« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月24日 (日)

嗚呼稀勢の里

漢詩のなぞなぞ 20  嗚呼稀勢の里
 
 平成31年(2019)初場所、初日から三連敗した稀勢の里は、翌四日目の朝、親方に引退を申し出ました。稀勢の里は、決心するまでの間、李白の詩の一節を、何度も何度もつぶやいていました。さて、何とつぶやいていたでしょう?
 

 ↓

  

 ↓

  

 ↓

  

 ↓

 ↓

 ↓

 

答 一敗、一敗、復た一敗(一杯、一杯、復一杯)

 

山中與幽人對酌    山中にて幽人と対酌す 李白

 兩人對酌山花開  両人対酌して山花開く
一杯一杯復一杯  一杯一杯復た一杯
我醉欲眠卿且去  我酔うて眠らんと欲す卿(きみ)且(しばら)く去れ
明朝有意抱琴來  明朝意あらば琴を抱いて来たれ

 李白は酒飲みで、杜甫から「李白一斗詩百篇」と歌われたほどでした。江戸川柳には、これを受けて「李太白一合宛に詩をつくり」という九があります。(太白は字(あざな)で、一斗で百なら一合でひとつできるという計算です。) 

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

来るものは拒まず

漢詩のなぞなぞ19 来るものは拒まず

 有名な漢詩人になると、あちこちから詩を書いてくれ、書を書いてくれと頼まれます。しかしさすがにプライドの高い人が多くて、そう簡単には引き受けてくれませんでした。いくら大金を積まれても、気分が乗らないと絶対書かないという人もいたそうです。
 そんな中で、どんなに少額でもとにかくお礼さえすれば、気軽に引き受けてくれるという詩人がいました。さて、誰でしょう?

 ↓

 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
 
 
 
 
 ↓
 

答 謝霊運 (しゃれい、うん!)

 謝霊運というのは南朝の宋の大貴族の出身で、金持ちのわがまま坊ちゃん育ち、激しやすい人だったそうです。不満が多く、常識はずれの行動をして、最後は死刑にされたといいますから、お礼さえすればなんでも「うん!」と聞いてくれたというのは、ひょっとすると間違いかもしれません。
 山水詩の元祖のような人で、山登り用の下駄を発明したという話もあります。
 こちらの話は本当のようで、李白の詩にも「謝公屐(しゃこうげき)」を履いて山に登るという場面があります。「謝公屐」を中国の百度百科でひくと、下記のように、書いてあります。
 謝霊運(谢灵运)が登山のときに履いた木靴の一種で、底に二つの歯があって、上りのときには前の歯をとり、下りのときには後ろの歯をとる、ということです。

谢公屐,汉语词语,读音为xiè gōng jī,指谢灵运(385~433)登山时穿的一种木鞋。鞋底安有两个木齿,上山去其前齿,下山去其后齿,便于走山路。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

漢詩アイドル

漢詩のなぞなぞ18 漢詩アイドル

  わたしの若い頃とは違って、いつのまにか「アイドル」という言葉は、若い女の子たちが歌って踊るグループのことになってしまいました。よくは知りませんが、AKB48とか乃木坂46とか、地名にメンバーの人数をくっつけた名前をつけるのが定番になっているようです。

 そして、これが当たれば地域おこしにもなるというので、あちこちでいろんなアイドルグループが作られているとも聞きます。
 横浜では、なんと漢詩の朗詠をやるという新しいアイドルグループができました。人数は10人で、東横線沿線が活動拠点になっています。
 さて、このアイドルグループ、名前はなんというでしょう?
 

 

 ↓

 

 ↓

  

 ↓

  

 ↓

  

 ↓

  

 ↓

  

 ↓

  

 ↓

  

 ↓

 

答  白楽10 (はくらくテン!)

 (注:ローカルネタですみません。横浜の方はご存知かと思いますが、東横線に「白楽」という駅が あります。普通しか止まりませんが、神奈川大学があったりして、そこそこ賑やかな駅です。)

Photo

                  白楽天
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

長生きするなら

 漢詩のなぞなぞ17 長生きするなら

 前に漢詩集にはいろんなご利益があることを紹介しました。(冬山登山のお守りご利益
 今回もご利益の話です。この人の詩を読むと十年長生きできると言われている漢詩人がいます。さて誰でしょう?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

答 陶淵明

 十(とお)寿命が延びる=延命できると言われています。「十歳長生き陶淵明」と覚えてください。

 久しぶりのなぞなぞ。やっぱりダジャレでした。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »