« 2018年6月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年7月

2018年7月16日 (月)

古着の主2

 漢詩のなぞなぞ16 古着の主2

 古着の主は?で紹介した怪しげな北京の骨董店に、今度は日本人が訪れました。そうしたら店主はまたボロボロの古着を出して、やはり唐の有名な詩人が着ていたズボンだと言います。
 そんなものがあるとは信じられない、いったい誰のズボンだというのか、日本人が聞くと、店主は、一度はいてみろ、そうすればすぐわかる、と言います。
 そこで試しにはいてみると、なかなか感じがいい。いったい誰のズボンだと言うのか? さてここで店主はなんと答えたでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

答 このズボンはとてもハッキョイ(白居易)! 。

 これはわたしのアイデアではなく、友人が古着の主は?につけてくれたコメントを少し書きなおしたものです。
 コメントをもらったときは、漢詩人相撲大会のオチとほとんど同じなのでボツ! と思っていましたが、わたしの他のネタも大同小異ではあるので、あらためて載せておくことにしました。コメントどうもありがとうございました。

 漢詩のなぞなぞはこれで本当におしまいです。ブログも、また何か思いつくまで、ちょっと休みにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

李白の修行

漢詩のなぞなぞ15 李白の修行

 李白が世に出る=官吏になるためには、1 科挙に合格する 2 有力者に知遇を得て裏口から引き上げてもらう 3 道士として名をあげて天子に直接近づく、の3つの方法があり、李白は若い頃、文学だけでなく道士の修行もやっていました。
 その修行中、家々をまわって銭や米の喜捨を受ける行をやって、八十八か所巡りどころではない、膨大な数をまわりました。それでもなかなか自分を売り出すことはできず、思わずつぶやいた句があり、それは後の有名な詩にも影響しています。さてどんなことをつぶやいたのでしょう。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 托鉢三千回 売れぬによりて斯くの如く長し。

 このとき「芸術は托鉢だ!」と言ったという話もありますが、さだかではありません。

 

秋浦歌   李白

白髪三千丈   白髪三千丈
縁愁似箇長   愁に縁りて箇(かく)の似(ごと)く長し
不知明鏡裏   知らず明鏡の裏(うち)
何処得秋霜   何れの処にか秋霜を得たる

 

 14回で漢詩のなぞなぞは終わったつもりでしたが、1回おまけです。

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

西郷どんの事故

漢詩のなぞなぞ14

 現在大河ドラマで「西郷(せご)どん」をやっています。
 ドラマには出てきませんが、西郷隆盛は自動車を運転したことがあるそうです。ところが運転を誤って石垣に自動車をぶつけてしまい、ある言葉をつぶやいて、以後運転することはなかったといいます。
 さて、なんとつぶやいたのでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 「自損のために保険を貰わず」

 

 こういうのを出すと、大西郷をおちょくるとはけしからん!と謹厳実直な漢詩愛好者の方々から怒られそうですが、ネタ枯れで出してしまいました。悪意はありませんのでご容赦ください。

 

 偶成  西郷南洲

幾歷辛酸志始堅  幾たびか辛酸を歴て 志始めて固し
丈夫玉碎恥甎全  丈夫玉砕 甎全(せんぜん)を恥ず
一家遺事人知否  一家の遺事 人知るや否や
不爲兒孫買美田  児孫の為に美田を買わず
 

〇甎は瓦。丈夫は玉として砕けでも、瓦として全きを恥じる

 漢詩のなぞなぞ、14回続けることを目標に続けてきました。ようやく14回に達したので、このシリーズはここで一旦終了といたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

勤倹貯蓄のすすめ

漢詩のなぞなぞ13 勤倹貯蓄のすすめ

 南宋の朱熹(しゅき)は、朱子学の創始者として有名です。
 その朱子が、若者に地道な勤倹貯蓄が重要なことを教え諭した有名な詩があります。さて朱子はなんと言っているでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 少年老いやすく額なりがたし
   一銭のコイン軽んずべからず

  偶成  朱熹

少年易老学難成  少年老い易く学成り難し
一寸光陰不可軽  一寸の光陰軽んずべからず
未覚池塘春草夢  いまだ覚めず池塘春草の夢
階前梧葉已秋風  階前の梧葉すでに秋風

 漢詩のなぞなぞも、ネタが尽きてきて、だんだんコジツケみたいなものばかりになってきました…

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

詩仙堂の境界

漢詩のなぞなぞ12  詩仙堂の境界

 石川丈山は江戸時代前期の漢詩人です。徳川家康に仕えた後、京都に隠棲して、一乗寺に詩仙堂を築きました。
 そのとき、隣の敷地との境に引かれてあった一本の白い線を見て、丈山は境界はもっと向こうだ、これではあべこべだ、と言いました。このときの文句が後の名詩にも活かされてるそうですが、さてどんな文句だったのでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 白線さかしまに描かる境界の線

  
 
 石川丈山と言えば、この詩です。

  富士山
仙客来遊雲外巓  仙客来たり遊ぶ 雲外の巓(いただき)
神龍棲老洞中淵  神龍棲み老ゆ 洞中の淵
雪如紈素煙如柄  雪は紈素(がんそ)の如く煙は柄(え)の如し
白扇倒懸東海天  白扇倒(さか)しまに懸かる東海の天

 〇紈素(がんそ) 白い絹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2019年1月 »