« 千の風になって | トップページ | 台風15号来たる »

2019年8月28日 (水)

JB77 英語のジョーク7

227 英語はジョークで身につける

Photo_20190828111701

    (書名) 英語はジョークで身につける

      (著者) 酒井一郎
      (出版者)河出書房新社
      (形状) 四六判ソフトカバー
      (頁数) 174
      (出版年)2004/02/05

・ジョークを英語学習の教材にした本。負担感がなくラクに頭に入るようにと、和訳を先に読んでから英文を読むようになっている。たしかにすらすら読める。英語もそんなに難しくない。レイアウトもゆったりしているので、どんどん先へ進んで行けるのは気持ちがいい。

・集められたジョークに、あまり目新しいものはない。英語、ジョークともに入門書と考えればいい。

リチャード・ニクソン
 リチャード・ニクソンは、しばしば自分は神だと思っていた。
 リチャード・ニクソンと神との違いは何か?
 神は一度も自分のことをリチャード・ニクソンだと思ったことはない。(p66)

Richard Nixon
 Richard Nixon often thought he was a God.
What's the difference between Richard Nixon and God?
Agod never thinks he is Richard Nixon.

 

・たしかに昔こういうのがありました。英語のダジャレです。しかし最近の若い人にはわからない? 今やビートルズを知らない若者もけっこういるそうです。

”When John Lenon was killed, do you know what Yoko said?"

 ”Oh, No!”(p109)

 

「ジョン・レノンが殺されたとき、ヨーコは何といったか知っているかい?」

「オーノー(小野)」(p108)

 

 

 

|

« 千の風になって | トップページ | 台風15号来たる »

ジョークの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千の風になって | トップページ | 台風15号来たる »