« 詩仙堂の境界 | トップページ | 西郷どんの事故 »

2018年7月 5日 (木)

勤倹貯蓄のすすめ

漢詩のなぞなぞ13 勤倹貯蓄のすすめ

 南宋の朱熹(しゅき)は、朱子学の創始者として有名です。
 その朱子が、若者に地道な勤倹貯蓄が重要なことを教え諭した有名な詩があります。さて朱子はなんと言っているでしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

  ↓

 ↓

答 少年老いやすく額なりがたし
   一銭のコイン軽んずべからず

  偶成  朱熹

少年易老学難成  少年老い易く学成り難し
一寸光陰不可軽  一寸の光陰軽んずべからず
未覚池塘春草夢  いまだ覚めず池塘春草の夢
階前梧葉已秋風  階前の梧葉すでに秋風

 漢詩のなぞなぞも、ネタが尽きてきて、だんだんコジツケみたいなものばかりになってきました…

 

 

 

|

« 詩仙堂の境界 | トップページ | 西郷どんの事故 »

漢詩漢文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勤倹貯蓄のすすめ:

« 詩仙堂の境界 | トップページ | 西郷どんの事故 »