本のジョーク

2017年6月 5日 (月)

J85 有名作家たち2

最悪
 批評家のダグラスは、友人の作家が書いた本にひどくがっかりさせられた。その話をききつけた著者がダグラスに言った。
「キミは、こんどのボクの本を、今までのぼくの最低の出来だって言ってるそうじゃないか」
「いや、ちょっとちがうね」ダグラスが答えた。「ボクがいってるのはだね、、あの本は誰が書いたにせよ、最低の出来だって言ってるのさ」
(植松黎編・訳『ポケット・ジョーク15 芸術家』P203)

 

それ以外
 ある貴族が、ウィンストン・チャーチルに自分が最近出した本を読んだかどうか尋ねた。
 チャーチルが答えた。
「いや読んでませんな。私は、楽しめるものか、役に立つもの以外は読まんことにいておるので」(P204)

 

作家とは
 同時代の人間を退屈させるだけでは満足せず、後代の人間をも退屈させ得ると思い込んでいる愚か者、それが作家である。
               モンテスキュー (P204)

 

古典とは
 みんなが読むべきだとは思っているが、誰も読まない本、それが古典である。(P206)
 

間違い
 ある小説家が、別の小説家のことをさんざん褒めそやした。二人がライバルだと知っている新聞記者が、怪訝(けげん)に思って尋ねた。
「先生、こう言っちゃ失礼ですが、あのひとは先生のことをとんでもないいかさま師だと言ってますよ。それなのに、先生があの人を大変お褒めになっているっていうのは不思議ですね」
「なに、どうってことないよ」と作家はにこやかに言った。「ぼくも彼も間違ってるって公算は大きいからね」(P206)

 

地獄なら……
 ロンドンを訪問中のマーク・トウェインは文学者たちが集まる夕食会に招かれた。食後、ブランデーを楽しんでいるとき、学問のある批評家がベーコンとシェークスピアは同一人であるという説を述べ、トウェインに向って尋ねた。
「もちろんトウェインさん、あなたもこれについては、ご意見がおありでしょうな]
「私は、それについては、私が天国に行ってベーコンとシェークスピアにきいてみるまで待ちたいと思っているんですよ」学をひけらかした議論にうんざりしていたトウェインが答えた。
「でもトウェインさん」批評家が追求した。「彼らが天国にいるとは思えませんな」
「それならあなたがお尋ねになるんですな」トウェインが言い返した。(P208)

Pj15

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

J84 有名作家たち

 植松黎編・訳『ポケット・ジョーク15 芸術家』)(角川文庫、1985)から。

Pj15


唯一人
 高名な作家が、クラブでいかに悪妻のために苦労しているか嘆いた。同乗した男が言った。
「それなら離婚したらどうなんです?」
「それができんのだよ」と高名な作家は嘆息した。「わたしの知ってるかぎり、私の原稿を読んでタイプできるの女は家内だけなんだ」(P196)

認識
「自分に文学の才能がまったくないということがわかるまでに10年かかりましたよ」と列車に乗り合わせた男が隣の男に言っていた。
「文学をあきらめたわけですか?」と隣の男ははずねた。
「いや」と最初の男は言った。「そのときにはもう有名になっていて、手遅れでした(」P197)

一語
 十九世紀末から二十世紀初めにかけて活躍したイギリスの作家ルディヤード・キプリングの原稿料は、当時のカネにして一語一ペンスだといわれていた。それを聞いたオクスフォード大学のある学生が、作家に一ペンス送って、一語書いてくれるよう注文した。
 キプリングは書き送った。
「有難う」(P198)

ゴーストライター
 有名なジャーナリストが、政治的野心を抱くある実業家に雇われて、その男の「自伝」を書いた。
 しばらくして、ニューヨーク政界の名士である弁護士が、その「自伝」の書評を頼まれ、やはり、そのジャーナリストに書評の代筆を頼んだ。
 つまり、ゴーストライターは、自分の書いた本を自分で書評したのである。(P201)

