« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月28日 (木)

自動車ぎらい

漢詩のなぞなぞ11 自動車ぎらい

 前に、李白や杜甫、王維、韓愈、柳宗元、白居易、杜牧などが、アメリカで自動車の運転をしたという話をしました。(逆走する詩人
 そのとき一人だけ、自動車なんかいやだと運転しなかった人がいます。さて誰でしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 杜甫

 自動車なんかきらいだと、ずっと「徒歩」で、トボトボ歩いていたそうです。

 ちょっとトホホな答だったでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

王維と杜甫

漢詩なぞなぞ10 王維と杜甫

 杜甫には「兵車行」など戦争の悲惨さを歌った詩があり、反戦詩人のように言われることもあります。
 その杜甫が、あるとき王維に、
「俺の別荘へ遊びに来ないか」
と誘われました。ところが杜甫はこの誘いをあっさり断ってしまいました。さて、なんと言って断ったでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 「もうせんそう(輞川荘)はいやだ」

 王維は役人としても出世して、輞川荘(もうせんそう)という山あり谷ありの広大な別荘を持っていました。「輞川集」という詩集もあります。

 

 兵車行(一部) 杜甫
信知生男悪     (まこと)に知る 男を生むは悪しく
反是生女好     反って是れ 女を生むは好きを
生女猶得嫁比鄰  女を生まば 猶ほ比鄰に嫁するを得るも
生男埋沒随百草  男を生まば 埋沒して百草に随はん

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

無の境地

漢詩のなぞなぞ9 無の境地

 前の二問で、漢詩集にはいろんなご利益があるということがわかっていただけたと思います。そこでもう一つ漢詩集に関する質問です。
無の境地、無の世界を表現したというありがたい詩集は、さてなんでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 白紙(はくし)文集(もんじゅう)(白氏文集)

 

・昔「丸出だめ夫」というマンガがありました。テストといえば決まって0点でした。あれくらいできの悪い子供の親が、子供の答案用紙を綴じて一冊の本にしました。さてその本の名はなんというでしょう?

 
――白紙文集

 

・その白紙文集を見て親が思わずつぶやいた有名な詩の一句は?

 
――「愚や愚や、汝を奈何(いかん)せん」

 垓下歌  項羽

力抜山兮気蓋世 力山を抜き 気世を蓋う
時不利兮騅不逝 時利あらず 騅逝かず
騅不逝兮可奈何 騅の逝かざる奈何すべき
虞兮虞兮奈若何 虞や虞や若(なんじ)を奈何せん

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

ご利益

漢詩のなぞなぞ8 ご利益

 漢詩集シリーズの二。この詩集を勉強していると、知らず知らずお経も覚えられるというありがたい詩集があります。さてなんでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 文選(もんぜん)

 「もんぜん(門前)の小僧習わぬ経を読む」
 チベット仏教には摩尼車という便利なものがあって、一回回転させると一回お経をとなえるのと同じご利益が得られることになっています。日本のお寺にも、経蔵自体を回転させると、収納されたお経全部を読んだと同じご利益が得られる「転輪蔵」という便利なものがあちこちにあります。、
 ですから文選の勉強をするだけでお経まで覚えられるくらいのご利益があっても、ちっとも不思議なことはありません。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

冬山登山のお守り

漢詩のなぞなぞ7 冬山登山のお守り

 たくさんある漢詩集の中に、登山家の間で冬山登山のお守りとして知られているものがあります。リュックの奧に一冊しのばせておくと、いざ遭難したときにも命は助かるというのです。さて、なんでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答  唐詩選(凍死せん)

  

・盗作ばかり集めた詩集は?

―― 盗詩選

・超能力者が遠くにある物や壁などで遮られた物を見通そうとするときに、呪文がわりに使われる詩集は?

―― 透視せん!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

逆走する詩人

漢詩のなぞなぞ6 逆走する詩人

 李白や杜甫、王維、韓愈、柳宗元、白居易、杜牧など(漢詩人相撲大会の面々です)の一行がアメリカへ観光旅行に行きました。唐の時代にはアメリカはまだなかったとか、細かいことは気にしないでください。天才は時空を超越します。
 アメリカでは、みんなで自動車の運転を習ってドライブを楽しみました。ところが一人が間違えて、一方通行の道路を逆方向から入ろうと進んで行きました。慌てた一行はその運転手に向かって、大声で叫びました。
 さて一行はなんと叫んだでしょう。そしてその運転手はいったい誰だったでしょう?。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

答 「ワン・ウェイ One Way!」 
    運転手は王維

 一方通行は「One Way!」
 王維の中国音は「ワン・ウェイ Wáng Wéi」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

古着の主は?

漢詩のなぞなぞ5 古着の主は?

 あるアメリカ人観光客が北京の怪しげな骨董店を訪れたときのことです。
 店主は古くてボロボロのジーンズを出して見せ、これは唐の有名な詩人が着ていた貴重なものだ、と言いました。
 まさか唐代にジーンズがあるわけないだろう、いったい誰のジーンズだというのか。アメリカ人は聞きました。

「フーズ・ジーンズ・イズ・ジス? Whose jeans is this? 」

 さて、店主はなんと答えたでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

答 「リーバイス!(李白の! )」
 李白は中国音では「リー・バイ Lǐ Bái 」なので、「オー・イッツ・リーバイス!」と答えました。

 ちょっと無理があるでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

ブルートレインで飲む酒

漢詩のなぞなぞ4 ブルートレインで飲む酒

 そのうちブルートレインって何? と聞かれるようになるのでしょうね。今はないブルートレインに乗ったとき飲む酒といえば、漢詩の世界ではこれが定番でした。さてなんでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

答 葡萄酒

 ブルートレインは寝台列車、夜行列車です。
 「夜行の杯」と言えば「葡萄の美酒」に決まっています。

 

 涼州詞 王翰  

葡萄美酒夜光杯  葡萄の美酒 夜光の杯(はい)
欲飲琵琶馬上催  飲まんと欲すれば 琵琶馬上に催す
酔臥沙場君莫笑  酔うて沙場に臥すとも君笑うこと莫(な)かれ
古来征戦幾人回  古来征戦 幾人か回(かえ)る

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »