« ご利益 | トップページ | 王維と杜甫 »

2018年6月21日 (木)

無の境地

漢詩のなぞなぞ9 無の境地

 前の二問で、漢詩集にはいろんなご利益があるということがわかっていただけたと思います。そこでもう一つ漢詩集に関する質問です。
無の境地、無の世界を表現したというありがたい詩集は、さてなんでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 白紙(はくし)文集(もんじゅう)(白氏文集)

 

・昔「丸出だめ夫」というマンガがありました。テストといえば決まって0点でした。あれくらいできの悪い子供の親が、子供の答案用紙を綴じて一冊の本にしました。さてその本の名はなんというでしょう?

 
――白紙文集

 

・その白紙文集を見て親が思わずつぶやいた有名な詩の一句は?

 
――「愚や愚や、汝を奈何(いかん)せん」

 垓下歌  項羽

力抜山兮気蓋世 力山を抜き 気世を蓋う
時不利兮騅不逝 時利あらず 騅逝かず
騅不逝兮可奈何 騅の逝かざる奈何すべき
虞兮虞兮奈若何 虞や虞や若(なんじ)を奈何せん

 

 

|

« ご利益 | トップページ | 王維と杜甫 »

漢詩漢文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無の境地:

« ご利益 | トップページ | 王維と杜甫 »