そこらの医者と同じ
 十九世紀フランスの大作家ギュスターヴ・フローベルは、小説家になる前、医学の勉強をしていた。あるとき彼は、先輩作家のバルザックに、作品をどう思うか尋ねた。
「きみは、登場人物をあたかもきみの患者でもあるかのように診断し、描写している」バルザックが言った。「そして、そこらの医者と同様、みな死なせて終りにしている」(P202)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

J83 本のジョークあれこれ3

 本の出てくるジョーク。最近はすでに掲載したかジョークかどうか、よくわからなくなってきました。一度全部まとめて整理しなければと思っています。前にも出ていましたら、ごめんなさい。

烏賀陽正弘『世界がわかるアメリカ・ジョーク集』(三笠書房知的生きかた文庫、2008)から。

Photo_2

代金はいただきません
ニューヨークでの散髪屋の話。アメリカでは散髪屋と言えば、イタリア系アメリカ人を連想するほど、多くのイタリア系アメリカ人がその職業に従事している。彼らの多くはカトリック教徒である。
ある日、散髪にやってきた客が、プロテスタントの牧師だと知ると、主人は言った。
「私はプロテスタントではありませんが、神の教えを布教する人を尊敬します。ですから代金はいただきません」
1時間後、その牧師がやってきて、お礼の印として、豪華な革表紙の新約聖書1冊を、彼にプレゼントした。
やがて、白いカラーを首につけたカトリックの神父が入ってきた。
「神父さま、私はもちろんカトリック教徒です。ですからお金は頂戴しません」
1時間後、その神父がやってきて、お礼の印として、見事な細工を施した十字架のペンダントを、彼にプレゼントした。
数日後、ユダヤ教のラバイ(聖職者)がやってきた。
「私はユダヤ教徒ではありませんが、どんな宗教でもその指導者を心から尊敬します。ですから代金はいただきません。
1時間後、そのラバイがやってきて、仲間のラバイを10人連れてきた。(p133)

 

 関楠生・編訳『わんぱくジョーク』(河出文庫、1981)から。

Photo_4

書き取り
 先生はまった絶望してしまった。
「マルチン、きみの書き取りは悪くなる一方だよ。字をどう書くのかあやしくなったら、辞書をひきなさい」
「でもぼく、あやしくなったことなんか一度もないんです」(p35)

進級
「パパ、パパは運がよかったよ」
「どうして?」
「今年は新しい教科書を買わずにすむんだもの」(p90)

 『続・世界のジョーク・警句集』(田辺貞之助他、自由国民社、1986)から。

Photo_5

逆であったら
 ソ連人の観光団がロンドンに着いた。早速一行は、マルクスが『資本論』を書いた家を訪れたが、見学が終わると、一同は大きな溜息をついてこう思った。
「マルクスがモスコーで『資本論』を書いて、革命がイギリスで起こればよかったのに……」(p187)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年3月27日 (月)

J82 パン屋再襲撃

 ノーベル賞は無理でも、これで文科大臣賞は間違いない!

Photo

170326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

J81 ポケットユーモア

 『わたしのポケットユーモア 世界おもしろ小話』(H・E・シュタイン編、個人出版)から本の出てくるジョークを。
Photo_2
料理本(仮題)
 めづらしく本屋の店頭に立った若い主婦が店員をつかまえて、たづねた。
「あの、お料理の本を買い」たいんですけど― ―」
「ああ、それでしたらこちらにございますが。豪華大型本と小型本といろいろですが、どちらがよろしいですか」
 若い主婦は少し考えてから
「小型本の方にするわ」
「でもこっちの大型本の方はボリュームたっぷりの料理が載っていますよ」
「いいのよ、小型の方で。だってわたしも主人も小食なんですもの」(p4)
 
返品(仮題)
 若い女が本屋にやって来て、店主をつかまえた。
「この間、買った本、私とても気に入らないのよ。返品したいんだけど、引きとっていただけるかしら?」
「場合によっては引きとりますよ。製本が間違っていたり、破れていたりしたんですか」
「いえいえ、それは立派に出来ていますわ」
 店主はけげんそうに
「じゃあ、どうしたんです?」
「あの本の結末がね。とっても気に入らないの。だってハッピーエンドじゃないんですもの」(p102)
 
