窮居堂旅日記

2017年11月20日 (月)

江南5 田子坊・錦江飯店

田子坊
 田子坊(でんしぼう)を「たごぼう」と読んでいるガイドブックもある。どちらにせよ日本語読みで拼音(ピンイン)では  tián zǐ fāng だ。「ティエン・ズ・ファン」か。
 ここはいかにも中国風の豫園とは違って、今風の雑貨やブティック、カフェが並んでいる街のようだが、狭くてゴチャゴチャしていて人出が多いのはおんなじだ。

Dscf6653
Dscf6655
 中国の若者たちの「こじゃれた街」なんだろうが、雑然感が高すぎる。
 それに日本でも「こじゃれた街」には縁が遠いから意気が上がらない。だいたい「こじゃれた」という感覚が気に入らない。洒落るんなら思い切り「大じゃれ」てみろ。ちょっときれいで、ちょっと高級そうで、値段もちょっとだけお高いけれど…なんてセコイ! これはこの街には関係ない、年寄りの日頃の鬱屈。上海で力んでみても仕方がないかど。

 ここもゴチャゴチャ全体の面積は相当広い。

Dscf6658

 無計画に街が拡張を続けた結果だろうか、電線が凄いことになっている。

Dscf6656_2

 表通りはプラタナス並木がきれいだ。バスで通りながら案内してもらったところによると、大きな並木の通りはほとんど外国の租界だったところらしい。バスに枝が触るくらい繁っていた。

Dscf6664
Dscf6663_2
 ここでもひととおり観光が終わって次へ移動というときに、バスがなかなか迎えに来ない。バスを停められる所が限られているから遠くに停めているのに渋滞が加わってさらに遅くなる。
 この後に新天地というさらに現代的な繁華街へ行く予定だったが遅くなってしまったし、朝が早くてみんな疲れてきたので、省略して宿泊予定の錦江飯店へ向かう。

 

錦江飯店
 錦江飯店(ジンジャン・ホテル)は租界時代からのクラシック・ホテルで、アメリカのニクソン大統領も泊まったという。わたしのガイドブックでは5つ星がついている。
 改築・増築さてていて、われわれが泊まった建物はそんなに古そうではなかった。写真は翌朝撮ったもの。

Dscf6673
Dscf6683
 夕食はまたバスで、黄埔区九江路の华盛大厦(華盛大廈)というビルの4階にあった「悦来大酒店」という上海料理の店に行った。

Dsc09534b
 予約の時間より遅れたせいか、テーブルには料理がすでに全品並んでいた。おいしかったが、スープがぬるくなっていたのは残念だった。上海料理は全体に薄味というか、味がきつくないようだ。

 夜の外灘(ワイタン)の観光は、これも観光バスを停める所がなく、降りると2キロは歩かないといけないというので中止。バスの中から夜景を眺めるだけになった。高層ビルの展望台へ行くオプションも中止になった。
 しょうもない写真しか撮れなかったので小さく載せておこう。

Dscf6668t Dscf6669t

 ホテルへ戻って、S田先生の部屋でU山さんともどもウイスキーをご馳走になり、ともかく無事ツアーが始まったことを祝う。朝早かったので、けっこう長い一日だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

江南4 魯迅紀念館

 昼食の後は魯迅紀念館へ行った。魯迅公園の中にある。近くには魯迅故居と魯迅の墓もあるそうだが、そちらは行かなかった。

Dscf6643t

 記念館だから型どおり、経歴や作品紹介、当時の写真、作品掲載誌などが並んでいる。わたしはざっと見るだけでよかったが、意外なことに同行の皆さんは熱心にあれこれ見ている。

Dscf6641
 魯迅は高校生のころ、『阿Q正伝』『狂人日記』などを読んだが、どこがいいのかよくわからなかった。若者がどかんと感動するような作品ではない。
 しかし中国ではきわめて評価が高い。革命運動の指導者的存在であったことが大きいのだろう。
 それに、わたしにはよくわからないことだけれども、「中国に近代文学を成立させた」と評価されるのは、文体の問題があるのだろうと思っている。新しい口語の中国語の文体を作った。言ってみれば、革命運動に参加した夏目漱石のような存在であったのではないか、と夢想する。

