャオ・ホア・ジ)。叫化とは物乞いのことで、別名乞食鶏。英語名は”Beggar's Chicken”である。
 その昔、乞食がたまたま鶏を手に入れたが、調理器具がなく泥で鶏を包んで土の中に埋め、その上で焚き火をしたらとてもおいしかったのが始まりだという。
 鶏を蓮の葉でくるんでさらに粘土で全体を包み、丸ごと蒸し焼きにするのだそうだ。これはなかなかいけた。

Dscf6760t

 

 

|

« 江南6 杭州霊隠寺 | トップページ | 江南8 西湖を歩く1 »

窮居堂旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江南7 霊光菜館:

« 江南6 杭州霊隠寺 | トップページ | 江南8 西湖を歩く1 »