 
率直に言うと(仮題)
 老医師が若い見習い看護婦を呼んでいった。
「キミは、わしに呼ばれたわけがわかるかね?」
「いいえ、わかりませんわ、先生」
「そうか、それなら言ってあげよう。キミはいつもハキハキしてとても真面目でいい子なんだがね。少し率直すぎるところが玉にきずなんだよ」
「どういうことですか、先生」
 見習い看護婦は首をかしげた。
「看護婦の役目はね、患者を元気づけ、生きる意欲を持たせることでなくちゃいけない.。ところがこの間、あの患者にキミが雑紙を持っていってやったとき、キミが何て言ったか覚えてるかい?」
「はい、先生。『わたしだったらもう連載小説など読み始めませんわ』って――」(p114)
 
 
二倍(仮題)
 あるホテルのラウンジで、二人の詩人がバッタリ出くわした。二人はともに売れない詩を書いているにもかかわらず、とても競争意識が強かった。
「やあ、あれから一年ぶりだな」
 話題は自然と、自分たちの本の売れゆきになった、
「おかげでオレの読者は二倍になったよ」
「そりゃよかった。おめでとう。キミが結婚したとは全然知らなかった」(p127)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

J80 大爆笑ネタ

 「大爆笑ネタ」というのは本の題名から。そんなに笑えるかどうかはともかく、本の出てくるネタをどうぞ。
 トナミ・ゲン大爆笑ネタ772連発 みんなを笑わせるポケット・ジョーク』(二見書房、1999)

772
それから……
 国語の授業中に、先生が「夏目漱石の三部作」といって、「三四郎、門、それから……」と紹介した。すると、ある生徒が「先生、あとひとつを早くいってください」といった。(p43)

のりしろ
 私は小さいころ、雑誌の付録に「のりしろ」と書いてあるのを見て、「なんて乱暴ないい方なんだろう、『のりしなさい』って書けばいいのに」と思っていた。(p61)

下巻
 本屋で「この本の上巻を探しているのですが……」といった人が持っていた本は「車輪の下」だった。(p73)

道路マップ
 古本屋から帰ってきた夫が、「新品同様の道路マップを安く買ったぞ」と自慢げにいった。しかし、なかを開くと古い版の地図だった。(p89)

ボケ予防の本
 うちのおじいちゃんは、老人ボケを防ぐための本を買ってきたが、つぎの日にまたおなじ本を買ってきた。(p113)

ど忘れ
 テレビショッピングの「ど忘れ辞典十巻セット」を注文した父が、届いた際に「これ、だれが頼んだの?」。これはど忘れどころじゃないかもしれない。(p113)

薄着
 育児書には「赤ちゃんは大人より一枚薄着させるのがちょうどいい」と書いてあるが、赤ちゃんに薄着させるのはかわいそうでなかなかできない。そこで、ちょっと暑いと思いながら、自分が一枚多く着ることにしている。(p193)

落丁・乱丁本
 本に「落丁・乱丁本はお取り替えします」と書かれていたが、連絡先が書いてあるはずのページが落丁しており、連絡できなかった。

三倍
 参考書の宣伝文句に、「これ一冊で、他の参考書の三倍よくわかる」とあった。本屋で実物を見ると、厚さが三倍くらいあった。(p209)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

J79 本のジョークあれこれ2

 まず 赤尾泰子、C・カッチャプオティ『抱腹!! イタリアン・ジョーク』(遊学社、2013)から

Photo_3

点字
男がジェノヴァ人の友人に図書館で会った。
「おい、図書館に何しに来たんだ」
「点字を学びたいので本を借りようと思ってね」
「目が悪くなったのか」
「違うよ。点字を覚えれば、夜、本を読むとき、電気代の節約になるからね」(p122)

注:イタリアではジェノヴァ人はケチということになっている。


 次は米原万里『必笑小咄のテクニック』(集英社新書、2005)から。

Photo

図書館にて
「自殺に関する本はどこですか?」
「左から五番目の棚のはずですが」
「今見てきたところなんですが、一冊もありませんでしたよ」
「そういえば、借りていった人、誰も返しに来ないわねえ」

 大森純 訳編『東欧ジョーク集』(実業之日本社、1978)。

11_2

評価
 二〇五〇年に中華人民共和国で百科事典が刊行された。そのなかの一項目。
 フルシチョフ-毛沢東時代における二流の芸術批評家。(p104)

 これは解説が必要。60年代ソビエト連邦の最高権力者であったフルシチョフが、抽象絵画展覧会を見て、「ロバの尻尾で描いたみたいな絵だ」と酷評したために、ソ連では抽象画が受け入れられなかったことを指している。現代美術を理解しなかったから二流だということ。
 わたしが覚えているくらい当時はけっこう有名な話だった。今となっては何がおもしろいのか、何を言っているのかわからない人の方が多いだろう。

 最後は唐沢俊一『雑学プロファイル 日中韓お笑い不一致』(徳間書店、2012)から。

Photo_2

アフリカ象の研究(仮題)
英国人、フランス人、日本人の動物学の権威が、アフリカのサバンナで三ヵ月にわたってアフリカ象の生態を研究した。
帰国後それぞれが、その成果をもとに本を書いた。
英国人は『アフリカ象の生態』
フランス人は『アフリカ象のセックス』
そして日本人は『アフリカ象から見た日本人』という本だった。(P144)

 これにはたくさんのバリエーションがある。
 中国人『象の料理法』
 韓国人『アフリカ象の起源は韓国』
 ドイツ人は注釈がいっぱいついた大部の『象研究』
 アメリカ人『家庭での象の飼い方』
 ユダヤ人『象と反ユダヤ主義』
 …
というようなもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

J78 英語のジョークあれこれ2

 英語の「しゃれ」は、なかなかピンとこないという話は前に書いた。(→JB45 英語のジョーク6
 今回はその広永周三郎『英語のしゃれ』(太陽出版、1980)からの本の出てくるジョークなので、おもしろいとはいいにくいが…

Photo

ベストセラー

 A bestseller is a book on the jacket and no jacket on the heroine.

ベストセラーはジャケツを着ていない女主人公の絵がジャケットに載っている本。

 jacketは「本の外装カバー」でもあり、衣料品の「ジャケツ」でもある。英語では同じことばでも、意味が違うと、日本語では違った読み方になる例。(p46)

 蛇足ながら解説すると、本のカバーのことを英語ではジャケットという。そのジャケットに、ジャケットだのなんだの余計なものを着ていないヒロインの姿が載っている本がベストセラーになる、ということ。
 いまどき「ジャケツ」と言われてもわからない人の方が多いだろう。
 昔は「ジャケット jacket 」を「ジャケツ」と言ったのである。美空ひばりに「縞のジャケツのマドロスさんは、パイプふかして、タラップのぼる 」という歌があるくらいだ。「ジャケツ」の方が原音に近いか。
 

男の好み

  The reason women perchase more girdles than they do books may be because men seen to like a well-formed woman better than weii-informed one.

 女性が本よりガードルを多く買う理由は男性が博識な女性より姿のよい女性を好むらしいからだろう。

 well-formed(姿がよい)と well-informed(よくものを知っている)…… in のあるなしで全然違うタイプの女性になる。(p115)

 次は丸山孝男『英語脳はユーモア・センスから』(KKベストセラーズ、2005)より。

Photo_2

ローマ建国(仮題)

How do you know that Rome was built at night?
Because all the books say it wasn't built in a day.

「ローマが夜に建設されたなんてこと、どうしてわかるんだい?」
「どの本にも、ローマは1日で(昼に)できたのではないって書いてあるよ」
→ことわざ、Rome was not built in a day. 「ローマは1日にして成らず」から。(p76)

泣けるブック(仮題)

Last night I read a book that brought tears to my eyes -- it was my bankbook.
昨日の夜、ブックを読んでいたら、目頭が熱くなったよ。自分のバンクブック(銀行預金通帳)だがね。(p83)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

J77 英語のジョークあれこれ

 本が出てくる英語のジョークをまたいくつか。
 城戸保男『英語のジョーク』(朝日新聞社、1983)から。

Photo

末はお大尽か、無礼ボーイ

  One day, the grandmather happened to enter the room of her two grandsons and found them studying very hard at their desk. She saw the first boy reading a book on aviation.
  "What do you wisn to become when you grow up, my dear?" asked the grandmother. "A pilot, grandma," said the boy.
  "And what about you? When you grow up." She asked another boy. The second one looked up from the latest issue of PLAYBOY.
  "Nothing, grandma" he said longingly, "just wish to grow up quickly."

ある日、おばあちゃんが2人の孫たちの部屋にたまたま入っていくと、子供たちは机に向かって一生懸命勉強していた。最初の子が航空に関する本を読んでいるのを見てたずねた。
 「大きくなったら、何になりたいの?」
 「僕、パイロットになりたいんだ」
 「それじゃ、あなたは大きくなったら何になりたいの?」と、もう1人の男の子にたずねた。その子は見ていた最新号の『プレイボーイ』誌から顔を上げて、何かに憧れるような目付きで、こう言った。
 「別に何も、おばあちゃん。ただ、早く大人になりたいだけさ」(p190)

 次は森宗貴『アメリカン・ジョークに習え!』(アルファポリス文庫、2006)から二つ。

Photo_2

歴史に学ぶ

Learning from History
  A father noticed that his son was spending way too mucn time playing computer games.
  In an effort to motivate the boy into focusing more attention on his scoolwork, the father said to his son, "When Abe Lincoln was your age, he was studying bookss bu the light of the fireplace."
  The son repleid, "When Lincoln was your age, he was The President of The United States."

歴史に学ぶ
 お父さんは、我が息子がテレビゲームばかりやり過ぎていることに気付いた。
 興味の矛先を勉学に向けさせようと、お父さんは息子に対しこう言い聞かせた。「アブラハム・リンカーンがお前の年の頃には、彼は暖炉の灯りで本を読んで勉強していたのだぞ」
 息子は言い返した。「リンカーンがお父さんと同じ年の頃には、彼はアメリカの大統領だったけどね」(p36)

Dream 
  After she woke up, a woman told her husband. " I just dreamed that you gave me a pearl necklace for Valentine's day. What do you think it means?"
  "You'll know tonight," he said.
  That evening, the man came home with a package and gave it yo his wife. Delighted, she opened it--to find a book entitled.
  "The meaning of dreams."


 ある女性が、眠りから覚めると夫に向かってこう言った。「バレンタインデーとしてあなたが真珠のネックレスをプレゼントしてくれる夢を見たわ。これって何を暗示しているのだと思う?」
 「今夜分かるさ」夫は言った。
 その晩、夫はなにやらお土産を持って帰宅し、それを妻に手渡した。妻は大喜び。さっそく袋を開けると、中には本が入っていた。タイトルは。
 ”夢判断”(p156)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

J76  少年倶楽部の笑い話

 杉山亮選・解説『のどかで懐かしい『少年倶楽部』の笑い話』(2004、講談社)から本が出てくるジョークを。
 ゲラゲラ笑い出すようなものではありませんが、たしかに「のどかで懐かしい」笑い話です。

Photo
慾ふか
子供『ごめん下さい。』
本屋『はい。』
子供『参考書を下さい。』
本屋『はい。この参考書をもってゐると、いつもの半分の勉強でよろしい。』
子供『では、二冊下さい。』(p68)

それもさう
兄『あ、これは、桃太郎の本だね。』
妹『ちがふわ。私のよ。』(p116)

Photo_3

それはむり
坊や『お父ちゃん、本を読んでよ。』
父『赤ちゃんがおきるから、あとでね。』
坊や『いやんいやん、よんでよー。』
 隣の部屋で勉強してゐた兄、『お父さん、だまって、よんでやればよいのに。』(p172)

 

飛ばないわけ
本を見ながら
太郎「地球には引力といつて、ものを引きつける力があるんだつて……。」
次郎「あ、さうか。僕の飛行機の飛ばないのは、そのためだつたのか。」(p174)

2

みんなのほしい本
凸「少年クラブください。」
本屋「ハイ、少クならここにあります。どれにしましょうか?」
凸「あの、懸賞にあたる本をください。」(p207)

 

べんとう
先生「悟君、教科書はどうしたの。」
悟「もってきません。」
先生「わすれたの。」
悟「いいえ、べんとうをいれたら、教科書がはいらないんです。」(p246)

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