Dscf6640

 一室には壁の両面に魯迅の研究書ばかり数百冊展示してあった。多すぎる。これだけあると半分ぐらいは中身の薄いヨイショ本に違いない。
 しかし日本の漱石だって研究書や論文はこれに負けないくらいあるだろう。双方とも、文学研究者にとっては欠くことのできないメシのタネというわけだ。
 魯迅も漱石も尊敬している。研究と称する同工異曲で内容のない本が多いのにちょっとうんざりしているだけだ。

 第3日の蘇州の漢詩愛好団体との交流会で、魯迅の漢詩を書いた書をいただいた。

Dscf7137t 魯迅が1931年3月、日本人の劇評家升屋治三郎に贈った詩で、無題であったが、全集などでは「贈日本歌人」と呼ばれているようだ。

 無題 (贈升屋治三郎) 

            魯迅

 春江好景依然在

 遠国征人此際行

 莫向遙天憶歌舞

 西遊演了是封神

  
 春江の好景 依然として在り

 遠国の征人 此の際行く

 遙か天に向かい歌舞を憶うこと莫れ

 西遊 演じ了する是れ封神

       〇春江=黄浦江

 この詩の意味がいまいちつかめない。西遊は京劇の西遊記のことだろうか。
 それはともかく、日本から漢詩好きが来るんだから、日本人にちなんだ詩を、とわざわざ書いてくださったものだ。ありがたい。

 この魯迅公園の近くが昔の日本人居留地で、内山完造の内山書店もあって日中文化人のサロンとなり、魯迅や郭沫若なども出入りしていた。升屋治三郎もその一因だったというわけだ。
 内山書店は今も神田にあって、中国・台湾系の書籍の専門店として有名である。
 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

江南3 上海へ

 さて最初に戻って出発の日から順に書いていくことにする。

第1日(10月25日)

空港バス

 朝が早かった。4時に起きて、港南台駅前5時発の京急リムジンバスに乗った。
 8時40分羽田発の便だから2時間前集合というと6時40分だが、平日でそんなに混んでいないだろうから遅くとも7時までに集合ということになっていた。
 このバスは空港のターミナルまで行くので一番楽だ。JRから京急またはバスへと、荷物を引き摺ってあれこれ乗り換えるのは面倒だ。だからターミナル到着が6時15分と少々早いがこれにした。
 5時前のまだ暗いバス停には数人の客が待っていた。細かい雨が降って風が冷たい。この時間、どのくらいの客があるのか興味があったので数えてみた。始発の港南台が9人、次の上永谷駅で5人、東戸塚駅で8人が乗って、合計22人だった。意外に客がいるものだ。ビジネスマン風が大半。女性も数人。

上海へ

 羽田では一行13人が順調に集合。今回の旅行の手配をお願いしたM社のM山青年も、早くから来てくれて、記入済みの入出国カードを配ってくれ、中国東方航空のカウンターでチェックインを手伝ってくれた。MU576便は無事定刻どおり出発した。
 上海浦東空港到着後、入国審査を終え荷物を引き摺りながら外へ出たときは、ちょっと心配だった。現地の旅行社のガイドさんがちゃんと迎えに来ているかどうか。一応わたしが今回の一行の代表ということになっているが、中国語ができるわけではないし、中国経験は前に一度、万里の長城を見にきたことがあるだけ。もし何かの手違いで行き違って会えなかったら、相当の苦労を背負い込まねばならない。どうかちゃんといてくれますように。
 通路の外には迎えの人たちが大勢待ち受けていて、「〇〇会社様」とか「××一行」とか書いた紙を持ってかざしている人もたくさんいる。
 どれだどれだ。こういうときに「目を皿のようにして」というのだろう。わたしが真っ先に見つけた。左手の方に「K県漢詩連盟13名様」と書いた紙を持った人。駆け寄って「K県漢詩連盟です」と名乗る。日本語が通じる。すぐ見つかってよかった。ガイドはSさんと言った。これであとはおまかせだ。

 バスは高速道路を上海市内へ向かう。Higer(中国語:海格 / ハイグァー)という中国製のバスだ。39人乗りなので、一行13人にガイドのSさんだからゆったり乗れる。

