« 2019年2月 | トップページ

2019年3月

2019年3月 9日 (土)

勝負に生きる李白

漢詩のなぞなぞ21  勝負に生きる李白
 李白が大酒飲みだったことは有名ですが、それに加えて勝負事も好きだったことは、あまり知られていません。
  博打にのめり込んでいた頃、いくら負けが込んでも、もう一回ツキがまわってきさえすれば! という勝負哲学を詠んだ有名な句があります。さてなんという句でしょう?

 ↓

 

 ↓

 

 ↓

 

 ↓

 

 ↓

 

 ↓

 

 ↓

 

 ↓

 

 ↓

 

 ↓

 

答 丁半、いっぺんのツキ!

 この詩のもとの題は「四か五か?」と言うそうです。

 子夜呉歌   李白

長安一片月   長安一片の月Photo
萬戸擣衣声   萬戸衣を擣(う)つの聲
秋風吹不尽   秋風吹いて尽きず
総是玉関情   総て是れ玉関の情
何日平胡虜   何れの日にか胡虜を平らげて
良人罷遠征   良人遠征を罷めん

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