なむや文庫雑録

2018年2月12日 (月)

南北和解予言

 以下の文は、この1月に書き始めたものの、こんなこと書いても誰も見向きもしてくれないどろうと思ってそのままにしておいた。
 平昌オリンピックが始まって、「ひょっとして」という期待もわずかながら出てきたようなので、一部を改めて載せることにした。

 一年前の1月にトランプ予言というのを書いた。トランプ大統領の政治はうまくいかず、四年持たずに退陣するだろうというものだ。その後9月にトランプ予言2を書いた。こちらはトランプは結局北朝鮮の核保有を承認することになるだろう、というもの。

 平昌オリンピックでの南北合同チームなどをめぐって、日本では、オリンピックの政治利用だ、北の時間稼ぎだ、韓国が北の言いなりになってけしからんという論調が大勢を占めているようだ。
 わたしはこれが気に入らない。逆に、このオリンピックを契機として、南北が和解の道へ進むかもしれないと思っている。だからこの際、これから南北の和解が始まると予言しておく。
 北を憎むあまり、日本の一部には、トランプが北朝鮮を攻撃してくれるのを待望しているような空気もある。そうなったらどんな悲惨なことになるか。日本だってとばっちり程度ではすまないかもしれないというのに。
 悲惨な結末を予想することは、その予想が正しいことを証明するために、悲惨な結末を願うことにつながる。南北会談が行われて、双方が和解の道をたどることを予言しよう。ただし、素人の、根拠のない予言なので、トランプ予言トランプ予言2と同様、いっさい責任は持たない。

 朝鮮戦争は南北の戦いだったはずなのに、今、戦争を起こそうとしているのはアメリカのトランプと北の金正恩である。しかし戦争が起きる場所は韓半島全体である。被害のほとんどは南北の朝鮮民族がこうむる。
 韓国として今一番重要なのは、戦争を回避することである。
 アメリカが北を先制攻撃をしないように、北のわがままには目をつぶっても和解ムードを醸成する、あるいは中国・ロシアに近づいて、北朝鮮を牽制するとともにアメリカの圧力に対抗するなどあらゆる手段をつかって、戦争を回避しなければならない。
 韓国政府はそうせざるを得ない状況になっている。アメリカと一緒に北へ攻めていっても何もいいことはない。韓国は「韓国ファースト」で考え、行動する。

 そうせざるを得ないだけでなく、そうすることによって、半島統一の望みも継続することができる。袂を分かってすでに七十年。最近では往来もなくなっている。あと十年もすれば一つであった時代を記憶している人はいなくなってしまう。交流の道を閉ざしてはならない。

 北が南を取り込もうとしていると言われているが、韓国はそんなやわな国ではないだろう。国力が違う。話は逆で、将来的には韓国が北を取り込むことになるだろう。今すぐ現在の北朝鮮を取り込みたくはないだろうが、場合によっては一気に進むかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

またまた休み

 最近、サボり癖がついたようで、また休みにします。あしからず。

   すみません。もう少し休みます。 2018/02/01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

星野元監督の死

 もと中日ドラゴンズの投手にして監督だった星野仙一氏が亡くなった。中日ファンとしてご冥福をお祈りします。
 わたしの星野(同時代でずっと「ホシノ、ホシノ」で見てきたので以下敬称略)に対する評価には、裏切られたファンとしての感情が含まれているので、あまり公正なものにはならない。とりあえず2008年に書いたものを再掲する。

 

『勝利投手』

 北京五輪での成績が芳しくなかったため、野球の星野監督がテレビや週刊誌でバッシングを受けています。
  わたしは昔からの中日ファンなので、阪神に寝返った星野(以下敬称略)には愛憎半ばするところがあり、あんな負け方では叩かれても仕方がないと思う反面、ここまでやらなくてもという気もしています。
  ということで今回は、星野が実名で出てくる野球小説『勝利投手』(梅田香子(ようこ)1989、河出文庫)を紹介します。

Photo

  夏の甲子園に突然あらわれて優勝をさらった謎の投手は、実は野球部のマネージャーの少女だった。
  以前から中日ドラゴンズの星野の大ファンだった彼女は、その星野の援護で、大騒ぎのドラフトの後、中日に入団。そして同僚の捕手との恋や怪我などの曲折を経て、闘将星野監督のもと遂に中日を日本一に導く。

 と、あらすじを書くだけで恥ずかしくなるくらいの「熱血ロマン中日ドラゴンズ小説」です。星野ファンだった作者が、短大時代にミニコミ誌「星野新聞」を作って、そこに連載していたのがこの小説だそうで、なるほどそれならと納得できます。
http://www.odekake.us/index/brilliant_people7.htm
 実はこの本のことは去年まで知りませんでした。読んでみると、投手は鈴木孝政、小松、牛島、郭に半ば忘れかけていた都裕次郎、打者は平野、谷沢、大島、宇野…。二十年前の選手たちです。なつかしく、うれしく読みました。
 小説としてはそれなりのレベルに達しています。1986年に河出書房の文藝賞の佳作に選ばれて単行本として十二万部売れ、アニメーションにもなっています。横浜のわたしが全然知らなかったというのは、もっぱら売れたのは名古屋中心だったということでしょうか。
 
 しかし文藝賞で思い出すのは、あの高橋和巳です-巨人の左のエースだった高橋一三ではありません。第一回文藝賞を受賞したのが出世作『悲の器』でした。重厚で苦悩に満ちた高橋の作品を、わたしも学生時代、眉間に皺を寄せながら読んだものでした。
  このひたすら明るくてアッケラカンとした熱血野球小説が、佳作とはいえ文藝賞とは…わたしの知らないうちに、二十年前、すでに世の中は変わっていたようです。
  当時の選考委員だった江藤淳がこの作品をほめたそうですが、江藤淳は中日ファンだったという話ですから、多少割り引いて聞かないといけないかもしれません。
  ともかく、わたしは楽しく読みましたが、中日ファン以外の人も楽しく読めるかどうか、保証はできません。
 
 星野は、こんな小説が作られるくらい、昔から人気がありました。
  1982年10月、中日がリーグ優勝を決めた横浜スタジアムでの大洋戦、わたしは三塁側内野席で応援していました。小松が投げていて、ほぼ中日の勝ちが決まった終盤、引退が予測されていた星野を出して優勝投手にしてやれと、三塁側から「星野コール」の大合唱が起こったのを今でも覚えています。結局星野は出てこず、最後まで小松が投げたと思いますが。(

『神様、仏様、稲尾様』

 星野の話をもう少し。
 わたしの記憶にある星野は、今ひとつ頼りきれない投手、というものです。巨人戦、ウォーッと吼えながら途中までは好投するけれど、終盤力つきて結局打たれてしまう。格好はいかにも闘志にあふれていて人気はあったけれど、投手としての実力は一流とはいきませんでした。あのころの他球団のエースといえば、堀内、江夏、平松という超一流どころでしたから、星野に同程度の活躍を期待するほうが無理だったのでしょうが。

 あのころ中日のピッチングコーチをした、かつての西鉄ライオンズの大投手、「鉄腕」稲尾和久が、自伝『神様、仏様、稲尾様』の中に、星野のことを書いています。

Photo

 昭和53(1978)年、稲尾は、中日のピッチングコーチになりました。

 特に面白かったのは星野だ。気持で投げる投手がいるというのを、彼と接して初めて知った。ウオーミングアップを見ていると、とても怖くて投げさせられないという気持ちになる。球がおじぎしている。ところが試合になると別人だ。特に巨人戦はすごい。自分で自分の頬にビシっとびんたを食らわせ、「イテッ」といってマウンドに向かう。そしてブルペンでは考えられなかったような球をびしびし投げる。ほかのカードでもこの気合が出せれば本当にすごい投手なのにと、もったいなく思えるほどだった。
 こんなことがあった。星野先発の試合、3点リードで七回まできた。球威が落ち始めていた。ピンチを招いてわたしがマウンドに向かうと、右のこぶしでグラブをバンバンたたき、いかにも元気いっぱいの様子。ところが「どうだ」と話すと「見てわかるでしょう。駄目ですよ。リリーフを用意してください」。
  一体この態度と会話のズレは何なのか。引っ掛かりを覚えながらも、行けるところまでということにしてベンチに帰った。
  八回またピンチになる。さすがにもう限界だ。再びマウンドに行くと、そこでも彼はピンピンしている様子で、疲れなどおくびにも出さない。しかし話はもう次の投手のことだ。「だから駄目だって言ったでしょう。ところで次は誰ですか」などと平気で交代を前提とした話をしてくる。「孝政(鈴木)だよ」というと「あいつ調子悪いですよ、大丈夫ですか」などと実に冷静だ。
  とにかくマウンドを降りるのは本人も納得だと思い、監督に交代の合図を送った。(中略) 
  交代となって、鈴木が出てくる。マウンドを降りていく星野。ここで彼の態度が一変するのである。憤然とベンチに向かったかと思うとグラブを地面にたたきつけた。納得の交代ではなかったのか。おまけに鈴木が打たれて追いつかれたのがまずかった。無念を示した星野のパフォーマンスに興奮していたファンから、「なぜ星野を代えた」と野次の集中砲火を浴びて、こちらもほとんど火だるま状態になってしまった。
  翌日星野を問い詰めた。「おい、昨日の態度は何だ。あれじゃまるで無理やり代えたみたいじゃないか」。その答えがふるっていた。
「稲尾さんはまだ名古屋にきたばかりで知らんでしょうが、私は燃える男といわれとるんです。どんな状況でも弱気なところは見せられんのです」
(稲尾和久『神様、仏様、稲尾様』2004、日経ビジネス人文庫、P232~234)

 星野は、燃える男を自分で演出しながら、一方で自分の力はちゃんとわかっていたんですね。(まるで自分を客観的に見られる福田首相のようだ?)監督として実績を残したのもうなずけます。(

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

        謹賀新年

Dscf7149t

 今年もよろしくお願いします。

 は人類の長い友で、「馬之情」があって、「馬之労」をとったりします。
 しかし「吠日(しょくけんはいじつ)」「吠雪(えつけんはいせつ)」という熟語では、いつも天気が悪い蜀の国のは太陽を見て吠える、暖かい越の国の犬は雪に吠える、と見識が狭い人のたとえになっています。
 わたしは古稀を迎えてもさっぱり見識は広がりませんが、歩当棒(けんぽとうぼう、これも四字熟語に認定しましょう!、今年はいいことがあるかもしれません。もう少し頑張ることにしましょう。

    2018.1.1 なむや文庫 店主敬白

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

只今旅行中

 10月25日から29日まで旅行中です。

 無事帰ったらまた報告します。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

稀に見る

 今月わたしは満七十歳になった。
 七十歳は古稀と呼ばれる。杜甫の「曲江」という詩の「人生七十古来稀なり」という句からきている語だという。
 きっと、七十まで生きるのは古来稀で貴重なことだ、ありがたいとか書いてあるんだろうと思っていたが、読んでみたら違っていた。
 曲江というのは池で、長安にあった景勝地だそうだ。

 曲江  杜甫 

朝囘日日典春衣
毎日江頭盡醉歸
酒債尋常行處有

人生七十古來稀
穿花蛺蝶深深見
點水蜻蜓款款飛
傳語風光共流轉
暫時相賞莫相違

朝(ちょう)より回(かえ)りて日日(にちにち)春衣を典(てん)し
毎日江頭に酔を尽くして帰る
酒債 尋常 行処(こうしょ)に有り
人生 七十 古来稀なり
花を穿つ蛺蝶(きょうちょう)は深深として見え
水に点ずる蜻蜓(せいてい)は款款(かんかん)として飛ぶ
伝語す 風光共に流転して
暫時相(あい)賞して相違(あいたが)うこと莫らんと

 くだいて言うと、

 朝廷の勤めから戻るつど、毎日春着を質に入れて、曲江池のほとりで酔っぱらってから家に帰る。
 酒代の借金はあちこちにあるが、どうせ人生七十まで生きることは滅多にない。
 チョウチョは花の蜜を吸い、トンボはのんびり飛んでいる。
 わたしも自然に調子を合わせてお互いに楽しくやろう

というような意味なのである。
 わたし流に解釈すると、どうせ人生70年、飲み屋のツケなんか気にせず、好きなように酒を飲んで気楽にやろう
という詩なのだ。
 なるほど。もう古稀になってしまったんだから、後はもう酒だけ飲んでいればいいんだと杜甫は言っている――わけはないか。杜甫は五十九歳で死んでいるから、七十歳になってどう考えたかはわからない。

 「古来稀なり」で思い出したのは、ちばてつやのマンガ「のたり松太郎」。
 怪力で粗暴かつ無教養の坂口松太郎が相撲部屋に入門、素質はあるが稽古は嫌い、気ままな
行動で相撲界に波乱を巻きおこす、というストーリー。
 ビッグコミックで1973年に連載だそうだから40年以上前になる。ちゃんとは覚えていないが、おおよそこんな話だった。
 松太郎が幕内に上がった頃、スポーツ新聞にその素質を「まれに見る」と書かれた。それを読んだ松太郎は「まれに見るだと!」と怒り出した。俺ほどの才能はめったにいない。それを「まれに見る」とはなんだ!。つまり松太郎は、「まれに見る」を「よくある」という意味だと勘違いしていたというわけだ。
 なぜこんな場面を覚えているかというと、わたしは最初なんで松太郎が怒っているかわからず、その後の兄弟子の「あいつ勘違いしてる」というセリフでようやくわかって、なるほどと大いに納得したからだ。
 こういう表現はたしかにわかりにくい。「稀に見る」というのは見るのか見ないのか。「未だかつてない」は、あるのかないのか。子供のころ、考えているうちによくわからなくなったことがあった。
 「未曽有(みぞう)」を「みぞうゆう」と読んだ大臣もいた。これは「未だ曽て有る」ではなくて「未だ曽て有らず」だから「いまだかつてない」と同じなのに、「有」の文字で迷わされる人もいるだろう。

 きっと作者のまわりでこんな勘違いがあったに違いないと想像し、印象深かった。

 その「稀に見る」はずの古稀がちっとも稀ではなくなった。最近の平均寿命は男で81歳くらい、女は87歳くらいである。百歳だって古来稀とは言いにくい。百十歳くらいでようやく「古稀」と言っていいように思う。
 昔、「年齢ゴムひも換算」というのがあった。平均寿命が伸びたのを、ゴムひもを引っ張って延ばしたように考える。昔の平均寿命が40歳、今は80歳とすれば、今の40歳はちょうど半分だから昔の20歳くらいだという話である。
 わたしが物心ついたころの昭和30年の男の平均寿命は64歳弱で、現在は81歳くらいである。だから今の40歳の男は、ゴムひも換算すると、64×40/81=31歳 ということになる。これは気持ちがいい。50歳になっても 64×50/81=39.5 歳である。まだ若い、人生これからだという気になる。
 しかし70歳になると、64×70/81=55.3歳。 55歳ならまだ若そうだが、昔でももう定年だ。それに平均寿命まで残り9年だから、現在の残り11年とそんなに変わらない。やっぱり年寄りだ。平均寿命に近づいてくるとゴムひも理論も気休めにならない。 

 70歳になったら身辺整理をしようと、何年か前には思っていたが、いざなってみると、なかなか手をつける気になれない。きちんと片づけて死ぬ人はきっと「稀に見る」だろうから、稀でない70歳は、しばらくこのままでいいことにしておくか。

 


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

枝野を見に行く

 衆院選は現在、自公大勝、希望尻すぼみ、立憲民主躍進と予想されている。
 立憲民主の枝野党首がやってくるというので、10月16日雨の中を、大船駅東口まで行ってみた。
 駅の前は、これまでここでは見たことのない人だかりになっていた。広場などない。ただの階段下の狭い空地が会場で、雨が降っているからみんな傘をさしていて、よくわからない。

Dscf6595
 ショッピングモール2階のデッキ通路へ行ったら、カメラを持っていたせいか、親切に場所を変わって写真を撮らせてくれた人がいた。ようやく様子がわかった。真ん中の白いジャンパーが枝野幸男氏、隣の黄色いのが立憲民主党神奈川4区の候補者早稲田夕季氏である。

Dscf6592_2
 また下へ降りて、道路の向こうの商店の軒下で演説を聴く。ときどき群衆の隙間から枝野氏の顔が見える。 
Photo

 狭いうえ、雨は降るし、音響もよくない。聴衆に良い状況とはいえなかったが、人は増えこそすれ減らない。寒いくらいのせいか熱気は感じなかったが、集中して演説を聞いている人が多かった。電車に乗り降りする人は通路をふさがれてたいへんだったろう。