Dscf6603
  道路は広い。車線もたくさんある。中心に近づくにつれて車が多くなる。写真でよく見る風景が見えてくる。

Dscf6606

 上海というと下の写真の左端に見える丸い玉のついた468mのテレビ塔・東方明珠塔がランドマークになっているが、現在一番高いのは右端の上海中心大廈(上海センター)で632mだそうだ。Sさんは、上海には地震がないので高層建築ができるけれど、最近では地盤沈下の問題が出てきていると言っていた。

Dscf6608_2
 写真には写っていないが、492mで2番目の高さの上海環球金融中心(SWFC)には474mの高さに展望回廊(スカイウォーク)がある。夜のオプションツアーで行こうと思っていたが、このあとだいぶ歩いて皆疲れたのか、参加者が少なく中止になってしまったので、行けなくて残念だった。

豫園(よえん)
 豫園というのは明代の庭園である。今回は中は見ないで、隣接するマーケットである豫園商城へ向かった。
 中国では今、観光地でのバスの乗り降りが厳しく規制されており、離れたところの駐車場から歩かないといけないのだという。
 普通の住宅兼商店街のようなところを歩いて行く。
 公園のフェンスに布団が干してある。

Dscf6611_2
 高層ビル街の風景とはずいぶん差がある。
Dscf6612_2
 大都会の中の庶民の街である。よく使い込まれたバイクや自転車がたくさん並んでいる。

Dscf6610t

 

 庭園の豫園の門の一つ。中には入らなかった。
Dscf6613
 ここが豫園商城。凄い人である。これでも水曜日だからすいている方だという。

Dscf6628
 濃いベンガラ色のような木造三階建ての建物が豫園商城で、中に食べ物や工芸品、日用品などの小さな店がいっぱい並んでいる。

Dscf6632
 規模が大きく、とにかく人が多い。建て増しに建て増しを重ねたという感じで、ほとんど迷路になっている。はぐれたら大変だ。最初は横浜の中華街を連想したけれど、歩いてみると規模的にここにはとてもかなわない。厚みがちがう。
 ほとんど中国の店だけど、一角にさりげなくスターバックスが入っていたりもする。

Dscf6631_2
 われわれの目指すは小籠包で有名な南翔饅頭店での昼食。日本のガイドブックにも「豫園に来たらハズせない小籠包」と書いてある。

Dscf6630_4    Dscf6629b

  入店するのも行列、テイクアウトも行列だが、われわれは予約してあったので、待たずに二階の一室に入ることができた。

Dscf6619b Dscf6624b

 飲茶セットコースの予約になっていたらしく、いろんなものが出てきて、どれもうまい。小籠包は、けっこう待たせてから最後に出てきた。
 日本で食べるものより中のツユが少なかったが、大きくてうまい。満腹になった。

Dscf6622_2 Dscf6625t_2
 

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

江南2 無事帰国

 翌朝は5時発のホテルの巡回バスが来るのを待って乗り込んだ。ところがやっぱり先客ありで、最後に乗ったわたしとH原さんが乗れない。すぐ後のバスが来るからというので、皆と別れて別行動になった。
 まもなく次のバスが来たのでよかったけれど、今度は空港で降りるときに、停留場を間違えてしまった。国内線ターミナルを過ぎて、次が国際線ターミナルというわけで降りたのだけれど、どうもターミナル内の様子がおかしい。昨日搭乗しようとしてやってきたときと似ているけれどなんとなく雰囲気が違うのである。H原さんが受付で聞くと、なんとここは第二ターミナルだから第一ターミナルへ行ってくださいと言う。
 泡を食って外へ出てタクシーに乗ろうとしたが乗り場が見つからない。警官らしい人が、下の通路を通って歩いて行けと教えてくれた。戻ろうと向かうと見知らぬお兄さんが先導してくれた。このお兄さんはなんだ、怪しい人じゃないかと不安でいるうち、エスカレーターを教えてくれて、歩く方向を指し示してさりげなく去って行った。親切な人はどこにでもいるのだ。
 東京の地下鉄によくある長い乗換通路をもっと広くしたような感じだった。なんとか第一ターミナルにたどり着き、受付カウンター前で順番を待っているツアー一行と無事落ち合うことができた。

 あとは出国手続きをして飛行機に乗ってしまえば、というところでまた、ちょっとした波乱があった。
 わたしは先に手荷物検査をすませ出国審査を待つ列にいた。後から来たN野さんたちが、M本さんが手荷物検査で引っかかって別室へ連れて行かれた、何が原因かはわからないという。M本さんが変なものを持ち込むようなことはない。夫婦そろって物静かで上品なM本夫妻は、一行の中では一番怪しまれないタイプだ。
 ところがなかなか来ない。長い行列はじりじりと出国審査の受付へ近づいて行く。もし順番までにM本さんが来なかったらどうしよう。わたしにできることといってないけれど、ともかくこちら側で待っていないといけないだろうか。飛行機の時間はどうだろうか。
 そんなことを考えているうち、行列の彼方に小さくM本夫妻の姿が見えた。来た、来た! みんなで手を振って招き、われわれの列の中入ってもらった。
 なんと原因はカメラの予備のリチウム電池だという。もう使わないからとスーツケースに入れておいたら、それがひっかかって、別室で検査されて大変だったそうだ。
 カメラ用のリチウム電池ならわたしも持っていた。4センチ角くらいの小さなやつである。

Dscf7136t
わたしは手荷物のバッグに入れてあった。これはセーフだった。ところが同じものをスーツケースに入れていたら、けしからん、これは何だ! と別室へ連れて行かれてスーツケース内全品洗いざらい検査になったらしい。わけがわからない。
 帰ってから調べてみると、リチウム電池は発熱、爆発の危険性がある。(それは聞いたことがある。)だけど手荷物内なら発熱してもすぐ気がつくからOKで、スーツケースに入れて荷物庫の奧で発熱・爆発を起こすと大惨事につながる恐れがあるからダメだという理屈らしい。
 わかったようで、いまいちストンと落ちないが、そうなっているなら今後は十分気をつけないといけない。酒などの液体は逆に、手荷物はダメでスーツケースならOKだからこんがらがってくる。
 ともかくその場はみんなで、無事済んでよかったねと出国審査を終え、一時間遅れの飛行機に全員搭乗したのであった。めでたし、めでたし。

 朝食を食べてウトウトしていたら、飛行機は少しずつ下がりはじめ、こんな景色が見えてきた。時間からすると伊豆七島のあたりのようだ。

Dscf7119
 これも帰ってから、グーグルマップで調べてみた。
 グーグルマップは素晴らしい。3Dで角度を変えて見る機能まである。地図をまわして、俯角を変えて見ると、左から新島、式根島、神津島だと確認できた。

Ggl

 一日遅れたが全員無事帰国。最低限の「団長」の役目は果たせたようで、まずはよかった。
 延泊分の宿泊代と食事代は現在旅行保険に請求中。保険がきくならもっと良いホテルにすればよかったと思うのは、喉元過ぎて熱さを忘れたから。あのときはどこでもよかった。
 世話になった方々へのお礼状など、まだ残務整理が少しあるが、旅行は終わった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

江南1 飛行機欠航

 まずは記憶に新しい、帰りの飛行機が欠航したところから書いておこう。
 10月29日午後3時頃、バスで上海浦東空港に着くと、帰国予定の中国東方航空MU575便は台風22号のため、欠航となっていた。一行のうちにはスマホで台風情報を見ていた人もいたので、危ないかもしれないとは思っていたが、空港まで来たからもう帰れると少し脱力しかかっていたので、ちょっと衝撃だった。
 ガイドのS兵さんが飛行機を確認してくれた。明朝7:30発のMU575A便に、受付カウンターへパスポートを提示すれば乗れるという。他の航空会社も日本行きは飛ばないし、飛行機はそれしかしょうがない。
 しかし今夜の泊まりはどうする? S兵さんがさっきからなにやらやりあっていた黒いスーツの青年は、なんとホテルの営業マンだという。欠航のニュースと共に空港へやって来て、あぶれた団体客を見つけてはホテルを斡旋しているらしい。「生き馬の目を抜くような」という言葉を思い出した。人の不幸はビジネスチャンス、というわけか。
 S兵さんが言うには、泊まりは一室268元。一室二人でも同じ。空港から車で十分くらい、ホテルのバスで送る。明日の朝も五時発で空港まで送る、という。
 浦東空港内にもホテルはあるが、平常時でも満員で、今からではなかなかとれないだろう、ともいう。
 ここは決断しなければならない。このツアーを始めたいきさつから、わたしが代表ということになっていて、S兵さんからは「団長」と呼ばれていた。
 268元は1元=17円とすれば4,556円。二人で泊まれば一人2,300円足らず。ここまで泊まってきたホテルの半額以下。安ホテルである。しかし、他のホテルを探してうろろしてもどうなるかはわからない。一行の皆さんには、どうせ明日朝早いから泊まれさえすればいいから行ってみましょうと承諾を得て、ホテルの車を待った。

 ところがホテルの車がなかなか来ない。黒スーツの青年もいなくなった。S兵さんは、ここまで乗ってきた大型バスの運転手と所在なげにしている。あとは二人で蘇州へ帰るだけなのに、なかなか帰れないのでちょっと不満というところ。
 やがてマイクロバスがやってきたところ、先客が二人乗っていた。われわれ専用で特別に迎えに来てくれるのだと思い込んでいたら、そうではなかった。飛行機の欠航で悲惨な被害者ムードでいたけれど、そんなことまわりには関係なく、ホテルもバスも通常営業中なのだった。
 S兵さんともバスともここでお別れ。25日に上海に着いて以来ずっとお世話になった。明日までガイドなしになる。ちょっと不安である。

 15分以上かかってホテルへ到着。まあ道路が混んでいたからしょうがないか。日本の不動産屋だって、駅まで10分で15分ならいいほうだ。
 誰かが「アメリカのモーテルのようなところだ」と言った。なるほど映画でこんな建物がいくつも並んでる風景を見たことがあるような気がする。
 ホテル名は「藍舎快捷酒店」。英語で「BLUE HOUSE」とも書いてある。

Dscf7106
 日が暮れるとこんなライトがついて、なるほどブルー・ハウス」である。

Dscf7103

 小さなホテルで玄関を入るとすぐ左がフロントになっている。田舎の小旅館という感じだ。若い男の職員とは英語の片言でなんとか話が通じるが、女の職員は中国語しか通じない。おまけに国際電話が通じないという。自宅への連絡は、空港で一行のH賀さんのスマホを借りて一報だけ入れておいたが、あとはホテルからしようと思っていたのに、それができない。
 部屋は一間に小さな洗面所とトイレ・シャワー室というつくり。わたしの部屋の外はすぐ駐車場である。前日までは一流ホテルだから、いかにも安普請で、通路の音もよく聞こえる。まあ明日の朝までしのげればいいし、中国の庶民の泊まるホテルを見学できたと思えばいい。

Dscf7099_2
 ホテルの前の通りは、車通りは多いがさびしくて店や家の灯りもまばらだったので、隣にあった、ホテルが経営しているレストランへ入った。
 水槽や生け簀がいくつもあって、良さそうな魚を選んで料理してもらう海鮮料理店である。店名は「藍舎鮮活工場」だった。「鮮活」は「活魚」だろうけれど「工場」はわからない。

Dscf7110
 ここで最後の晩餐のやり直しとなった。

Dscf7111
 面白かったのは、料理を食べ終えて勘定をしたときのこと。
 メニューを見ると、一人98元のコースがあって、料理は一覧表から四品を選択するようになっているようだった。そこで中国語のできるF田先生とH原さんにがんばってもらって四品を決めて注文した。しばい団欒ののち、飲み物や追加料理も含めて無事料理は食べ終えた。だから一人百数十元の支払いになるはずだ。
 ところが勘定をカードで払うと、全部まとめて449元。すこぶる安い。一人37元ぐらいだ。ビールも紹興酒も込みである。17元/円換算で7,633円。12人だから一人636円。
 こちらは一人百元以上のつもりだったから、キツネにつままれたよう。安いのはうれしいけれど、本当にいいのか?
 レシートを見ると、これは四品コースを12人前ではなく、単品を四つ注文したという計算になっている。ああそうか。
 横浜の中華街でも単品を一つ頼むと3、4人分はある。だから単品四つを12人で食べて、それほど不思議にも思わなかったのだろう。もっとも追加で他の料理を何品か頼んだのは、やはりちょっと少なかったということか。
 ともかくこれでいいらしい。みんなで大笑いして納得した。
 中国の庶民はこれくらいの料金で食べているのかもしれない。ビールもここまで一番高いところでは一本20元したのに、ここはなんと一本5元だった。銘柄は哈爾浜(ハルピン)ビールだった。 

 飛行機は欠航したが、ここで無事一夜を過ごすことができたのだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

車窓風景

 なかなかブログに手がつかないので、とりあえず中国旅行中、バスの中から撮った写真をいくつか紹介する。

 上海近郊の高速道路。道路は広い。この写真は朝早いのですいているが、その他はいつも混んでいた。

Dscf7096
 上海で見たタイマーつき信号。数字が10、9、8…と減っていって、0になると青に変わる。青の場合も同じように数字が減って0になると赤に変わる。信号待ちのイライラを少しでも抑えるためなのか。

Dscf6651t_2

 新幹線が見えた。

Dscf6695t
 これは豚運搬車。日本でもたまに見る風景だけれど、ここのはトラックが大きい。

Dscf6835

Dscf6836

 驚いたのはこれ。大きなコンクリートの塊を積んでいるのだが、まわりに囲いもワイヤーロープもない。ただ載せてあるだけだ。

Dscf7097_2

 重いから安定しているといっても、これでいいんだろうか。

Dscf7098t

 これは新婚さんの車のようだった。
Dscf6935_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

台風22号で欠航

 10月29日に上海から帰る予定だったのが、台風22号のおかげで予定の飛行機が欠航となり、さらに一泊を余儀なくされ、30日に帰国しました。
 ちょっとブログの予定が狂ってしまいました。落ち着いたらぼちぼち江南漢詩ツアーの報告をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

カオハガンの記憶3

 小さな小道を行くとあちこちに民家がある。

Photo
 大きな瓶がは水を蓄えるためのもの。
Photo_2
 子どもたちが遊んでいる。みんな愛想がいい。

Photo_3

Photo_4
 これは誕生日パーティだった筈だけれど、よく覚えていない。
Photo_5
 真ん中の左側の子の誕生日だったと思う。
 Photo_6
 誕生日のご馳走は――ご相伴にあずからなかったのでわからない。

Photo_7
 後ろの囲いは闘鶏場ではないかと思う。

Photo_8
 これが闘鶏かどうかもわからないが、島の男たちは闘鶏などをして遊んでいることが多いらしかった。

S
 これはキルトを作っているところ。女性は働き者であるらしい。
Photo_9
 これは夫婦。

Photo_12
 散歩中、シャコを焼いていたので見ていたら、「食うか?」と聞かれ、「うん」と言ったら、酒も出てきて、とうとうミニ宴会風になってしまった。ギターを持ち出して歌も歌ってくれた。金はわたしが払った。
 「おれは「ナンベル・ワン・シンガー」だと言っていたので、何のことかと思ったら「ナンバー・ワン」のことだった。スペイン語なまりか?

Photo_10
 これは帰りの船から見たカオハガン島。
Photo_11
 ともかくきれいなかわいい島だった。

参考:カオハガンの本
 この他にも出版されているけれど、とりあえず手元にある本。文庫本になっているものもある。

1 『何もなくて豊かな島 ―南海の小島カオハガンに暮らす』崎山克彦、新潮社、1995)

Photo
2 『青い鳥の住む島』(崎山克彦、新潮社、1997)

Photo_2
3 『南の島のゆかいな仲間たち ―風とキルトと動物と』吉川順子、メディアファクトリー、1997)

Photo_3
4 『南太平洋の旅 ―何もなくて豊かな島』崎山克彦、新潮社、1999) 

Photo_5

5 『何もない島の豊かな料理』(崎山克彦、角川書店、1999)

Photo_4
6 『南の島カオハガン島主の夢のかなえかた』(崎山克彦、講談社、2000) 

Photo_7
7 『世界でいちばん住みたい島―南の島カオハガンに楽園を創る』(崎山克彦、熊切圭介写真、PHP研究所、2001)

Photo_6







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

カオハガンの記憶2

 カオハガンの景色の美しさはわたしの写真では十分伝えきれないが、ちょっとみておくと、これがポントグとよばれる砂州。ここは観光客に開放されていて、ときどき船が寄ってくる。

Photo_2
 観光客が休む小屋が造ってある。

Photo_4

 観光船が着くと島民がここで土産物を売ったりするようだったが、このときは犬が遊んでいた。

Photo_3

 この砂州から、わたしが泊まったFロッジが見える。台風も津波も来なくてよかった。

Photo_15
 空も海もきれいだ。

Photo_5
 珊瑚礁の中なので海は浅い。
Photo
 ダイビング教室を申し込んでおいたが、潮の加減で中止になって体験できなかったのが残念だった。
 海にいたオニヒトデの表と裏。

Photo_11
Photo_12
 これはクモヒトデ(茶色いの)がナマコか何かの下にもぐっているところと思われる。
T_2

 カニ。シオマネキだろうか。

T_3

 これは島民の生け簀で、シャコがいる。

Photo_16
Photo_17
 シャコは、けっこう大きいのを後で焼いて食べさせてもらった。









 

 










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

カオハガンの記憶1

 カオハガンへ行ったあと、記録を残しておきたいと思っていたけれど、当時はまだ仕事をしていたこともあって、そのまま何年も放っておいたら次第に記憶が薄れ、具体的なことがよくわからなくなってしまった。
 いつもその場ではほとんどメモをとらない。帰ってからそれほど時間のたたないうちなら、写真や地図などをたよりにあれこれ思い出してそれなりに行動をたどれるのだが、さすがに何年もたつと忘れてしまう。十五年前となると絶望だ。残念だが詳しい話はできない。
 久しぶりに取り出してみた当時の写真を見ながら、思い出せることだけ少し紹介する。

 行ったのは2001年8月24日から28日の4泊5日で、カオハガンで3泊、そのあとセブ島に1泊してセブ島を一回りしてから帰った。
 セブ島の空港はセブ島にくっついた小さなマクタン島にあって、カオハガンはさらにその隣の環礁にある小さな小さな島である。

Photo_5

 夕方マクタン空港に着いたあと、お迎えの人と車でどこだかよくわからない港に行き、船に乗せられた。それがアウトリガーのついた、ちょっと頼りないボートで、もう日も暮れて夜になっており、いささか不安を覚えた。潮の都合とかで遠回りして一時間くらいかかったと思う。

Photo_4

Photo_8
Photo_9

 こうやって写真を並べると島に近づいて行く様子らしく見えるが、当日は夜だったのでよくわからなかった。月が出ていたかどうかも覚えていないし、写真も撮っていない。
 翌日になってから、昨夜着いたのはここだったと教えてもらった。

Photo_11

 これは乗ってきた船ではないと思うが、アウトリガーつきの船。

Photo_6

 カオハガンは写真で見たとおりの小さくてかわいい島だった。約5万㎡、東京ドームが4万6,755㎡というから東京ドームよりひとまわり大きいくらいか。外周2キロ、歩いて30分で一周できる。丘と言えるほどのな高地もない。(地図は崎山克彦著、熊切圭介写真『世界でいちばん住みたい島』(PHP研究所、2001)より)

Photo_15

 ここが母屋で、宿泊客はここでみんな一緒に食事をする。崎山さんも一緒であった。宿泊もでき、トイレ、シャワーがある。

Photo_16

 昼間はやっぱり暑いが、ここは日陰で風が吹き抜ける。犬たちが昼寝をしていた。
Photo_20
 3泊したあいだ何をしていたのかよく覚えていない。犬たちのようにゴロゴロしていたのだろう。これは夜、みんなでラミーというゲームをしているところ。

Photo_18
 同宿者のみなさん。山形から来たという若夫婦と、その他は申しわけないがよく覚えておりません。ごめんなさい。

Photo_21
 わたしが泊まったFロッジ。現地仕様でトイレもシャワーもない。カオハガンでは水が貴重なのだ。

Photo_22
 風通しがいいのは見てのとおり。

Photo_23
 窓からの景色。幸い台風が来るようなことはなかった。

Photo_25
 こちらはトイレもシャワーもあるコテージ。建物もしっかりしている。新婚さん向きだそうだ。
Photo_24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