« 冬山登山のお守り | トップページ | 無の境地 »

2018年6月18日 (月)

ご利益

漢詩のなぞなぞ8 ご利益

 漢詩集シリーズの二。この詩集を勉強していると、知らず知らずお経も覚えられるというありがたい詩集があります。さてなんでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 文選(もんぜん)

 「もんぜん(門前)の小僧習わぬ経を読む」
 チベット仏教には摩尼車という便利なものがあって、一回回転させると一回お経をとなえるのと同じご利益が得られることになっています。日本のお寺にも、経蔵自体を回転させると、収納されたお経全部を読んだと同じご利益が得られる「転輪蔵」という便利なものがあちこちにあります。、
 ですから文選の勉強をするだけでお経まで覚えられるくらいのご利益があっても、ちっとも不思議なことはありません。

 

 

|

« 冬山登山のお守り | トップページ | 無の境地 »

漢詩漢文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご利益:

« 冬山登山のお守り | トップページ | 無の境地 »