 ここでの演説内容については、ちょうど産経ニュースに「【衆院選】「格差拡大、貧困深刻」立憲民主の枝野幸男氏が神奈川県でアベノミスク批判」という記事があった。

 新党「立憲民主党」の枝野幸男代表が16日、神奈川県鎌倉市のJR大船駅東口で応援演説を行った。冷たい雨が降る中、集まった約600人の聴衆を前に、枝野氏は「格差が拡大し、貧困が深刻化している。長時間労働や過労自殺を見逃し続けたから社会は不安定になった」とアベノミクスを強く批判した。

 続けて安保法制と集団的自衛権が採決されたことを上げ、「民主主義の本当の意味は、主権者である国民が多数決で決めるということ。立憲主義を今さら言わなければならないのは、本当にみっともない」と切り捨て、「草の根からの民主主義と経済の再生、社会を下から支えて押し上げる、新しい選択肢を掲げているのが立憲民主党だ」と、支持を求めた。

 また、「急がなくてもいい大型公共事業に回している税金を、いま急がなければならない介護や保育に回すべきだ」と訴えた。http://www.sankei.com/politics/news/171017/plt1710170006-n1.html

 枝野氏は声がよくて演説がうまい。落ち着いた口調でよどみなくはっきりしゃべる。難しい漢語が少なくて内容もわかりやすい。激烈な口調で煽るようなこともしない。
 惜しむらくは、まじめ一方でユーモアに欠ける。優等生の模範的な作文を聞かされているような気がしないでもない。リアルな政治の世界でどこまで通用するかと、ちょっと心配になる。

Dscf6602
 演説終了後、大船の街の練り歩きが始まった。わたしも握手してきた。
 雨の中、たくさんの人がついて歩いている。枝野の街頭演説にはどこでも大勢集まっているという。民進党が分裂したことで、これまでずっと右側勢力に押さえつけられていた左バネが少し戻り始めたというところか。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

予約後九カ月

 こんなニュースが流れている。

Photo_2

  文藝春秋の社長が、図書館で文庫を貸し出すのはやめてくれ、文庫本の売り上げに影響がある。文庫本ぐらいは自分で買って欲しいと訴えたということだ。
 しかし今図書館で文庫を読んでいる人たちが、図書館に置かなくなったら新刊の文庫を買うようになるのかどうか、きわめて疑問だ。
 文庫に出版社の収益がかかっているというが、名作を文庫にするという昔のやり方を変えて、新刊を名作駄作関係なしにすぐ文庫にしてしまうようにしたのいったい誰なのか。
 そもそも文庫に限らず本が売れなくなったのは、スマホなどの普及とか少子化とか他の理由の方が大きいのではないか。

 図書館のおかげで本の売上が減るという主張は以前から繰り返されてきた。
 特にベストセラー小説などは、殺到する市民からのリクエストに応えるため、図書館が何十冊も買い込んで提供することから「複本問題」と呼ばれて、昔から問題にされてきた。
 横浜市は18区あって図書館も18あるが、渡辺淳一の『失楽園』がベストセラーになったころには、横浜市の図書館全部で上下100組以上所蔵していることが取り上げられた。けしからん、図書館は無料貸本屋かと問題になった。(これには「あんなエロ小説を!」という話も付随していたと思う。)

 ちょうど今月の6日、近所の地区センターから、わたしが図書館に予約しておいた本が届いたという連絡があった。
 横浜市の図書館は便利になって、インターネットで予約ができ、場所によっては図書館以外の近所の施設まで配達もしてくれる。わたしは喜んで利用させてもらっている。
 今回届いた本は、宮部みゆき『三鬼』(日本経済新聞出版社、2016)である。

Photo
 宮部みゆきの新刊はたいていベストセラーリストに入る。図書館でも人気だ。
 この本の刊行は2016年12月9日でわたしが予約したのは2017年1月8日だった。このとき予約の順番は601番、つまりわたしの前に順番を待っている人が600人いたわけだ。それが順々に消化されて、ようやくわたしの順番が回ってきたのは2017年10月6日。約9カ月かかったことになる。長い。
 わたしが予約を入れた時点では、横浜市の在庫は全市で14冊だったが、現在の在庫をみると45冊に増えている。予約リクエストに応えるために増やしたものだろう。ちなみにわたしが借りた後の現在でも500人以上の待機者がいる。

 この45冊の在庫は多いか? 45冊ずらっと並んだところを想像するとずいぶん多そうだが。横浜市の人口は(平成29.10.1推計)3,733,234人。人口当たりにすると、3,733,234人÷45冊≓82,961人に1冊。約83,000人ぐらいの都市を調べてみると、秋田県大仙市、熊本県天草市、兵庫県豊岡市、埼玉県行田市といったところが並ぶ。
 これらの都市の図書館に新刊の宮部みゆきを1冊購入したとして、それは問題になるようなことだろうか。借りる方だって9カ月待つのだ。図書館の役割とか存在意義を考えてみれば、許容範囲というか、あたりまえのことではないか。
 出版社だって、図書館に1冊も本が置いてない作家より、たくさん置いてある作家の方が売れるのではないか。
 

 出版社の理屈でいくと、図書館が貸し出さなければ『三鬼』は、これまでに横浜市で約600冊余計に売れていた筈であり、予約残りの分も含めれば千冊以上の売れ行きを逃した、図書館はけしからんということになる。
 しかし前にも書いたように、これらの読者が全部、図書館になければ自前で買ったかどうかはきわめて疑問だ。図書館で借りられるから読んでいるという人が多いのではないか。
 わたしは買わない。この本の定価は1,800円。宮部みゆきは好きな作家だけれど、新刊が出る都度買い込むほどではない。それに現在では新刊から3年くらいで文庫に入る。文庫に入る頃には、単行本はブックオフで100円で売っていたりもする。財布と相談すれば、少し待ってから読もうということになる。
 文庫が出版社の収益の基礎だからという話には、3年くらいの短期間で売れそうなものはみんな文庫に入れてしまうからじゃないかと言いたくなる。
 本が売れない売れないと言いながら、都心の大型書店へ行くと、やたら売り場面積が広くて、色とりどりのいろんな本が所狭しと並べられ積み上げられている。めまいがするくらいだ。最近は鞄だのなんだのいろんなオマケ付きの雑紙まで出ていて驚く。手を変え品を変えこれだけの点数を出版し続けていて、売れないから出版不況だ、図書館はなんとかしろというのはお門違いだろう。
 図書館で本を借りる理由には、本を買い続けていると家に置く場所がなくなるということもある。たまった本を紐で縛って廃品回収に出したり、ブック・オフのような店に持っていったりしていると、図書館で借りられるならそちらの方がいいということになってくる。
 本の好きな人はいろんな事情がある中でやりくりしながら本を読んでいる。その中で出版社も、どのようなかたちで本を届けるか、考えていくしかないだろう。一方的に、こちらの栓を閉めてしまえば向こうの蛇口からたくさん出てくるというわけにはいかない。

 出版社の話ではないけれど、著作権について内田樹が書いた文章を引用しておく。無償で読む読者が増えれば有償で読む読者も増えるだろう、という話だ。
(内田樹の研究室「読者と書籍購入者」から)http://blog.tatsuru.com/2009/01/07_1103.php

------------------------------------------

もの書く人間は「購入者」に用があるのか、「読者」に用があるのか。
私は「読者」に用がある。
読者の中には「本を購入しない読者」がいる。
図書館で読む人も、友だちから借りて読む人も、家の書架に家族が並べておいた本を読む人も、ネットで公開されたものを読む人も、さまざまである。
どれも「自分では本を購入しない読者」たちである。
だから、彼らの読書は著作権者に何の利益ももたらさない。
けれども、おそらく「本読む人」の全員はこの「本を購入しない読者」から、その長い読書人生を開始しているはずである。
私たちは無償のテクストを読むところから始めて、やがて有償のテクストを読む読者に育ってゆく。
この変化は不可逆的なものであると私は考えている。
私たちの書架にしだいに本が増えてゆくにつれて、そこにはある種の「個人的傾向」のようなものがくっきりと際だってくる。
書架は私たちの知的傾向を表示する。それは私たちの「頭の中身の一覧表」のようなものである。
だから、「本読む人」は必ず「個人的な書架」を持つことを欲望する。
その場合書架に並べられるのは、おおかたが購入された書物である。
図書館の本や借りた本やネットで読んだ本はそこにずっと置いておくことが出来ないからである。
もし物を書く人間に栄光があるとすれば、それはできるだけ多くの読者によって「それを書架に置くことが私の個人的な趣味のよさと知的卓越性を表示する本」に選ばれることであろう。
「無償で読む読者」が「有償で読む読者」に位相変換するダイナミックなプロセスにはテクストの質が深くコミットしている。
「この本をぜひ私有して書架に置きたい」と思わせることができるかどうか、物書きの力量はそこで試される。
原理的に言えば、「無償で読む読者」が増えれば増えるほど、「有償で読む読者」予備軍は増えるだろう。
だから、ネット上で無償で読める読者が一気に増えることがどうして「著作権者の不利」にみなされるのか、私にはその理路が見えない

-----------------------------------------

 宮部みゆき三鬼』は期待にたがわず面白い本だった。
 江戸は神田の商店のお嬢さんが、奇怪な体験をした人たちから話を聞き取っていく「百物語」シリーズの第四巻。怪談話が民話のような風景を思い起こさせる。
 おすすめします。お金に余裕のある方はどうぞ新刊を購入してお読みください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

小池出馬は?

 床屋政談は忙しい。10月1日に「フリン解散」を書いたあと、10月2日には立憲民主党ができた。この間の民進党の候補者を選別排除する動きから、希望の党の人気にも翳りが出てきて、当初の安倍対小池の政権選択選挙にはならなくて、民進党が解党しただけで、結局自公は過半数を維持しそうな勢いになってきた。
 わたしが必ず出ると予想した小池知事の衆院選出馬も見送り、という雰囲気になってきた。  
 選挙の方は、希望の党独自の候補者は中身がなくて風頼みばかり。民進党からの候補者は、もともと危ないから逃げてきた人が中心だから、どれほどの成果が上がるか疑問が残る。どれだけの風が起こるか不安だ。
 都政を放り出したという批判を避けるためには、それなりの後継者を立てなければならない。それも地味な元官僚などではなく、取り沙汰された野田聖子代議士クラスの有名人でなければならない。それが見つからない。
 ここでさらに風を起こすためには知事自身の出馬が必要だが、このまま出馬して、選挙に大勝ちできなければ最悪の結果になると読んだのか。一歩引いて、知事の座を確保したまま、選挙結果を見ての合従連衡に賭けようということだろう。

 しかしこれは甘い。今出馬しなければ小池旋風は次第に衰え、選挙結果もぱっとしないだろう。
 その後の合従連衡といっても、少ない議員では大きな力は持てない。その議員も元民進党の面々が中心になるだろうから、都民ファーストのような素人集団と違って、そうそう小池知事を畏れ敬ったりはしない。威令は行き届かず、早晩また選別排除が起こり分裂する。
 小池知事、自分の力を過信しているのではないか。外面をつくろうことはできても、組織の地道な運営のような面倒な仕事は苦手なようだ。
 東京都政についても、豊洲・築地がどうなるか。都庁の役人をうまく使っているようには思えないところへ、今回の件でメッキが剥げてきて「面従腹背」が増えそうだ。さらに「ファースト造反者」が出た都議会は今後どうなるか。造反者がさらに増え、自民党の抵抗が強くなることが予想される。
 現在は、誰かにあとの面倒を託して逃げ出す絶好の機会だ。
 だから、わたしはまだ、明日10日、衆院選に突然比例区一位で出馬するのではないかと思っている。そうしなければ、この後は小池知事の没落の始まりとなるだろう。
 床屋政談、衆院選の怪の巻。はたしていかがなりますことやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

フリン解散

 9月28日に衆議院が解散。解散が本決まりになってから、あっという間に、誰も予想しなかった安倍対小池の政権選択選挙という話になってしまった。

170929
 床屋政談として、今後の見通しについて一言あるべきところだが、こんなことになるとは思っていなかったうえ、民進党の希望の党への合流がどうなるとか、まだわからない。安倍首相も解散を決めた時には、今回の選挙が、小池新党との政権選択選挙になるとは考えていなかったのではないか。

 この解散を「国難突破解散」とか「疑惑隠し解散」とか言っているが、わたしは「フリン解散」と呼びたい。

 まず第一に、解散の引き金を引いたのが、民進党山尾議員の不倫疑惑事件だったこと。むろん10月解散説はその前からあったし、安倍首相はずっと機会をうかがっていた。その上で、巷間言われているように、森友・加計問題や北朝鮮のミサイル、民進党の自壊状況などを総合的に判断して、解散を決断したのだろう。
 ただ山尾議員の問題がなく、民進党が前原代表・山尾幹事長の新体制で順調に船出していたとしたら、この時点で解散していたかどうか疑問が残る。山尾問題で民進党は壊滅しそうだ――これが安倍首相の背中を押した、と考えられる。フリン解散だ。

 第二に、これも巷間言われていることだが、解散に大義がない
 不倫というのは本来「人倫にもとること」「人の道にはずれること」であり、これまでの国会の流れを無視して、今なら勝てる、勝ちさえすれば万事OKと自分の都合で解散してしまうのは、人の道にはずれるのではないだろうか。
 金だってかかる。700億円だそうだ。余程のことがなければ四年間隔でいいものを、自分勝手な都合で二年や三年でやるな。税金の無駄遣いだ。
 安倍首相は、森友・加計問題を追及されるのがどうしてもいやだったんだろう。しかしまさか自分の進退が問題になるかもしれない選挙になってしまうとは思っていなかっただろう。人の道をはずれると思わぬことが起こる。

 第三は、小池都知事の都政投げ出し。まだ投げ出していないけれど、投げ出さなければ大勝負はできない。近いうちそうなる。
 豊洲も築地もオリンピックもろくに仕事をしていないのに、絶好の機会到来と、面倒なことは全部放り投げて国政に乗り出す。これも人の道としていかがなものか。
 あっという間に政局の中心に居座ってしまった勝負勘と度胸には驚く。ここまで先導者のつもりでいた若狭議員も細野議員も、「リセット」の一言で単なる「パシリ」にすぎないと全国的に明らかになってしまった。そう言われても若狭・細野両議員は今さら引き返せない。そこまで読んでの発言なのだろう。
 このあたりの動きが鮮やかといえば鮮やかなので、マスコミがちやほやするのだろうけれど、言うことはいつもあいまいで、具体的な中身がない。マスコミも記者会見でもう少し突っ込んでみたらどうか。東京新聞の望月記者との対決を期待する。
 ふつう、自分のことを「AI」だと言い出したりしたら、まわりの人は心配になって病院へ連れて行ったりするもんじゃないか。機械の道は人の道ではない。

 第四はもちろん前原民進党の身売り。希望の党へ金も人も差し上げます。気に入らない人間はお好きなようにお切り下さいは、いくらなんでもひどい。
 戦国時代の大名なら有利な方へ寝返るのも才覚のうちだが、とても民主政党の代表がすることとは思えない。国会議員たちがそろって賛成したのはいかなる理由によるのか。代表も国会議員も、いったい支持者をなんと心得ているのか。せめて、丁寧に説明して、きちんと解党してから、それぞれ右でも左でも好きな方へ行くべきだろう。人の道だよ。
 「トロイの木馬」になるという話もあるようだが、引かれ者の小唄だ。小池勝負師相手にそんな芝居をうてる役者がいるのか。
 ついこないだ横須賀の三笠公園へ行って日露戦争の戦艦三笠を見てきた。東郷平八郎が連合艦隊司令長官に選ばれたのは、「東郷は運がいい」という評判があったからだそうだ。前原は前の代表時の偽メール事件や今回の山尾幹事長不成立を思うと、「持っていない」人じゃないかと思われる。緑のタヌキのおばさんに化かされて、民進党はこれで溶けてなくなりそうだ。

ということで名付けて「フリン解散」。世間には広まりそうにないが、あらためて現今の政治家たちのレベルを思い知らされた。
 床屋政談としては格好の話題で、ネタも豊富だが、素材が悪いので、いい料理には仕上がりそうにない。ちょっと前にはこんなツイッターも流れていた。まったくゴッタ煮だ。

170927

 これを書いたのは10月1日、さてこれからどうなるか。前原代表、ちゃぶ台返しはできそうにない。結局解党になりそうだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